当道職屋敷址 (京都市下京区)
The ruins of Todo-yashiki
当道職屋敷址 当道職屋敷址 
50音索引  Home 50音索引  Home

「盲人総取締所 当道職屋敷址」碑


豊園水、洛央小学校の同じ敷地内にある。かつてこの付近に豊臣秀吉の別邸・竜(龍)臥城があったという。秀吉が茶の湯の水に好んで使ったという豊園水という井戸があった。井戸は2006年に復活した。 

  佛光寺の北にある洛央小学校前に、「盲人総取締所 当道職屋敷址(もうじん そうとりしまりしょ とうどうやしき あと)」と刻まれた碑が立てられている。 
 当道とは当道座(どうどうざ)を意味し、中世から近世にかけて男性視覚障がい者の自治的互助組織として機能していた。
◆歴史年表 室町時代初期、琵琶法師・明石覚一(?-1371)は、第96代・後醍醐天皇の勅許により、平曲家の等級を整備した。当道座と呼ばれ、自らは惣検校に就く。その邸宅「清聚庵」は職屋敷(しきやしき)(邸)と呼ばれ、視覚障がい者の技芸試験・裁判・売官などが行われた。
 安土・桃山時代、1587年頃、豊臣秀吉は、五条坊門高倉に別荘・龍臥城を造営する。
 江戸時代、1634年、惣検校・小池凡一は、平曲の由来、当道制度を成文化した「当道要集」を幕府に提出する。座は、寺社奉行の管理下に置かれる。
 1670年、土地下付により屋敷が拡充されている。
 元禄年間(1688-1704)、江戸にも惣録屋敷が置かれ、関八州を統括した。
 1701年まで、赤穂浪士・浅野家断絶以前の京屋敷となる。小野寺十内以下が詰めていた。
 近代、1871年、当道制度が廃止され屋敷も廃される。
 現代、1992年、洛央校舎建設の際の発掘調査により、惣構の遺構が発掘された。遺構は保存されなかった。
◆明石覚一 鎌倉時代から南北朝時代の琵琶奏者・明石覚一(1299/1300?-1371?)。関東に生まれた。足利尊氏の庶流(従弟)という。播州書写山の僧となる。失明し平家琵琶(一方流)奏者となる。播州明石に住し明石検校ともいわれた。当道座を結成し初代惣検校になる。『平家物語』の覚一本をまとめた。作歌をよくした。阿弥陀寺(現在の赤間神宮、下関市)を舞台とした怪談「耳なし芳一」のモデルともいう。
◆当道座 男性視覚障がい者の自治的互助組織の当道座は、職屋敷に置かれていた。村上源氏に属する久我家が本所となっていた。官位は盲官と呼ばれ、最高位の惣検校が統括した。以下、別当、勾当、座頭、さらに細分化されていた。江戸時代には、これらの官位は金子により取得されている。検校は将軍への拝謁も許され、惣検校は大名と同様の権威と格式を持っていた。
 江戸時代、座法による裁判権も有している。平曲(平家琵琶)・三曲(箏、地歌三味線、胡弓、後に地歌、箏曲)、鍼灸、按摩などの職種を独占した。ほかに学者、棋士、元禄以降は金銭貸付業に就く者もあった。別組織として、盲僧座、瞽女座などもあった。
◆龍臥城 安土・桃山時代、1587年、豊臣秀吉は聚楽第を完成させた。さらに、この頃、五条坊門高倉に別荘・龍臥城を造営する。城郭の機能も備えていたという。
 佛光寺寺伝によるとその前年の1586年、秀吉の懇請により寺基を五条坊門の龍臥城(現在地)に移したという。
◆惣構 室町時代の応仁・文明の乱(1467-1477)後、町人が自治・自衛のための城郭と堀、惣構(そうがまえ)を築いた。この付近では南北に築造されている。洛央小学校付近で校舎を斜め(北西から南東)に横切り、南の佛光寺境内を南北に縦断していた。1992年の校内の発掘調査では、堀は深さ2m、幅6.5m、長さ50mの規模で確認されている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『洛中洛外』『京都大事典』


  関連・周辺      周辺佛光寺     関連
 当道職屋敷址 京都市下京区仏光寺通東洞院東入北側(洛央小学校前) 洛央小学校 075-344-2093
50音索引  Home   50音索引  Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光