俊成社 (京都市下京区) 
Shunzei-sha Shrine
俊成社 俊成社 
50音索引  Home 50音索引  Home




 俊成町に俊成社(しゅんぜい しゃ)が祀られている。現在は、烏丸通沿いの建物の一角に組み込まれる形で鎮座する。 
 付近は、平安時代末期の歌人・藤原俊成の邸宅跡といわれ、社は「俊成さん」とも呼ばれている。ただ、邸宅の場所については五条京極にあったともされ、現在地は後世の誤認ともいう。
 祭神は歌人・藤原俊成を祀る。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 室町時代中期、藤原俊成の邸が、五条室町(現在の烏丸五条付近?)にあると記されている。(『正徹(しょうてつ)物語』)
 江戸時代、俊成社は現在地近くに祀られていたという。
 1758年、町民が奉行所へ願い出て、烏丸通松原から東の一帯(因幡堂前町)を俊成町の異称より正式な町名にした。以来、俊成町に改められる。
 現代、2012年、祠はそれまでの屋外より建物の一角に納められ祀られた。
◆藤原俊成 平安時代-鎌倉時代の歌人・藤原俊成(ふじわら の としなり/しゅんぜい、1114-1204)。父は権中納言藤原俊忠、母は伊予守藤原敦家の娘。子に定家。10歳で父に死別、葉室顕頼の養子、のちに本家に戻る。官吏・歌人の藤原為忠の催しに参加、公家・歌人の藤原基俊の門弟になる。1150年、崇徳上皇主催の「久安百首」の作者、1166年、「中宮亮重家朝臣家歌合」などの歌合判者を務めた。公卿・九条兼実の歌道師範。『千載和歌集』(1188)選者、歌論書『古来風躰抄』(1197)など。邸宅が五条通にあったとされ、五条三位とも呼ばれた。東福寺塔頭・永明院に墓所がある。
◆平忠度
 平安時代後期・武将・歌人・平忠度(たいら の ただのり、1144-1184)。忠盛の子、清盛の末弟。母は藤原為忠の娘とも。正四位下薩摩守。源平の1180年、富士川の戦、1181年、墨俣川の戦、1183年、礪波山の戦などに参戦した。歌人として勅撰集に入集。1183年、平氏都落ちに際し、師・藤原俊成に詠草1巻を託し、『千載集』によみ人知らずで入集。1184年、一の谷の戦で岡部六弥太忠澄に討たれる。
◆忠度 『平家物語』では、咎により西国へ都落ちする薩摩守忠度が俊成邸を訪れる。「千載和歌集」に入集を依頼し、かなえば、あの世から守護するとして、百余りの自作の和歌を差し出す。俊成は詠み人知らずとして、「さざなみや 志賀の都は あれにしを むかしながらの 山ざくらかな」を選ぶ。
 世阿弥作の能「忠度」は、俊成に仕えた僧が、須磨の浦で老人と出会う。やがてその翁は、自らが源氏との戦で命を落とした忠度の亡霊であることを暗示する。僧の夢に甲冑姿の忠度の霊が現れる。霊は、朝敵になり、詠み人知らずとされたことを嘆く。霊は、自らの名を書き入れるように、俊成の子・定家へ伝えることを依頼する。霊は身の上のことなども語り、回向を願い消え去る。物語は謡曲の題材にもなっている。
◆藤原俊成女 鎌倉時代前期の歌人・藤原俊成女(ふじわら の としなり/しゅんぜい/ の むすめ、1171頃 -1251~)。父は尾張守・藤原盛頼、母は藤原俊成の娘・八条院三条。1177年、父は鹿ケ谷事件首謀者の一人・藤原成親の弟として責を問われ失脚した。俊成女はその歌才を見込まれ、母方祖父・藤原俊成の養女になる。1190年、20歳頃に源通具(みちとも)の妻となり、一男一女を産む。だが、夫は新妻・従三位按察局を迎えた。1201年、後鳥羽院の女房として出仕、『新古今和歌集』以降の勅撰集、定数歌、歌合などに多数の作品を残した。1213年、出家し、嵯峨に住み嵯峨禅尼、越部(こしのべ)禅尼と呼ばれた。1241年、藤原定家没後、播磨国越部庄に隠棲した。『越部禅尼消息』を著し、定家の選んだ『新勅撰集』を非難した。新三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。
◆五条第 藤原俊成の邸宅「五条第」は、新玉津嶋神社の一画(玉津島町南部)とされる。(『新玉津島記』)。また、当社の東、俊成社(俊成町)ともいう。
 実際には、左京五条四坊十六町の南部(五条大路北、京極大路西の町、現在の下京区京極町西、桝屋町南、石不動町北)付近にあったともいう。俊成はここに生まれ育ったという。1183年、武将・平忠度(1144-1184)は、一門の都落ちの際に五条第の俊成を訪ねた。いつか平穏な世に戻った際には、自作の歌を勅撰集に採るように懇願したという。俊成は「よみひと知らず」として『千載和歌集』に一首「故郷の花」を選んだという。(『平家物語』)
 俊成は、1196年頃に五条第より三条に移る。俊成の子・定家、定家の同腹姉・八条院権中納言、八条院按察(あぜち)、建春門院中納言らも五条第に育った。(『山塊記』『明月記』『玉葉』)
◆年間行事 祭礼(当日は俊成の命日とされ、俊成の画像、稲荷大明神の軸が掲げられ、お火焚祭が行われる。)(11月28日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都歴史案内』『京都事典』『京都市の地名』『京都府の歴史散歩 上』『京都の地名検証 2』『平安京散策』『京に燃えた女』『京都大事典』


  関連・周辺新玉津嶋神社       周辺    関連永明院          
平安京オーバレイマップ

より大きな地図で 俊成社・新玉津嶋神社 を表示
 俊成社 〒600-8417 京都市下京区烏丸松原吉成俊成町438ホテル・京都・ベース,烏丸通松原下る東側  
50音索引  Home   50音索引  Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光