実相寺 (京都市南区)
Jisso-ji Temple
実相寺 実相寺 
  Home   Home







本堂


本堂



本堂、木鼻

玄関


鐘楼




安土・桃山時代、1597年銘の五輪型卒塔婆、雨乞い祈願成就の伝承を記すものという。


逍遊軒(松永)貞徳の墓


三宅嘯山先生之碣、三宅嘯山([1718-1801)は江戸中期の俳人・儒学者。京都に生まれた。別号、葎亭(りってい)など。炭太祇・与謝蕪村らと交わる。脇面に「名月や水の○○瓦茸」、○は読めず。
 上鳥羽の実相寺(じっそうじ、實相寺)は、平安京の推定されている鳥羽作道(現在の千本通)の沿道に建つ。 
 山号は正覚山と号する。江戸時代の貞門俳譜の祖・松永貞徳ゆかりの寺として知られていた。
 日蓮宗、本尊は十界大曼陀羅。
歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 南北朝時代、1352年、文和年間(1352-1356)、日像弟子・妙実により創建されたという。日照りの夏に、勅命により桂川の鍋ケ淵で、僧100人による請雨祈祷を行い大いに効験があった。その因縁により創建されたともいう。当初は真言宗だったという。(寺伝)。
 室町時代、1407年、将軍・足利義教は、臨時課税の地口銭を修復に充てる。(「斯波義教奉書」、東寺百合文書)
 中世末(室町時代)-近世初頭、日蓮宗不受不施派の中心寺院・妙覚寺の筆頭末寺、隠居寺になる。
 安土・桃山時代、1596年、豊臣秀吉の千僧供養に端を発した日蓮教団分裂が起こる。妙覚寺・日奥の不受不施派に連座し弾圧を受ける。その後、50年にわたり影響を及ぼし寺勢は回復しなかった。
 江戸時代、1633年、幕府に提出された書上帳『上京妙覚寺諸末寺覚』に、当寺は「違背」と記されている。本寺・妙覚寺が受不施に転じた際にも転じなかった。
 1654年、貞門俳譜の祖・松永貞徳が没し当寺に葬られる。江戸時代には、貞徳ゆかりの寺として知られていた。貞徳の兄・日陽が当寺の住持だったことによる。
 1696年、現在の鐘楼が建立される。
 1711年、朝鮮人来聘使(朝鮮通信使)は大坂より船で淀川を遡り、淀、伏見城、鳥羽道、上鳥羽に入る。随員の申維翰は実相寺に宿泊する。(「海遊録」)
 1716年、本堂が修復される。この頃、朝鮮人来聘使(朝鮮通信使)の休息所として使われていた。(『京都御役所向大概覚書』同年条)
 1747年、朝鮮通信使来朝につき当寺に迎える。 
 1780年、『都名所図会』に境内の様が描かれている。
 1785年、松永貞徳の旧宅という芦の丸屋の普請願いが出される。
 1841年、稲荷社奉願口上書が出される。
 1851年、本堂、客殿、玄関の普請御願が出される。
 近代、1875年、寺中の塔頭一寺が水害により消失した。
 1885年、鐘楼堂転地、営繕願が出される。
 1900年、本堂増築趣旨書が出される。
 1931年、客殿再建、本堂に絵天井が描かれる。
 1934年、芦の丸屋は室戸台風で倒壊した。
 1937年、芦の丸屋が再建される。
 現代、1961年、庫裡が再建される。芦の丸屋が第二室戸台風により半壊する。
 1988年、芦の丸屋が全倒壊する。
 1999年より2001年、本堂、客殿の修復工事、庫裡増改築が行われる。
 2005年、薬医門が再建される。
 2006年、鐘撞堂が再建される。客殿を修復する。
◆大覚 鎌倉時代-南北朝時代の僧・大覚(だいがく、1297-1364)。近衛摂政経忠公の子ともいう。当初は嵯峨・大覚寺に住したという。妙顕寺の日像に師事し同寺をつぐ。中国地方に布教、備前法華を広める。1358年、雨乞いの効験により第97代・南朝第2代の後村上天皇より三菩薩号と大僧正、北朝第4代・後光厳院より大僧正に任じられたという。また、日蓮に大菩薩号、日朗・日像に菩薩号が与えられる。法名は妙実。
◆日陽 安土・桃山時代-江戸時代の僧・日陽(1568-1610)。山城国に生まれる。父は松永永種、母は宇野宗清の娘。弟は俳人・松永貞徳。妙覚寺の日奥に師事する。実相寺の住職となる。1598年頃、下総国の談林寺に下る。1610年、師・日奥が対馬に流されると島に渡り、現地で亡くなる。僧名は教行院日陽、日蓮宗不受不施派。
日奥
 安土・桃山時代-江戸時代の日蓮宗の僧・日奥(にちおう、1565‐1630)。京都の豪商・辻藤兵衛の子。妙覚寺の20世・日典に師事、1592年、妙覚寺21世。日蓮宗不受不施派の祖。1596年、豊臣秀吉の方広寺大仏殿千僧供養会への出仕を拒否、強義折伏主義、不受不施を主張した。寺を去り丹波小泉に隠せいした。本圀寺の日禛のみは日奥を支持した。1599年、徳川家康は大坂城で日乾らと対論させ、日奥は再び不受不施を貫く。千僧会もひとり拒否し対馬流罪になる。1612年、赦免され、1616年、妙覚寺に戻る。家康はその信念に感銘を受けていたといわれ、1623年、京都所司代は不受不施について折紙を出した。
 没後、1630年、身延久遠寺との宗門内部対立により、日樹、日奥は「再犯」となり不受不施派は禁制になる。日奥の遺骨は対馬流罪(死後の流罪)にされた。『宗義制法論』など著す。
