白山神社 (京都市中京区)
Hakusan-jinja Shrine
白山神社 白山神社
  Home   Home





 白山神社(はくさん じんじゃ)は、加賀国白山(白山市)との関わりが深い。 
 祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊 (いざなみのみこと)、菊理比売(くくりひめ)の三柱を祀る。
 歯痛平癒、縁結びの信仰がある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細不明。
 平安時代末期、治承年間(1177-1181)、加賀白山の僧徒が、京都で3基の神輿による強訴を行った。だが、その願いは聞き入れられず、そのまま神輿を捨てて帰郷したという。その1基を当地に祀ったことから白山神社と称されたという。
 その後、幾度か焼失している。一時は広大な境内を有していたという。
◆創建の伝承 平安時代末期、加賀国・白山神社第八社で、平家武将が乱暴狼藉を働いたという。
 当時は神仏習合期であり、怒った僧徒らは加賀一の宮の神輿3基による京都への強訴(神輿振り)を行った。神輿は内裏に押し寄せたが、公卿は取り合わず、武士により排除された。僧徒らが逃げる途中の麸屋町通押小路辺りで、神輿の1基が動かなくなる。そのまま神輿を放置して帰郷したという。その場所に神輿が祀られたことに始まるという。
 神輿3基のうちの2基は、現在地の南の中白山町、下白山町に祀られた。また近くの白山堂に祀られたという。1基は後に八坂神社に遷されたともいう。下白山町にはいまも、白山宮が祀られている。
 同様の話がある。平安時代、1176年、白山大衆が神輿を比叡山に振り上げた。1177年、比叡山の大衆ととともに都に神輿振し、後白河法皇を困惑させたという。(「平家物語」)
◆歯痛平癒 江戸時代中期、女帝の第117代・後桜町天皇(1740-1813)は歯痛で悩んでいた。女官が白山神社から持ち帰った神箸に神塩をつけると平癒した。以後、社は歯痛平癒で知られるようになる。
 また、長寿箸もあり、赤ん坊の食べ初めに、箸に塩をつけて食べさせると無病息災になるともいう。
◆年間行事 例祭(9月19日)。


*参考文献 『京都のお寺神社 謎とき散歩』『京都・山城寺院神社大事典』『京都 歴史案内』『京都の寺社505を歩く 上』『京都大事典』『京都のご利益手帖』


  関連・周辺     周辺     関連      

本殿

本殿

狛犬

猿田彦大神、白菊大神、天満宮

右より猿田彦大神、白菊大神、天満宮
 白山神社 〒604-0943 京都市中京区上白山町243,麩屋町通押小路下る東側   075-222-0173
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp