隆彦院 (京都市東山区)
Ryugen-in Temple
隆彦院   隆彦院 
50音索引   Home 50音索引   Home




 渋谷通りより北へ路地奥に隆彦院(りゅうげんいん)はある。山号を大非山(だいひざん)という。
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
 尼寺霊場第31番札所。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1587年、豊臣秀吉は富永町(下京区)に寺を集める。空誉は、勝円寺を建立した。
 1588年、空誉は、勝円寺塔頭の一つとして境内に隆彦院を創建する。
 江戸時代、1788年、天明の大火により勝円寺、塔頭・隆彦院、普恩院、良松庵が類焼した。
 1789年、隆彦院は再建される。その後、荒廃する。
 近代、1909年、現在地にあった求浄院(馬町通本町東入瓦役町)に合併された。求浄院の素善尼、素順尼は、寺を整備し、隆彦院の本尊・阿弥陀仏を迎え、寺号も隆彦院と改めた。
◆安誉 室町時代の浄土宗の僧・安誉(生没年不詳)。詳細不明。1504年勝円寺の開山。1588年隆彦院の開山。
◆関沢新一 近現代の脚本家・関沢新一(せきざわ しんいち、1920-1992)。京都府出身。脚本家として東宝の特撮『キングコング対ゴジラ』(1962年)、アクション『暗黒街の対決』(1960年)など多数の作品を手がけた。作詞家として美空ひばりの「柔」、都はるみの「涙の連絡船」などがある。鉄道写真家、鉄道模型愛好家でもあり、雑誌『蒸気機関車』の初代編集長も務めた。
◆求浄院 求浄院(現在地、馬町通本町東入瓦役町)は、江戸時代、1768年、比叡神社(日枝神社?、上賀茂神社?)の社家・梅辻家の娘・白誉素蓮尼により創建されたという。
◆建築
 境内は国道一号線のバイパスのすぐ傍に位置する。東に深い谷、山が迫り、本堂より南の庫裏へは渡り廊下により繋がる。
◆御詠歌 「錦雲の 渓に求めし 浄き心 阿弥陀仏と 居ませし庵」。
◆墓 脚本家・関沢新一の墓がある。
◆年間行事 花まつり・春期祠堂施餓鬼会(4月12日)。

*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 当寺縁起、『京都市の地名』


  関連・周辺     周辺     関連勝円寺     

玄関

本堂

渡り廊下

渡り廊下よりの景色

庫裏

脚本家・作詞家・関沢新一の墓
隆彦院 〒605-0921 京都市東山区瓦役町516,渋谷通東大路東入  075-561-7581 
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光