◆松永貞徳 安土・桃山時代-江戸時代の俳人・歌学者の松永貞徳(1571-1654)。京都に生まれた。父は連歌師・松永永種、母は儒学者・藤原惺窩の姉。松永久秀の孫とも。九条稙通、里村紹巴(じょうは)、細川幽斎に和歌、歌学、連歌を学ぶ。20歳頃、豊臣秀吉の右筆(文官)となる。1615年、私塾で庶民に和歌、俳諧を指導した。貞門俳諧の祖。別号は逍遊軒など複数。「柿園」「芦の丸屋」などと呼ばれ親しまれた。家集に『逍遊集』『俳諧御傘』などを著す。隠居した花咲亭跡(下京区間之町通松原上ル西側稲荷町)がある。墓所は実相寺にある。
 貞徳に始まる約半世紀を、貞門俳諧という。俳諧は連歌・和歌への入門とし、俗語・漢語などの俳言(はいごん)を用いた。ただ、縁語、掛け言葉に終始する。弟子に季吟、重頼、貞室、梅盛などがいる。
◆本尊・木像 本堂安置の「点頭(てんとう)宗祖日蓮尊像(木像)」は、南北朝時代、1352年、勅願による祈雨祈願の際に、妙実により造られた坐像になる。像に妙実がお伺を立てると三度点頭(頷くこと)したことから呼ばれている。「うなずきの像」ともいう。
 本堂に本尊「十界絵曼荼羅」が安置されている。
◆祈雨 寺は、洛南での祈雨伝説と関わる。南北朝時代、1352年、祈雨祈願の際に、妙実は日蓮坐像を作る。お伺を立てると三度点頭(頷くこと)したという。本堂にある「日蓮うなずきの像」はこの慈雨の逸話を伝えたものという。
◆車石 境内には、車石が保存されている。平安時代、平安京造営に際して、鳥羽の作り道が、羅城門まで続いていた。草津湊(桂川)、淀津(桂川と宇治川合流点)より陸揚げされた荷は下鳥羽より陸送されていた。
 江戸時代、1710年以前に鳥羽街道にはすでに車道があり、牛車による陸送があった。いつの頃からか、車道には車石が二列に並べられ、牛車はこの石上を移動していた。
◆建築 貞徳の弟子に妙法院堯然法親王(1602- 1661)があり、庭園の「柿園」と邸宅「芦(蘆)の丸屋(あしのまろや)」「法思蔵」を贈ったという。元は大仏殿南にあったという。この貞徳の旧宅は後に、一部を貞徳の菩提寺、実相寺に移築したという。法思蔵の廊下「吟歌廊」には六歌仙が飾られ、「芦(蘆)の丸屋」では和歌、連歌会に用いられたという。
 ただ、江戸時代、ある尼僧により建てられたともされ、その後も改築されたという。現在の本堂左に建ち、俳人などが住んだ。貞徳が隠棲したともいわれたがその事実はないという。茶室風の芦葺、入母家造だった。
 また、会所として使われた大きな建物の別の「芦の丸屋」があった。その材木も用いて本寺の復興が行われた。現在の本堂の根太(ねだ、床の下地)にはね隅切をした五寸柱が使われている。江戸時代に改築された尉禅の遺構とみられている。
 1934年、「貞徳の芦丸屋」として三畳と四畳半の茶室と露地があったという。俳人・樗庵太田米華が住していたという。(『茶道』第77号)。1934年芦の丸屋は室戸台風で倒壊する。1937年に再建された。だが、1961年の第二室戸台風により半壊、その後、1988年に全倒壊した。その後、再建されていない。
 鐘楼は、江戸時代、1696年に建立された。
◆文化財 「實相寺古文書」としては、伽藍建築に関するもの、上鳥羽の郷土資料、そのほか(日蓮宗、朝鮮通信使関連など)資料がある。
 日助書状(軸物)、日隆、日延本尊など日蓮宗関連資料。
 宮川正由筆「松永貞徳画像」、松永貞徳木像、松永貞徳書簡一通、松永貞徳「妙法蓮華経」(七巻本)二本、松永貞徳筆「白氏楽府」一巻、「芦丸屋古設計図」二枚、「松永貞徳和歌短冊」二枚、松永貞徳著『俳譜御傘』五冊、「広沢長好詠草切」、「柿園、歌仙、吟花廊の三額の模写」、日野資枝の和歌一軸(「鏡の井」)。
 板碑、「慶長二年(1597)一結講衆逆修」、逆修は生前に逆(あらかじ)め自らの死後の冥福を祈って仏事を営むこと。
 逍遊軒(松永)貞徳、貞徳の子・松永昌三(分骨)、一嚢軒貞如、力堂貞眠、春澄軒貞悟、俳人・三宅嘯山先生之碣(1718-1801)。
◆年間行事  春季彼岸会法要・諷誦(3月 春彼岸中日)、祠堂施餓鬼会(3月春彼岸結願)、孟蘭盆施餓鬼会(8月16日)、秋季彼岸会法要・諷誦(9月秋彼岸中日)、御会式(11月10日)、歳末報恩会・除夜の鐘(12月31日)。
 信行会(毎月第2土曜日)。
 

*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都の寺社505を歩く 下』『京都・山城寺院神社大事典』『京の鴨川と橋 その歴史と生活』、当寺サイト、『車石-江戸時代の街道整備』『事典 日本の名僧』『京都大事典』『京都隠れた史跡100選』


  関連・周辺       周辺浄禅寺(鳥羽地蔵)     関連妙覚寺       関連車石・車道(日岡峠)       関連羅生門跡・矢取地蔵尊      

一嚢軒貞如の墓
 実相寺 〒601-8172 京都市南区上鳥羽鍋ヶ渕町10-1  075-691-9648 
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp