聞名寺 (京都市左京区)
Mommyo-ji Temple
聞名寺 聞名寺
50音索引  Home 50音索引  Home

山門


山門


「洛陽第一七番 地蔵尊、大炊道場 聞名寺」とある。


「身代地蔵尊」の石標


「香川景樹翁蹟宝」の石標


本堂


本堂



庫裏



地蔵堂



地蔵堂
 聞名寺(もんみょうじ)は、平安時代の第58代・光孝(こうこう)天皇ゆかりの寺という。
 院号を小松院という。明眼(めいげん/あけめ)地蔵は眼病にご利益がある。
 時宗遊行派、本尊は阿弥陀如来坐像。 
 地蔵堂の本尊・明眼地蔵は洛陽第十七番地蔵尊になる。明眼地蔵は眼病平癒の篤い信仰がある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、この地には、第58代・光孝天皇(830-887)の皇宮・小松殿(こまつどの、室町大炊御門大路<おおいみかどおおじ>、中京区室町通竹山町下ル道場町西側)があり、地蔵菩薩が安置されていた。
 887年、光孝天皇没後、小松殿はその遺志により、天台宗の「小松寺」に改められる。その後、荒廃する。
 鎌倉時代、1279年、一遍が時宗道場として開き、「小松院聞名寺」として中興したともいう。また、「大炊(おおい)道場」とも呼ばれたという。本尊に地蔵尊が安置されたという。
 安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)、聞名寺内に称名寺が移る。
 1590年、豊臣秀吉の都市開発により、京極大炊御門大路の東(京極夷川)に移される。
 江戸時代、1708年、宝永の大火により聞名寺、称名寺は焼失した。
 その後、現在地に移転した。時宗・金光寺(七条道場)の院代(いんだい)寺院になる。一時は隆盛し、5塔頭、2末寺を数えた。
 現代、2009年、念仏法要「一つ火法要」が復活する。
◆光孝天皇 平安時代前期の第58代・光孝天皇(こうこう てんのう、830-887)。父は第54代・仁明天皇、母は贈太政大臣・藤原総継の娘・沢子。太皇太后・橘嘉智子の寵愛を受ける。16歳で元服、上野大守、常陸太守など親王任国長官を歴任(いずれも遥任、赴任せず)。第57代・陽成天皇廃位後、藤原基経の推挙により、884年、55歳で即位した。基経を事実上の関白とした。病気になり、887年、源定省(のちの第59代・宇多天皇)を親王に復し皇太子に立てた。
 宮中行事の再興、和歌・和琴に秀でた。『古今集』に収められている。目の見えない人々のために、左女牛(さめうじ)に施設を建て保護したという。座頭の官を下賜し、検校、勾当の官に任じて庇護した。後世、天皇への報恩のために、積塔会(しゃくとうえ)が鴨川で行われた。
 墓は後田邑陵(小松山陵)にある。
◆一遍 鎌倉時代中期の僧で時宗開祖・一遍(いっぺん、1239-1289)。智真。捨聖(すてひじり)、遊行上人と呼ばれた。伊予松山・水軍家系の河野通宏の次男。一族は承久の変(1221)に加わり衰微、父は出家する。10歳で母と死別、1248年、父の勧めで継教寺・絶縁のもとで出家、随縁と称した。幼少より聡明だったという。1251年、13歳で師・善入とともに大宰府の浄土宗西山派証空弟子・聖達(しょうたつ)を訪ね師事、肥前の華台にも学ぶ。智真と改める。1263年、父の死を契機に帰郷し還俗、妻帯し家督を継ぐ。相続に絡み親族に襲われ、1271年頃、再び出家した。1271年、大宰府の聖達を訪ね、信州・善光寺で「二河白道」の喩に感得、阿弥陀仏により救済されると確信する。伊予・窪寺に籠る。1273年、伊予国・菅生の岩屋に参籠。1274年、妻・超一、娘・超二、従者念仏坊とともに遊行の旅に出る。四天王寺、高野山・金剛峯寺、熊野権現の夢告により、賦算の行(念仏札を配る)を始めた。妻子と別れる。1275年、熊野、京都、西海道より伊予に戻る。1279年、京都・因幡堂、善光寺、信濃国の伴野より敬愛する空也に倣い踊り念仏を始めた。奥州、平泉、1282年、鎌倉入府を断られる。1284年、3度目となる京都を訪れた。その後、北国、西国を巡り、1289年、摂津国和田岬の観音堂(後の真光寺)で亡くなる。
