与謝蕪村宅跡 (京都市下京区)
The ruins of the residence of YOSA Buson
与謝蕪村宅跡 与謝蕪村宅跡 
50音索引  Home 50音索引  Home
 仏光寺通烏丸西入南側に、「与謝蕪村宅跡(終焉の地)」の石標が立てられている。
 江戸時代中期の俳人・画家蕪村は、最後は釘隠町に移り、この地で亡くなったという。
◆歴史年表 江戸時代、1768年、与謝蕪村の居所は「四条烏丸東へ入町」と記されている。(『平安人物志』同年版)
 1774年、蕪村は釘隠町に移転する。
 1775年、蕪村の居所は現在地「仏光寺烏丸西へ入町」と記されている。(『平安人物志』同年版)
 1784年、この地釘隠町で、蕪村が亡くなったという。葬儀は金福寺で行われ、当寺に葬られた。
 現代、1998年、石標が立てられた。
◆与謝蕪村 江戸時代中期の俳人・画家の与謝蕪村(よさ ぶそん、1716-1784)。摂津国に生まれた。家は農家で、父が急逝し家産を失う。俳画家を目指し、1737年、江戸に出て早野巴人(はじん)に師事し俳諧を学ぶ。1742年、関東遊歴、憧れの松尾芭蕉の足跡を辿り、東北地方を周る。1751年(1752年とも)、京都に上る。知恩院山内でも起伏した。1754年、生母の出身地の丹後与謝の加悦(かや)に立ち寄り、讃岐などを旅した。1757年、京都に戻る。1758年、漁師の娘・ともと結婚する。1761年、娘・くのが生まれる。42歳の頃、京都の四条烏丸付近に移り、与謝を名乗った。1766年、蕪村を中心に結社「三葉社」が生まれた。巴人の夜半亭2世を継ぐ。1771年、尾張国の下郷学海の依頼により、池野大雅との合作「十便十宜帳」を描く。1774年、釘隠町に移転する。1776年、金福寺(左京区)に芭蕉庵を再興した。1779年、「奥の細道屏風図」を描く。
 江戸俳諧の中興の祖、俳画の創始者。画家としても秀で、画風は南画に日本の自然観を加味した。蕪村は、一乗寺辺りに吟行に訪れた。芭蕉と親交があり、芭蕉庵と芭蕉句碑の傍らに葬られることを望んだという。1784年に、門人が金福寺に墓を立てた。当寺に遺品も残されている。蕪村忌(12月25日)。妻も剃髪し清了尼となり、夫とともに葬られる。
◆蕪村の家 与謝蕪村は、京都の長刀鉾町、白楽山町にも住んだ。(『俳諧家譜拾遺集』)。
 江戸時代、1774年、蕪村の妻・ともが釘隠町に空き家を見つけてきた。現存する日吉神社(室町仏光寺角)より仏光寺通を東に入った南側にあった。狭い庭もあり、縁も付いていたという。行き止まりの路地には地蔵尊も祀られていた。
 1784年、蕪村はこの家で亡くなる。辞世の句「うぐひすや何ごそつかす薮の霜」「しら梅に明る夜ばかりとなりにけり」。葬儀は金福寺で行われ、当寺に葬られた。
◆釘隠町 町名の釘隠町(くぎかくしちょう)には、逸話がある。
 近世、洛中に「三富人」があった。一つは角倉家、二つは十四屋家、三つは醍醐倉家といわれた。この地には、豪商・十四屋家があり、十四屋町とも呼ばれていたという。屋敷には書院が建てられ、民家には珍しい長押には釘隠が飾られていた。美しい鳥獣草木の飾金具だったことから町名の由来になったという。(『雍州府志』『京雀』)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都府の歴史散歩 中』『京都の地名検証 3』『京都大事典』


  関連・周辺      周辺      関連金福寺       関連粟嶋堂宗徳寺(粟嶋堂)  
平安京オーバレイマップ
map  与謝蕪村宅跡 〒600-8423 京都市下京区釘隠町249 ,仏光寺通烏丸西入南側
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光