称念寺 (猫寺) (京都市上京区)
Shonen-ji Temple
称念寺  称念寺
  Home   Home







本堂、右手にあるのが猫松



 称念寺(しょうねんじ)は通称を猫寺という。猫に限らず、動物の霊位を手厚く供養していることで知られている。寺号は本空山無量寿院という。
 浄土宗、総本山知恩院末寺。本尊は阿弥陀如来像。
 かつて洛陽48願寺18番札所だった。京の通称寺霊場3番、猫寺。
 猫、犬などの動物供養の信仰を集める。
◆歴史年表 江戸時代、1606年、嶽誉が私淑した浄土宗捨世派の祖・称念を開山とする。師の名を冠し寺号を称念寺とした。常陸国土浦城主・松平信吉の開基による。以後、300石の寺領を得て隆盛する。
 1620年、信吉が没し、当寺に葬られた。寺紋は三ッ葵が許された。その後、衰微する。
 1730年、西陣の大火により類焼している。
 1755年、転法輪三条前右府が再建した。知恩院の末寺であったことから、再建資金を年賦で貸し付けられた6寺のひとつになった。
◆称念
 室町時代の浄土宗の僧・称念(しょうねん、1513-1554)。江戸の生まれ。8歳で江戸・増上寺で親誉、下総国飯沼・弘経寺の祖洞に師事した。江戸・天智庵を開創した。1548年、知恩院祖廟の南隣に草庵を結び、六時念仏を行う。信徒により堂舎が建てられ、念仏三昧の道場、一心院になる。掟「念仏道場七箇条」などを定めた。47ほどの寺院を創立する。浄土宗捨世派の祖。著作に「安心鈔」など。
◆松平信吉 江戸時代前期の大名・松平信吉(まつだいら  のぶよし、1583-1603)。徳川家康の5男で浜松に生まれた。戦国大名・武田氏の名跡を継ぎ武田七郎と名乗る。1590年、下総小金、1592年、佐倉を領す。1600年、関ヶ原の戦では江戸の留守居を務め、1602年、水戸転封となる。
◆本尊 本尊の「阿弥陀如来像」は恵心僧都(942-1017)作という。かつて民間を転々としていた。初代の時に本尊としたという。
◆猫の恩返し 猫にまつわる伝承がある。松平信吉没後、寺は松平家と疎遠になり次第に衰微する。当寺の3代・還誉は寺禄を失い、托鉢による喜捨に頼った。愛猫家の和尚は、たとえ自らの食を削ったとしても、猫を可愛がり餌を与えた。名月の夜、托鉢を終えて寺へ戻ると、本堂前で美しい姫御前が扇をかざし舞っている。本堂の障子には、月光に照らし出された影が映っており、それは愛猫のものだった。和尚は自らの労苦にもかかわらず、踊り浮かれている猫に怒り、寺より追い出した。
 姿を消した猫は、松平家の姫に憑く。姫は臨終になり最期に、自分が亡くなれば寺に葬るようにと遺言した。数日後、猫は和尚の夢枕に立つ。猫は、明日、寺を訪れる武士を丁重にもてなすようにと告げた。夢告の通り、翌朝、松平家の武士が寺を訪れる。亡くなった姫の遺言により、当寺に葬るようにと伝えた。以後、松平家と復縁した寺は、以前にも増して栄えたという。
◆猫松 3代・還誉和尚が境内に、愛猫を偲んで植えたという老松「猫松」がある。夢告に猫が現れ、松の枝が本堂まで延びると大きな福をもたらすという。一本の太い枝が横に20mも伸びている。松の形は、横より見ると猫が伏した姿になるという。
◆年間行事 春・秋(動物合同供養祭)。


*拝観は許可を得ること。境内での写真撮影は禁止。
*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』『京都のお寺神社謎とき散歩』『京の寺 不思議見聞録』
 



  関連・周辺      周辺     関連       
 称念寺 〒602-8498 京都市上京区西熊町275,寺之内通浄福寺西入上る  075-441-4519  
50音索引  Home   50音索引  Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光