 一遍の号は、六字名号一遍法の感得に由る。空也の「捨ててこそ」の教えを実践し、捨聖とも呼ばれた。一遍は粗末な身なりで北は江刺、平泉から南は薩摩・大隅まで15年間諸国遊行し、各所で25万枚ともいう賦算と踊念仏を行なう。生涯にわたり寺を建てず、著作も残さず、死期迫るとわずかな経典も焼き捨てたという。一遍の時衆(時宗)は、日常の生活を臨終の時ととらえた。身辺のあらゆるものを捨て、「南無阿弥陀仏」の念仏さえ唱えれば俗世の人々も阿弥陀仏に救われ往生できると説いた。
◆香川景樹 江戸時代後期の歌人・香川景樹(かがわ かげき、1768-1843)。因幡国鳥取藩士・荒井小三次の次男。幼くして父を亡くし一家離散、母の姉の夫に預けられる。和歌を清水貞固に学ぶ。1793年、京都に出る。小沢蘆庵に学ぶ。1796年、二条派地下歌人・梅月堂香川景柄に夫婦で養子入りをした。家士となり堂上の歌会に出席する。1803年、岡崎に移住し、自邸を「東塢亭(とううてい)」「桂園(かつらのその)」と称した。新歌風により、1804年、梅月堂と離縁した。桂園派(けいえんは)を形成し、賀茂真淵、復古主義派を批判した。家集に『桂園一枝』など。
 聞名寺に墓がある。
◆仏像 「阿弥陀如来像」は、本堂に安置されている。光孝天皇の位牌を安置する。
◆明眼地蔵 「明眼(あけめ)地蔵」は、地蔵堂に安置されている。眼病平癒のご利益があるといわれる。逸話がある。
 平安時代、時康親王(後の光孝天皇)が眼病を患う。加茂の明神で平癒祈願を行うと、17日目の満願の夜、夢中に老翁が現れた。地蔵菩薩を彫って守護仏とせよと告げた。慈覚大師(円仁、794-864)に造立させたところ、皇子の眼が回復し、即位もできたという。
 以来、眼病平癒の霊験あるとして信仰を集めたという。
◆七重石塔 本堂前の「七重石塔」(3.5m)は、「光孝天皇塔」と呼ばれている。ただ、軸部は後補で、室町時代作になる。花崗岩製。
◆阿弥陀石仏 本堂裏墓地の入口に「石造阿弥陀仏」坐像が安置されている。
 鎌倉時代後期作、蓮華座に定印を結ぶ。石像寺(しゃくぞうじ)の阿弥陀三尊石仏の写しともいう。火災により首が落ちて修復されている。二重輪光背(11個の月輪、種字「キーリク」を陽刻)、厚肉彫、像高156㎝、花崗岩製。
◆金光寺 金光寺はかつて下京区七条通東洞院にあった。鎌倉時代、七条仏所の仏師により、大仏師・定朝邸宅を他阿に寄進したことに始まるともいう。ただ、確定されていない。遊行派の京都の拠点寺として機能した。近世に衰微し、近代、1908年長楽寺(東山区)に合併される。
◆称名寺 天台宗の称名寺(しょうみょうじ)は、聞名寺とともにかつて同一の境内にあった。
 南都にあり、飛鳥時代の聖徳太子(574-622)が創建したという。南北朝時代、延文年間(1356-1361)、時宗の我阿により中京区烏丸通二条下ル秋野町に再興された。江戸時代、1708年、宝永の大火により、聞名寺、称名寺は焼失した。その後、移転し廃絶する。
◆墓 香川景樹夫妻、その子・景恒(かげつね、1823-1866)、孫・景敏(かげとし、1861-1887)の墓がある。
 梅月堂の始祖・景継(かげつぐ、宣阿、1647-1735)、2代・景新(かげちか、梅仙堂光阿、?-1739)、3代・景平(かげひら、梅月堂蓮阿、1722-1789)、4代・景柄(かげもと、梅月堂浄阿、1745-1821)、5代・景嗣(かげつぐ、梅月堂香阿、1792-1866)、6代・景信(かげのぶ、?-1888)など一族歌人の墓がある。
◆年間行事 地蔵盆(8月)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献
 『昭和京都名所図会 2 洛東 下』『京都府の歴史散歩 中』『京都の寺社505を歩く 上』『京都大事典』『新版 京のお地蔵さん』『京都のご利益手帖』『日本の名僧』『事典 日本の名僧』


   関連・周辺      周辺      関連石像寺(釘抜地蔵)       

地蔵堂

地蔵堂

大日如来

地蔵尊

七重塔

石造阿弥陀仏
 聞名寺 〒606-8352 京都市左京区北門前町485,東大路仁王門上る  075-771-8703 
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp