弥勒石仏 (井手町)
Miroku-sekibitsu(Stone Buddhist Image of Miroku)

 Home  Home



中央の線刻
 かつて、井手城が築かれていた山の麓に、花崗岩の大岩に磨崖仏が彫られている。三体の弥勒石仏がある。ただ、左の線刻は風化が進んでいる。
◆歴史年表 詳細は不明。
 奈良時代、橘諸兄(たちばなのもろえ、684‐757)の館の建立に際して、鬼門除けに刻まれたものという。
 ただ、後年、鎌倉時代から室町時代に、武士の支配と戦乱に苦しめられていた農民たちが、その心の拠り所として刻み拝したものであるともいう。
 また、原形をとどめる線刻は、江戸時代に彫られた地蔵尊ともいう。
◆橘諸兄 奈良時代の貴族で政治家・橘諸兄(たちばなのもろえ、684‐757)は、第30代・敏達天皇の孫、曾孫という栗隈王の孫で美努王の子。母は橘三千代。光明皇后の同母兄で、764年の奈良麻呂の乱で知られる奈良麻呂の父。井出左大臣、西院大臣と号した。初代橘氏長者。
 葛城王と称した。731年諸司の挙により参議となる。737年天然痘の流行で藤原四兄弟など多くの議政官が亡くなるが生き残る。大納言になり、聖武天皇を補佐した。736年、臣籍に下り、母の氏姓を継ぎ橘宿禰諸兄と称することを許される。749年、生前にもかかわらず正一位となる。750年に朝臣姓を賜られる。755年、聖武上皇への不敬との讒言により、756年に職を辞した。『万葉集』の撰者の1人ともいい、自らも7首選ばれている。
 諸兄は、井手(井出)の里を本拠地とし、高台に館を構えていた。また付近に、橘氏氏寺の大寺、井手(井堤)寺も建立した。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『井手町の近代Ⅰと文化財』


   関連・周辺     周辺     関連      

右の線刻
 弥勒石仏 〒610-0302 京都府綴喜郡井手町井手 
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp