心光院 (京都市左京区岩倉)  
Shinko-in Temple

50音索引  Home 50音索引  Home


 岩倉の心光院(しんこういん)は、山号を紫雲山という。 
 浄土宗知恩院派の尼寺、浄土宗鎮西派。本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 江戸時代、1645年、唯称房知空大徳により創建されたという。
 1771年以降、尼寺になる。
◆仏像 本堂に「阿弥陀如来坐像」(重文)、両脇侍坐像(重文)が安置されている。金銅仏の質感があるものの木像の三尊になる。
 中尊の「阿弥陀如来坐像」(153cm)は、平安時代後期の作であり、廃寺になった塞耳庵(そくにあん、左京区岩倉木野町)にあったという。来迎相、反丈六、木造、寄木造、漆箔。
 両脇侍の「観音菩薩跪坐(きざ)像」(107cm)、「勢至菩薩跪坐像」(107cm)は、室町時代の康知作という。木造、寄木造、漆箔。光背は後補。
 やや前かがみの跪坐(正坐に近い坐り方で足のつま先を立て、膝頭とつま先で床に付く状態)になる。大和坐りとも呼ばれ少し膝を開く。これは、 衆生救済のために、いつでもすぐに立ち上がることができる姿勢を示しているという。大和坐りは、日本人の旧来の坐り方だった胡坐(あぐら)より、正坐に移行する過程とされる。三千院の往生極楽院の脇侍も同様の姿勢をとる。
◆庭園 狭い境内ながら、手入れの行き届いた四季の花が咲いている。


*拝観謝絶
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『洛北岩倉誌』『京都・山城寺院神社大事典』『昭和京都名所図会 3 洛北』 

 
   関連・周辺     周辺     関連     

「重要文化財 三尊佛 心光院」

門前脇の地蔵尊

寺の外観と右手奥に比叡山が見える。
心光院 〒606-0013 京都市左京区岩倉下在地町42    
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp