道知院 〔本覚寺〕 (京都市下京区) 
Doch-in Temple

50音索引  Home 50音索引  Home


 本覚寺の南に、その塔頭・道知院(どうちいん)がある。 
 浄土宗。阿弥陀如来
◆歴史年表 室町時代(戦国時代)、1507年、方誉宗伝により本覚寺の末寺として創建される。(寺伝)
 1571年、本覚寺本坊とともに現在に移る。(寺伝)
 安土・桃山時代、1591年、豊臣秀吉の命により、本覚寺本坊は4塔頭(道知院、宗受院、玄昌院、三玄院)とともに現在地に移ったともいう。
 江戸時代、1788年、天明の大火により焼失する。
 1864年、元治の大火により焼失した。
 1886年以降、道知院は、本覚寺末寺14寺のうち唯一残る。
◆方誉宗伝 室町時代の浄土宗の僧・方誉宗伝(生没年不詳)。詳細不明。1507年、道知院を創建した。


*境内の写真の撮影禁止 
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』


  関連・周辺本覚寺     周辺     関連      
道知院 〒 600-8119 京都市下京区本塩竈町558,富小路通五条下る  075-351-8342 
50音索引  Home    50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp