福勝寺 (京都市上京区) 
Fukusho-ji Temple

50音索引  Home 50音索引  Home










寺紋「下がり松」






本堂



玄関





サクラ


十三重塔
 福勝寺(ふくしょうじ)は桜寺(さくらでら)、瓢箪寺(ひょうたんでら/ひさごでら)とも呼ばれている。山号は竹林山(ちくりんざん)という。 
 真言宗善通寺派、本尊は薬師如来。
 本堂脇壇の聖観世音菩薩は、洛陽三十三観音巡礼29番札所の札所本尊。峰薬師は、京都十二薬師霊場会第6番札所の札所本尊。京の通称寺霊場10番、瓢箪寺。
 病気平癒、夫婦円満、融通、商売繁盛、現世利益、開運出世などの信仰がある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代?、空海(774-835)が河内国古市郡中村(大阪府羽曳野市)に創建したという。(「坊目誌」)。その後、衰微する。
 鎌倉時代、正嘉年間(1257-1259)、醍醐寺・覚済により油小路五条坊門(下京区)に移された。その後、京中を移転する。
 安土・桃山時代、豊臣秀吉(1536/1537-1598)が武運を祈願し、千成瓢箪を寄進、千成瓢箪を旗印に頂いたため「瓢箪寺」「瓢寺」とも呼ばれる。
 第107代・後陽成天皇(在位1586-1611)の勅願所になる。
 江戸時代、1701年、焼失する。
 その後、寺町通丸太町下ルより現在地に移された。
 第111代・後西天皇(在位1655-1663)は、勅願寺とする。「観世音菩薩」の名号と紫宸殿、左近の桜の分木を分栽し当寺に移植、以後、桜寺の別称が生まれた。
 現代、2012年、平安時代に始まったという京都十二薬師霊場めぐりが復活する。
◆空海 平安時代の真言宗の開祖・空海(くうかい、774-835)。弘法大師。讃岐国に生まれた。父は豪族の佐伯田公(義通)、母は阿刀氏。788年、15歳で上京し、母方の叔父・阿刀大足に師事し儒学を学ぶ。791年、18歳で大学明経科に入るが、中途で退学し私渡僧(しどそう)として山岳修行を始め四国の大滝岳や室戸崎などで山林修行した。797年、『聾瞽指帰(ろうこしいき)』を著す。798年、槙尾山寺で沙弥となり、教海と称する。804年、東大寺戒壇院で具足戒を受ける。遣唐使留学僧として唐へ渡り、805年、長安・青竜寺の恵果(けいか)により両界、伝法阿闍梨の灌頂を受ける。806年、当初の20年の義務期間を2年に短縮して帰国、多くの経典、密教法具などを持ち帰る。入京できず大宰府・観音寺に住した。809年、入京を許される。810年、高雄山寺(神護寺)を経て、811年、乙訓寺に移り、約1年間任に当たった。別当になる。812年、乙訓寺を訪れた天台宗開祖・最澄は、空海と会っている。その後、空海は高雄山で最澄らに金剛界結界灌頂を行った。後、二人は決裂し、断絶する。813年、東大寺別当、819年頃/818年、高野山を開く。822年、東大寺に灌頂道場(真言院)を開く。823年東寺を真言密教の道場にした。824年高雄山寺を神護寺と改名する。神泉苑で祈雨の修法を行う。827年大僧都となる。828年、綜芸種智院を創立した。832年、高野山で万灯会、834年、正月、宮中中務省で後七日御修法を営む。830年、『秘密曼荼羅十住心論』を著す。高野山で亡くなり、東峰に葬られた。
◆恵果 中国唐代の僧・恵果(えか/けいか、746-806)。密教僧。長安の東、昭応出身。真言八祖の第七祖。三代にわたり皇帝の帰依を受け、「三朝の国師」と謳われた。密教を唯一継承し、唐に渡った空海に伝えた。
◆覚済 鎌倉時代の僧・覚済(かくぜい、1227-1303)。中山兼季(かねすえ)の子。真言宗醍醐寺の源運らに師事、1248年、金剛王院の実賢により灌頂をうける。醍醐寺座主、東寺長者、1293年、醍醐寺座主に再任された。金剛王院流の一派山本流の祖。山本僧正、峰僧正などとも呼ばれた。著作に「秘鈔口決」など。
◆中山玄亭 江戸時代の医者・中山玄亭(?-1779)。詳細不明。
 福勝寺に墓がある。
◆古高俊太郎
 江戸時代後期の攘夷派志士・古高俊太郎(ふるたか/こたか しゅんたろう 1829-1864)。近江国に生まれた。父は大津代官所の手代・古高周蔵、母は公家の広橋家家来の娘。父が山科毘沙門堂門跡従者となり京都へ移住した。 門跡近習になる。尊皇攘夷の梅田雲浜に入門。1861年、京都河原町四条上ル東で諸藩御用達・枡屋を継ぎ、枡屋喜右衛門を名乗る。小道具(薪炭商、馬具も)を商い、宮部鼎蔵、有栖川宮、長州との連絡をとる。1864年、店に新撰組が踏み込み捕縛される。壬生屯所で激しい拷問を受け、1863年、八月十八日の政変後の長州によるクーデタ、テロ計画を自白したとされる。ただ、詳細は不明。自白をもとに、同日夜、新撰組が池田屋に集結した尊攘派志士を急襲撃破する。(池田屋事件)。古高は六角獄舎に収容される。長州藩尊攘派による禁門の変が起こり、獄舎に迫ったどんどん焼けの騒乱に乗じ、幕吏により獄中で斬首された。36歳。
 墓は福勝寺にある。
◆古高智恵 江戸時代-近代の女性・古高智恵(?-1882)。父は大津代官所の手代・古高周蔵、母は公家の広橋家家来の娘。古高俊太郎の妹。鷹司家政所の女官となる。1861年、和宮降嫁に際して、兄が俊太郎と知れ、随列より外された。和宮御用掛・田村家に嫁いだ。1864年俊太郎の遺体より衣服の端切れを持ち帰り、福勝寺に葬った。
 智恵の墓も福勝寺にある。
◆仏像 本尊の秘仏「薬師如来」は、「峰の薬師」ともいわれる。かつて洛西の峯の堂(西京区、法華山寺)にあり、1331年の後醍醐天皇らによる元弘の乱の際に遷されたものという。鳳来寺(愛知県)、法来寺(羽曳野市)本尊と同木ともいう。京都十二薬師の一つ。60年に一度だけ開帳される。
 本堂脇壇の「聖観世音菩薩」は、厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子、574-622)作ともいう。第111代・後西天皇の勅願を受けた。その願いが成就されたため、観世音菩薩の名号を贈られる。また、紫宸殿左近の桜を分木し当寺に移したという。
 「聖歓喜像」は、唐の青龍寺、三蔵国師・恵果和上が臨終間際に空海が伝授したものという。
 「不動明王」は空海作ともいう。「牛皮不動」とも呼ばれた。名不動の一つに数えられた。
◆建築 山門はかつて、九条家屋敷の門だったという。寺紋「下がり藤」は九条家菩提寺であったことに因む。節分会(2月3日)にのみ開門されている。
◆桜寺 桜寺の異名もある。江戸時代、第111代・後西天皇(在位1655-1663)が聖観音菩薩に祈願したお礼して、御所紫宸殿前の左近の桜を寄進し、以来、桜寺とも呼ばれた。現在も境内には、桜の巨木が植えられている。
◆墓 江戸時代の医者・中山玄亭(?-1779)の墓がある。
 尊攘派の町人・古高俊太郎(戒名「凉岳院綺音院正順居士」)の墓がある。古高智恵の墓がある。
◆宴の松原 境外の南西筋角に「宴(えん/うたげ)の松原」の石標(上京区七番町)が立つ。
 平安京の大内裏の中央(内裏の西、豊楽院の北)にあった松林跡という。内裏の建替えの際の代替地だった。また、饗宴が催された地ともいう。
 伝承がある。平安時代、一帯は鬼が出没する場所として恐れられた。松の木の下で鬼が女性を殺めたともいう。藤原道隆(953-995)と藤原道長(966-1028)が肝試しを行い、得体の知れない声がして道隆は逃げ帰ったという。
◆節分会 節分の日に限り授与されるお守りがある。正式には「宝珠尊融通御守」という。融通がきく、意のままに様々な願いをかなえる宝の意味という。空海は唐の師・青龍寺の恵果より、霊験を表すとされる如意宝珠と歓喜天の秘法を伝授されたという。源頼朝(1147-1199)もこの修法を受けて将軍職に就いたという。
 貧苦の衆生を救済する「如意宝珠の修法」により、大寒より7日間の祈祷を行った瓢箪を節分会で授与する。宝珠は、下部が球形で上部が円錐形に尖った形で表されている。これが、球形を二つ重ねた瓢箪の形に似ていることから、鎌倉時代から御守に瓢箪が用いられるようになったという。
 安土・桃山時代、豊臣秀吉は出陣の度に武運長久を願い、当寺で祈願した。寺領を寄進し、寺に瓢箪を奉納する。それらにより「千成瓢箪」の旗印が作られたという。
◆年間行事 節分会(山門開戸、瓢箪公開、ひょうたん守りの授与)(2月3日)。
 聖歓喜天縁日(本堂参拝可)(毎月1日、16日)。


*非公開
*参考文献 『洛陽三十三所観音巡礼』『京都・山城寺院神社大事典』『おんなの史跡を歩く』『京都歴史案内』『文化財と遺跡を歩く 京都歴史散策ガイドブック』『京都大事典』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『秀吉の京をゆく』『新選組と幕末の京都』『京都ご利益徹底ガイド』


  関連・周辺     周辺宴の松原跡・豊楽院   関連         

十三重塔

【参照】境外の南西筋角に立つ「宴(えん)の松原」の石標(上京区七番町)。

より大きな地図で 京都幕末史跡 を表示
平安京オーバレイマップ
 福勝寺 〒602-8359 京都市上京区七番町323-1,出水通千本西入る北側   075-841-5818  9:00-17:00

より大きな地図で 福勝寺 を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp