大蓮寺 (京都市伏見区)
Dairen-ji Temple
大蓮寺 大蓮寺 
50音索引  Home 50音索引  Home






 濠川の南にある大蓮寺(だいれんじ)は、山号、院号を寶池山功徳院(ほうちさんくどくいん)という。
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 平安時代、1181年、東大寺再建勧進職を命じられた重源は、宋より請来の3体の阿弥陀像を前に、3日3晩、所願成就の加護を祈願した。伏見に小像・五劫思惟阿弥陀像を安置する一宇を建立したことに始まるという。
 江戸時代、1634年、廣譽の時、現在の本堂が建てられた。西浜の加藤清正邸下屋敷(建物の用材)を譲り受けて再建された。廣譽は中興開山とされる。
 1868年、鳥羽・伏見の戦いで、幸いに兵火を免れた。
重源 平安時代末期-鎌倉時代の重源(ちょうげん、1121-1206)。俊乗房(しゅんじょうぼう)、俊乗坊。紀季重の子。1133年、真言宗の醍醐寺に入り、出家、金剛王院源運に学ぶ。後、浄土宗の法然に学ぶ。四国、熊野などで修行した。下醍醐・栢杜堂を建て、上醍醐・一乗院、慈心院塔に結縁する。南宋を3度訪れたともいう。1180年、東大寺が焼失し、1181年、東大寺勧進職に就いた。数々の困難を乗り越え、1185年、大仏開眼供養、1195年、大仏殿を再建、その後、大仏殿の脇侍、四天王像、戒壇院、鎮守八幡宮、南大門を造立し、1203年、総供養を行う。東塔造営半ばで亡くなる。その功により大和尚の称号を贈られた。『南無阿弥陀仏作善集』を著す。
 東大寺俊乗堂に、重源上人坐像が安置されている。
◆廣譽 江戸時代の浄土宗の僧・廣譽(生没年不詳)。詳細不明。1634年、大蓮寺中興開山。
◆仏像 本堂に安置されている秘仏「阿弥陀仏坐像」は、頭部が大きな螺髪(らほつ)であり、眼を閉じ、胸前で合掌印を結ぶ。
 逸話がある。平安時代、1167年、浄土宗の開祖・法然(1133-1212)の命により、弟子・重源は宋に渡ったという。翌1168年、「浄土の五祖図」1幅、唐の浄土教の大成者・善導大師(613-681)作という大像・中像・小像の五劫思惟(ごこうしい)阿弥陀像3体を携えて帰国した。
 1180年、奈良・東大寺が炎上し、1181年、重源は再建勧進職を命じられた。3体の阿弥陀像を前に、3日3晩、所願成就の加護を祈願する。夢告に従い小像・五劫思惟阿弥陀像を伏見の地に留めた。一宇を建立し、像を安置したという。 
 3体のうち、大像は奈良・五劫院に、中像は奈良・東大寺にそれぞれ安置されたという。
 脇仏は南天(難転)地蔵菩薩を安置する。

 
*参考文献 当寺縁起、『京都市の地名』


  関連・周辺     周辺     関連      

本堂

本堂

濠川
大蓮寺 〒 612-8218 京都市伏見区北浜町592  075-611-2450
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光