厳島神社 (京都市上京区) 
Itsukushima-jinja Shrine
厳島神社 厳島神社 
50音索引  Home 50音索引  Home

境内のある中島にかかるコンクリート小橋


唐破風鳥居


唐破風鳥居、最上部横木の笠木とその下に付く島木が共に、中央がやや上に膨らむ唐破風になっている。




本殿


本殿、「弁財天」の扁額
 京都御苑内南端にある九条池の中島に、小社・厳島神社(いつくしま じんじゃ)が建つ。一帯は五摂家の一つ九条家の旧邸跡で、境内は池泉回遊式庭園の一部になっていた。「池の弁天さん」とも呼ばれている。祇園女御ゆかりの社という。
 祭神は宗像三女神を主祭神とする。市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)、祇園女御を合祀している。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、平清盛(1118-1181)が母・祇園女御のために、安芸の厳島神社を築島(摂津国莵原郡)に勧請したことに始まるという。
 室町時代後期、11代将軍・足利義晴(1511-1550)により、京都の細川高国邸内に移された。
 江戸時代、1771年、公卿・九条道前がその邸内(現在地)に移した。以後、同家の鎮守社となる。
 1788年、天明の大火により焼失した。
 近代、1869年、東京遷都以後、九条家は東京に移り、当社のみが残された。
 1927年、現在の社殿が改築される。
 1938年、石鳥居が重要美術品に認定された。
◆祇園女御 平安時代後期の女性・祇園女御(ぎおんにょうご、生没年不詳)。詳細不明。祇園社脇の水汲み女、源仲宗の妻、仲宗の子・惟清の妻ともいう。白河法皇の寵妃・法皇の下級官女として仕え寵愛を受ける。1104年頃、藤原公実の娘・待賢門院璋子を養女とし、法皇の養女として育てる。1105年、祇園社の東南に阿弥陀堂を建て住した。1111年(1109年とも)、仁和寺内に威徳寺を建立し晩年は移る。僧・禅覚を養子とした。1113年、六波羅蜜堂で一切経供養を営む。権勢を誇るが女御宣旨は下らず祇園女御と通称され、東御方、白河殿とも呼ばれた。
 白河院が、ある事件での武勲により、平忠盛の思慮深さを愛で祇園女御を贈ったという。ただ、その時すでに女御は懐妊しており、法皇は女子であれば法皇が、男児であれば忠盛の子とするとしたという。男児であったため、忠盛が育てたのが平清盛であったという。(『平家物語』巻6「祇園女御」)。また、忠盛が賜ったのは女御の妹の方であり、清盛は妹と法皇の子ともいう。女御は養母であったともいう。
◆細川高国 室町時代の武将・細川高国(ほそかわ  たかくに、1484-1531)。細川政春の子。室町幕府管領。民部少輔、右京大夫、武蔵守を歴任。細川政元の家督を巡る争いで澄元に付き、1507年、澄之を滅ぼす。1508年、国人ともに澄元も追放する。1508年、前将軍・足利義尹(義稙)復帰により右京大夫、管領に任じられた。1521年、将軍義稙を廃し、前将軍・足利義澄の子義晴を擁立。1526年、香西元盛の殺害によりその兄弟らが挙兵、さらに三好勝長ら、之長の孫・元長らの堺進行により敗れた。摂津国天王寺で三好元長に敗れ自刃した。
◆九条道前 江戸時代中期の公卿・九条道前(くじょう みちさき、1746-1770)。九条尚実の子。1753年従三位。1759年、内大臣、1769年、従一位。25歳で早世する。
◆建築 本殿は1927年に再建された。切妻造、平入銅板葺。
◆唐破風鳥居
 石造の唐破風鳥居が建つ。ほかに例を見ないという。「京都三鳥居」「京都三珍鳥居」(ほかに北野天満宮伴氏社石鳥居、蚕の社三角鳥居)のひとつとされている。
 平安時代、築島(摂津国莵原郡)にあったものを移したという。ただ、鳥居は室町時代作とみられている。江戸時代、1771年、九条道前がその邸内(現在地)に移した。京都所司代交替の際に、鳥居を検査する定めがあったという。1938年に重要美術品に認定された。
 最上部の横木の笠木と、それに付く下の島木が共に唐破風になる。両柱は外へやや開く。明神鳥居を基本にして唐破風に仕立てたという。ただ、笠木、島木に反り増しはなく、笠木、島木ともに鼻は水切になる。花崗岩製、高さ2.5m。 
◆年間行事 例祭(6月15日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都大事典』『京の石造美術めぐり』『京都の寺社505を歩く 上』『京をわたる 橋がつなぐ人と暮らし』『京都御所・仙洞御所』『京都歴史案内』『京を彩った女たち』


   関連・周辺拾翠亭(京都御苑)     関連・周辺京都御所(京都御苑)      宗像神社(京都御苑内)      白雲神社(京都御苑内)      周辺     関連祇園女御の墓         



弁財天の絵馬

弁財天の絵馬

九条池(拾翠池、勾玉池)に架かる擬宝珠欄干付きの高倉橋。
 近代、1878年に仮橋が架けられた。1882年に現在の橋が架かる。御所の建礼門から丸太町に出るための御幸道の計画により造られた。だが、その後計画は中止になる。旧三条大橋、五条大橋の橋脚を再利用している。かつて三条小橋の擬宝珠を載せていた。現在は、新調したものを使っている。長さ43m、幅3.3m。

サルスベリ
 厳島神社 〒602-0881 京都市上京区京都御苑6 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光