仏陀寺 (京都市上京区)
Butsuda-ji Temple
仏陀寺 仏陀寺
  Home   Home







本堂


本堂







玄関
 上京の寺町通東側に建つ仏陀寺(佛陀寺、ぶつだじ)の院号は大蔵院という。平安時代の朱雀、村上の兄弟天皇ゆかりの勅願所だった。 
 西山浄土宗、本尊は阿弥陀如来坐像を安置する。
 京洛(洛陽)四十八願所地蔵尊(京都四十八願寺)の第21番札所、札所本尊は王城地祭(おうじょうちさい)地蔵尊は安産祈願の信仰がある。
◆歴史年表 平安時代、946年、第61代・朱雀天皇は譲位後、父の第60代・後醍醐天皇の菩提を弔うために、日蔵道賢(にちぞう どうけん)を戒師として落師した。仏陀寿と号し、仙洞朱雀院(朱雀大路)で仏事を修していた。(『佛陀寺興廃略記』)
 952年、朱雀上皇が亡くなる。
 967年、第62代・村上天皇が兄・朱雀上皇没後に、仙洞御所朱雀院を寺に改め仏陀寺とした。寺号は、上皇の法諱(ほうい)の仏陀寿(ぶつだじゅ)に因むという。上皇の遺志を継ぎ、別院・大蔵院を建立した。このため二天皇を開基とする。
 室町時代、寺地は二条京極、また万里小路春日(柳馬場丸太町付近)にあったともいう。(『応仁記』『山城名勝志』)
 1467年、畠山政長の邸があり、御霊の森の合戦に先立ち、政長の執事・神保長誠が寺に籠る。
 応仁・文明の乱(1467-1477)で焼失する。
 1478年、1467年、1476年とも、邦諫暁堂により、第103代・後土御門天皇の帰依を受け、土御門西洞院(上京区)に中興されたという。(『宣胤卿記』、1518年条)。浄土宗西山西谷流になり勅願所になる。
 1507年、細川澄元被官・三好之長が居住したため寺院は放火される。
 1508年-1518年頃、融国正孝が発願し一条に再興する。(「後柏原天皇綸旨」・仏陀寺文書、『宣胤卿記』)
 安土・桃山時代、1591年、天正年間(1573-1592)とも、豊臣秀吉の御土居築造に伴い現在地に移される。(『山州名跡志』)
 江戸時代、1661年、焼失する。(『坊目誌』)
 寛文年間(1661-1673)、僧・宝山が洛外、六地蔵以外の四十八か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の第21番霊場になる。
 1788年、天明の大火により焼失する。(『坊目誌』) 
◆朱雀天皇 平安時代中期の第61代・朱雀天皇(すざく てんのう、923-952)。第60代・醍醐天皇、皇后・藤原穏子(基経の娘)の子。母が怨霊による夭逝を恐れたため、几帳の中で育てられる。925年、3歳で立太子、930年、即位した。外舅・藤原忠平が摂政(のち関白)になり仕切る。戦乱、天変地異が相次いだ。母の勧めにより弟・成明親王(第62代・村上天皇)へやむなく譲位した。出家し仁和寺に入り、法名を仏陀寿とした。その5カ月後に没した。諡号は朱雀院。墓は醍醐(山)陵(伏見区)という。
日蔵道賢 平安時代中期の伝説的な修験者・日蔵道賢(にちぞう どうけん、905?-967)。詳細不明。通称は飛天大師。三善清行の子、弟とも。大和金峰山・椿山寺で修行し、東寺で密教を学ぶ。941年、金峰山笙窟で無言断食の修行中に急死した。
 執金剛神の化身という僧に冥府六道に導かれた。太政威徳天神と化した菅原道真、地獄で苦しむ第60代・醍醐天皇を見て天皇への伝言を受け蘇生したという。
◆村上天皇 平安時代中期の第62代・村上天皇(むらかみ てんのう、926-967)。醍醐天皇と皇后・藤原穏子(基経の娘)の子。946年、兄・朱雀天皇の譲位により即位。関白・藤原忠平没後、摂関を置かず親政を進める。ただ、実際には左大臣・藤原実頼、右大臣・師輔兄弟に支えられた。在任中に内裏焼失など災難が続く。詩歌、書、琵琶、笛、和歌に秀でた。御陵は鳴滝宇多野谷(右京区)にある。
◆三好之長 室町時代の国人・三好之長(みよし ゆきなが、1458-1520)。阿波半国守護代の三好式部少輔の子。阿波三好郡の国人、本拠は芝生城守護・細川成之の被官。筑前守。応仁・文明の乱(1467-1477)に加わり、1485年、徳政一揆の首魁という。1506年、入洛、摂津半国守護代。1507年、細川澄之を擁した山城守護代・香西元長により攻められ、近江甲賀に逃れた。細川澄元の家宰、澄元追放とともに没落した。1511年、船岡山の戦いに敗北。1520年、等持寺の戦に敗れ、百万遍で刑死になる。
◆邦諫暁堂
 室町時代の僧・邦諫暁堂(ほうかん ぎょうどう、生没年不明、 1504年までに没)。播磨三井野の浄土僧、西山西谷流・召運の嗣法、仏陀寺住持、後土御門天皇の帰依を受ける。1477年、宮中で阿弥陀経を講ず。以後も、往生礼賛などを講じた。
◆本尊・地蔵菩薩 本堂に本尊の「阿弥陀如来坐像」(84.7㎝)(重文)が安置されている。平安時代後期作、上品中生の説法印を結ぶ。この時代としてこの印は珍しいという。衣文は写実的になる。定朝様。木造、寄木造、金箔押漆箔。
 
「王城地祭(おうじょうちさい)地蔵尊」は、山門左脇の地蔵堂に安置されている。蓮華座に結跏趺坐し、右手は膝上に置き掌を見せ、左手に宝珠を載せる。王城守護とともに、像の胸元に下衣の結び目が下がり、腹帯に見えることから安産守護の信仰もある。


*非公開、事前要予約。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都歴史案内』『昭和京都名所図会 5 洛中』『仏像めぐりの旅 4 京都 洛中・東山』『京都の寺社505を歩く 上』『新版 京のお地蔵さん』『京都のご利益手帖』


  関連・周辺       周辺十念寺       周辺本満寺       周辺阿弥陀寺       関連             

庫裏


鐘楼

山門左脇にある王城地祭地蔵尊

王城地祭地蔵尊扁額

王城地祭地蔵尊
map 仏陀寺 〒602-0802 京都市上京区鶴山町10,寺町通今出川上る3丁目   075-231-5686
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp