天性寺 (京都市中京区) 
Tensho-ji Temple
天性寺  天性寺
  Home   Home

山門






本堂


本堂



鐘楼
 繁華街の寺町通に面して天性寺(てんしょうじ)はある。境内が寺町通より低くなっているのは、鴨川河原の名残という。 
 大和当麻寺、当麻曼荼羅を織ったという伝説の中将姫(ちゅうじょうひめ)とのかかわり深い。山号は曼荼羅山。院号は當麻院という。
 浄土宗総本山知恩院の末寺。本尊は阿弥陀如来。
 弁財天は火除け、端正な顔立ち・健康な子が授かるという信仰がある。
◆歴史年表 室町時代、大永年間(1521-1527)、また、安土・桃山時代、1577年、大和当麻寺の眼誉道三により、中将姫の遺徳をしのび創建されたという。(「山州名跡志」)。また、当麻曼荼羅を模し、絵解きしてそれを広めるためともいう。当初は当麻町(上京区曼茶羅町)にあったともいう。(「坊目誌」)
 安土・桃山時代、第105代・後奈良天皇の妃・吉徳門院(?-1522)が帰依し、山号を付与したという。
 1587年、豊臣秀吉により現在地に移転させられる。
 江戸時代、1788年、天明の大火により焼失する。
 文化年間(1804-1818)、再建された。(「坊目誌」)
 近代、1880年、現在の本堂が再建される。
 現代、1956年、現在の門が再建された。
◆眼誉道三 室町時代-安土・桃山時代の僧・眼誉道三(生没年不詳)。詳細不明。大永年中(1521-1527)、大和・当麻寺念仏堂の院主。京都に天性寺を創建する。
◆中将姫 奈良時代の伝説上の人物・中将姫(ちゅうじょうひめ、747-775)。藤原鎌足の曾孫、父は右大臣・藤原豊成、母は紫の前(品沢親王の娘)。幼くして母が亡くなり、父は橘諸房の娘・照夜の前を後妻にする。姫は美貌と才に恵まれ、9歳で第46代・孝謙天皇に召し出され、琴を奏し賞賛を受ける。だが、継母に疎まれる。13歳で三位中将の位を持つ内侍となる。継母は家臣に姫の殺害を命じた。姫は命乞いをせず読経を続けたため、家臣は雲雀山の青蓮寺 (宇陀市)へ隠す。豊成により連れ戻され、1000巻の写経を成す。763年、16歳の時、第47代・淳仁天皇よりの後宮へ入るように望まれるが辞す。当麻寺で尼となり、法如と称した。26歳で長谷観音のお告げにより、一夜で蓮糸による当麻曼荼羅(観無量寿経の曼荼羅)を織ったという。亡くなった時、来迎により生きたまま西方極楽浄土へ向かったという。 
 中将姫の伝承は、平安時代の長和・寛仁年間(1012-1021)より伝えられ、戯曲の題材になった。
◆吉徳門院 室町時代の女性・吉徳門院(きっとく もんいん、?-1522)。万里小路賢房の娘。栄子(えいし)。第105代・後奈良天皇の妃。皇太子時代に宮に入る。第106代・正親町天皇など3皇子女を産む。没後、皇太后の尊称と院号を追贈。
◆藤左衛門 江戸時代の真鍮の祖・藤左衛門(生没年不詳)。近江の生まれ。近江・金成山(きんせいざん)麓に住し百姓をする。1593年、信心していた庚申山広徳寺(滋賀県甲賀郡水口町)の本尊・庚申尊に祈願し、断食参籠したという。満願の夜、枕元に童子現われ、銅に針丹(亜鉛)を混ぜる合金の法を伝授したという。また、感得したという。1599年、京都に出て真鍮吹きを始め、巨万の富を築く。1616年、報恩のために広徳寺本堂を再建した。墓は天性寺に「日本真鍮祖神 藤左衛門翁之墓」としてある。
◆仏像・木像 「十一面観音像」は、「織姫観音」とも呼ばれている。中将姫の化身という。
 中将姫自作という「中将姫法如尼像」。
◆文化財 南北朝時代-室町時代の画僧・明兆(1352-1431)筆の「絹本墨画 白衣観音図」(重文)。
◆花暦 白い花弁のモクレン(3月下旬-4月初旬)が花開く。姉小路側より土塀越しに見られる。
◆鴨川名残 境内、さらに墓地は寺町通より低地になっている。これは、この地がかつて鴨川河原だったためという。
◆墓 開山など歴代、中将姫塔の五輪塔婆がある。
 江戸時代の藤左衛門は真鍮祖神といわれ製法を産んだという。
 江戸時代の画家・原在中(1750-1837)、その子・在照(1813-1871)、その子・在泉(1849-1916)ら一族の墓がある。
 江戸時代の四条派画家・横山清暉(1792-1864)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都 歴史案内』『京都大事典』『京都の寺社505を歩く 上』『京都のご利益手帖』『京都府の歴史散歩 上』


   関連・周辺      周辺      関連       

玄関


弁財天社

弁財天社

弁財天社

弁財天社

句碑「碁盤目に 世界の京として 灯里」紅寿
 天性寺 〒604-8081 京都市中京区天性寺前町523,寺町通三条上る東側  075-231-3823
   Home       Home   
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光