粟嶋堂宗徳寺(粟嶋堂) (京都市下京区)
Awashimado-sotoku-ji Temple
粟嶋堂宗徳寺(粟嶋堂) 粟嶋堂宗徳寺(粟嶋堂) 
  Home   Home



「粟嶋堂宗徳寺 粟嶋大明神」とある。






本堂



本堂
 宗徳寺(そうとくじ)の東隣に位置する粟嶋堂宗徳寺(あわしまどう そうとくじ)は、粟嶋明神を祀ることから「粟嶋堂」といわれた。「あわしまさん」とも呼ばれている。女人守護の寺として知られている。山号は福智山という。 
 西山浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
 粟嶋大明神には、少彦名命(すくなひこなのかみ)の本地仏・虚空蔵菩薩を安置する。
 京の通称寺霊場20番、「粟嶋堂」。
 女人一生の守護、下半身の病・婦人病平癒、安産、子授け、良縁結び、諸病平癒、不老長寿、老後の無病息災、悩み事解消、人形供養、水子供養などの篤い信仰がある。かつて玄人衆女性の信仰を集めた。御朱印が授けられる。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 室町時代、応永年間(1394-1427)、宗徳寺は僧・行阿(ぎょうあ)が開山したともいう。
 宝徳年間(1449-1451)、1421年とも、宗徳寺は僧・南慶が創建したともいう。当初は西洞院七条の南にあった。粟嶋堂は南慶が紀伊の国淡島で虚空蔵菩薩像を感得し、鎮守の粟(淡)嶋明神として祀ったことに始まるという。以来、宗徳寺の鎮守社として粟嶋神社と称した。
 安土・桃山時代、1602年、僧・繁空が中興し、現在地に移したという。
 江戸時代、粟嶋明神の霊験は広く伝わる。第119代・光格天皇(1771-1840)、第121代・孝明天皇(1831-1867)も度々代参した。歴代后妃の篤い信仰も得る。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、粟嶋神社は廃され、粟嶋堂と改称し、寺の一宇となる。
◆粟嶋明神 室町時代、宝徳年間(1449-1451)、南慶和尚が紀伊の国、淡島で虚空蔵菩薩像を感得した。菩薩像を持参し、上洛の途上、現在地(下京区)辺りで急に重くなったという。このため、神意として鎮守粟嶋明神を祀ったことに始まるという。
◆文人 江戸時代の俳人・与謝蕪村(1716-1784)、文人画家・富岡鉄斎(1837-1924)も当寺に参詣した。
 蕪村は、娘・くの(1761-?)の病気平癒祈願に当寺を訪れた。くのは15歳で嫁ぎ、家風が合わないとして出戻りしている。蕪村は一句を詠んだ。「粟嶋へ はだしまゐりや 春の雨」。春雨に濡れ、裸足で百度詣りをする女性の姿を描写した。境内にその句碑が立つ。
◆建築 「本堂」は、南北朝時代、1330年頃の建立という。かつて、伏見にあり、安土・桃山時代、豊臣秀吉の伏見城築城に際して移されたという。
◆弥陀板碑 庭内の石灯籠は「弥陀板碑」といわれている。板碑に半肉彫りの阿弥陀坐像がある。定印を結ぶ。頭部の左右に観音、勢至の種子を陰刻する。下方に室町時代、「応永二十八年」(1421年)の刻銘がある。花崗岩製。  
◆芭蕉 下半身の病に効能があるという芭蕉薬湯が当寺でも使われてきた。芭蕉はバショウ科の多年草であり、江戸時代、シーボルトらは「ムサ・バショウ」の学名を付けた。
 葉を乾燥させたものは生薬になり、利尿、解熱作用もある。境内にも植えられており、寺紋も芭蕉の葉に因んでいる。
◆安産祈願 安産祈願をすると、お札、御符を授かる。産気づくと御符を水、ぬるま湯に浮かべて飲む。安産が楽になるという。お守りの腹帯も授与される。
◆人形供養 境内には、ガラスケース内に全国から寄せられた人形が納められている。これらは、毎月のお火焚きにより供養されている。
◆年間行事 祭日(3月3日)、お火焚き祭・柴燈大護摩供(5月5日)。
 月例祈祷会(毎月1日、3日、第1日曜日)。


*年間行事・は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都 歴史案内』『京都府の歴史散歩 上』『京都史跡事典』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京都のお寺神社 謎とき散歩』『京都大事典』『京都の地名検証 3』『京都のご利益手帖』『願いごと聞いて京のご利益さん』『京都の隠れた御朱印ブック』、案内板


  関連・周辺      周辺      関連      

賓頭盧(びんづる)さん

芭蕉紋

咲分稲荷社

咲分稲荷社

咲分稲荷社、咲分大明神を祀る。

人形が納められる小堂

供養される人形

地蔵尊

人形癒やしの石碑

与謝蕪村句碑「粟嶋へはだしまいりや春の雨」

弥陀板碑

石灯籠

宝篋印塔
 粟嶋堂宗徳寺 〒600-8257 京都市下京区三軒替地町124,岩上通塩小路上る  075-371-2332   9:00-17:30
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光