天道神社 (京都市下京区) 
Tendo-jinja Shrine

 Home  Home





本殿、拝所



本殿


本殿



本殿
 仏光寺通猪熊西入に小社・天道神社(てんどう じんじゃ)がある。平安時代、第50代・桓武天皇により平安京遷都に際して勧請されたといわれている。
 祭神は伊勢皇大神宮の天照大神(あまてらすおおかみ)、左に正八幡大神(せいはちまんおおかみ)、右に春日大明神(かすがおおかみ)を祀る。
 末社・満盛稲荷に倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、洛陽二十五社天道天満宮(天満宮)に菅原道真(すがわらのみちざねこう)、弁財天厳島神社(市杵島神社)に市杵島姫命(いちきしまひめみこと)、八坂社(祇園八坂神社)を祀る。 
 古くより五穀成就。家畜悪疫除けの信仰がある。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 天道宮は山城国長岡(長岡京市)に祀られていた。
 奈良時代、792年、長岡、付近7郷の村(現在の梅津以南)で悪疫流行した際に、家畜全滅の危機に瀕した。天道宮に祈願すると1頭の犠牲もなく全治したという。
 平安時代、794年、第50代・桓武天皇の平安京遷都の際に、長岡京に祀られていた天道宮を当初は銅駝坊(どうだぼう)の南方、三条坊院東洞院(中京区、東洞院御池上る付近)に勧請したという。その際に、郷の人々、家畜が沿道にならび見送りをしたという。天皇は天道宮に万民豊穣、子孫繁栄、悪疫退散を祈願した。境内は四季折々風光明媚の地であり、1町(109m)四方に広がり、荘厳な宮が建てられたという。
 59代・宇多天皇(867-931)皇子・行明親王(926-948)の母・藤原褒子(ふじわらのほうし、生没年不詳)が、伊勢遊宴の亭を境内に建て、親王御息所の側近らが度々車を連ね御成りし、数日の遊宴を催していたという。京の人々は常々当社に多数群集し信仰したという。
 保元年間(1156-1159)、公家で六条家流の歌人・藤原清輔が著した歌論書『袋草紙』に、境内に御殿が造営され、松楓が植林され伊勢神宮と関わりがあったと記されている。
 元弘年間(1331-1334)、兵火により焼失する。
 建武年間(1334-1336)、兵火により焼失した。
 その後、200年余りこの地の民家に祀られていたという。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)で焼失する。
 その後、数度の火災により焼失したという。
 安土・桃山時代、1574年、織田信長により現在地、五条坊門猪熊の替地を与えられこの地に遷される。
 江戸時代、1788年、天明の大火により焼失する。その後、再建された。
◆昭憲皇太后 江戸時代-近代の明治天皇皇后・昭憲皇太后(しょうけん こうたいごう、1849-1912)。一条忠香3女、母は側室・新畑民子。1867年、第122代・明治天皇の女御に治定。1869年、入内、女御の宣下を受け皇后になる。中宮職、皇后宮。実子はなく、側室が産んだ嘉仁親王(第123代・大正天皇)を養子にした。1886年以降、皇居での装いを洋装に変える。1912年、明治天皇没後、皇太后になる。華族女学校、東京女子師範学校の設立、日本赤十字社に貢献した。和歌を詠み『昭憲皇太后御集』に収められる。その没後、昭憲皇太后と追号、伏見桃山東陵に葬られる。
◆氏子 近代以前、下古京川西九町組の新シ町で構成された四条大宮組に属した。祇園会には油天神山の寄町になっていた。
◆御胞衣
 第122代・明治天皇の皇后昭憲皇太后の御胞衣(おえな)の埋納塚がある。
◆樹木 オガタマノキ、クスノキがある。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、節分祭(2月節分)、午祭(2月午の日)、天道花神事(国宝上杉本「洛中洛外図屏風」に描かれている伝承的行事、現在は当社のみで伝えられる)(5月17日)、水無月大祓式・夏越祭(6月30日)、例大祭・宵宮祭(11月2日)、例大祭・神幸祭(11月3日)、火焚祭(11月23日)、大晦日大祓式・除夜祭(12月31日)。
 月次祭(毎月1日)。


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『京都市の地名』『京都大事典』『全国神社祭祀祭礼総合調査』『京都 神社と寺院の森』


   関連・周辺      周辺     関連       

末社・弁財天厳島神社

末社・弁財天厳島神社

末社・満盛稲荷神社

末社・満盛稲荷神社

末社・八坂社

末社・洛陽二十五社天道天満宮

末社・洛陽二十五社天道天満宮

末社・洛陽二十五社天道天満宮

末社・洛陽二十五社天道天満宮

第122代・明治天皇の皇后昭憲皇太后の御胞衣(おえな)

オガタマノキ
 天道神社 〒600-8397 京都市下京区西田町615,仏光寺通猪熊西北角  075-821-2973
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp