大龍寺 (京都市右京区)
Dairyu-ji Temple

  Home   Home





「日本三體随一 有樞沙摩明王奉安所」の石標。
 周山街道を折れ坂を北へあがると、山腹に大龍寺(だいりゅうじ)がある。「うっさん」「うっさんの寺」ともいう。かつては花街にあり、女性の病平癒の信仰篤かった。また、厠の守り神様としても知られている。
 浄土宗。本尊は阿弥陀如来。 
 有樞沙摩明王は下半身の健康、乳守地蔵は安産、乳の出がよくなるという信仰篤い。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1586年、京都に疫病が流行した際に、然誉が有樞沙摩明王(うすさまみょうおう)の法力により建立したという。
 江戸時代、1788年、天明の大火により焼失した。
 1804年、うすさま堂(中京区裏寺町)は、信者が材木を持ち寄り建立され、花街の信仰を集めた。
 現代、1977年、現在地に移転する。
◆然誉 安土・桃山時代-江戸時代の浄土宗の僧・然誉(1556-1623)。武蔵国に生まれた。呑竜(どんりゅう)ともいう。号は源蓮社然誉大阿。同国林西寺の岌弁に師事、出家、江戸・増上寺の存応に学ぶ。林西寺、大善寺住職、1613年上野・太田の大光院を開山する。貧民の子を寺で養育し、「子育て呑竜」と呼ばれた。
◆仏像 本堂安置の阿弥陀如来像は、最澄(767-822)が霊夢により都の守護の為、釈迦、弥陀、薬師、大黒、毘沙門天の像を刻み安置した。その際に、大龍寺に置かれたのが阿弥陀如来であったともいう。
◆有樞沙摩明王 うすさま堂に祀られている有樞沙摩明王は秘仏とされている。江戸時代に出開帳仏を勧請し御前立としたという。厠の守護神、下半身の病気、生理痛、旅行などの際に生理を預かるという信仰がある。
 有樞沙摩明王は、古代インド神話の炎の神であり、この世の一切の汚れを焼き尽くす功徳を持つものという。そのため、便所の清めの霊験があり、また、胎内に宿す女児を男児に変化させる力を持つともされ戦国武将の信仰を集めた。
 密教の明王としては、人間界と仏の世界を隔てる天界の火生三昧に住し、人間界の煩悩が仏の世界へ及ばないように、火焔により煩悩や欲を焼き尽くす。仏の教えを信じない者に対しては憤怒し、それを目覚めさせるという。
◆乳守地蔵 うすさま堂隣の乳守地蔵は、安産と乳の出を良くするとの信仰がある。
◆文化財 うすさま堂に、歌舞伎役者・故2代目・中村鴈次郎(1902-1983)奉納の木彫りの河童がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都のお寺神社 謎とき散歩』『京都のご利益手帖』


  関連・周辺     周辺     関連        

うすさま堂

うすさま堂、扁額「有樞沙摩明王

うすさま堂

うすさま堂

うすさま堂

うすさま堂

乳守地蔵

乳守地蔵

境内からの南の眺望

光明堂

光明堂、扁額「八部山」

鐘楼

宝篋印塔
 大龍寺 〒616-8261 京都市右京区梅ヶ畑高鼻町37  075-881-1121
 Home    Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp