清和院 (京都市上京区) 
Seiwa-in Temple
清和院 清和院
  Home   Home





「勅願所清和院」


「洛陽第三十三番」


本堂



本堂、扁額


本堂
 北野七本松一条に、清和院(せいわいん)は建つ。「一本寺」ともいう。いまは山門、本堂、庫裏が残されている。平安時代の第56代・清和天皇ゆかりの寺とされ、かつて隆盛を極めた。 
 真言宗智山派、本尊は地蔵菩薩。
 本堂脇壇の聖観音菩薩は、洛陽三十三所観音巡礼第33番札所、結願所。洛陽七観音の一つ。洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第13番札所、札所本尊は玉体等身地蔵。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、仁寿年間(851-854)、染殿第南(現在の京都御苑内東北、正親町の南、京極の西)に第55代・文徳天皇(在位850-858)が、染殿后(藤原明子)の請いにより仏心院を建立した。地蔵菩薩を安置したことに始まるという。
 876年、第56代・清和天皇は第57代・陽成天皇に譲位後、女御・染殿の南部分を御在所(後院)にした。清和院と改称され、皇子親王の住院と定めた。
 中世(鎌倉時代-室町時代)、室町通上長者町下る清和院町(上京区)に移る。
 鎌倉時代、1308年、1307年とも、勅令により再建され、寺院になる。この時、地蔵菩薩立像が安置された。
 室町時代、室町将軍足利氏歴代も深く帰依し、その保護を得て栄えた。清和天皇が清和源氏の祖であったことに因む。
 1425年、清和院地蔵堂の参詣について記されている。(『薩戒記』同年条)
 1467年、兵火により以後、衰微する。
 1492年、清和院地蔵堂の再建勧進が行われた。
 1531年、感応寺(上京区)の河崎観音堂が焼失し、本尊・観音菩薩が当院に遷される。(『山城名勝志』)
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、洛陽三十三観音の一つとして庶民の信仰を集めた。
 安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)、百万遍の北隣に移り、清和寺と称した。
 江戸時代、1661年、御所が炎上し、清和院も類焼した。(『京師巡覧集』)
 寛文年間(1661-1673)、玉体等身地蔵は第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場のひとつになる。
 後水尾院(第108代)の中宮・東福門院(1607-1678)により現在地に移る。
 明暦年間(1655-1658)、河崎観音堂を合併した。
◆文徳天皇 平安時代前期の第55代・文徳天皇(もんとく てんのう、827-858)。第54代・仁明天皇と藤原冬嗣の娘順子の子。842年、藤原良房による他氏排斥事件、承和の変により恒貞親王に代わり皇太子となる。850年、即位した。紀名虎の娘静子との間に生まれた第1皇子・惟喬親王の即位を望んだが、良房の娘明子の産んだ第4皇子・惟仁親王(のちの清和天皇)が生後8カ月で立太子する。清涼殿を解体し、深草の陵墓の傍らに移して嘉祥堂とし、清涼殿を新たに造営した。病がちで没した。田邑陵(右京区)に葬られた。
◆藤原明子 平安時代前期の女性・藤原明子(ふじわら の めいし、828-900)。藤原良房の娘、母は源潔姫(きよひめ)。第55代・文徳天皇女御。惟仁親王(第56代・清和天皇)、儀子内親王を産む。清和天皇即位により皇太夫人、従一位となる。のち皇太后、太皇太后。染殿后(そめどの の きさき)と呼ばれた。
清和天皇 平安時代前期の第56代・清和天皇(せいわ てんのう、850-881)。第55代・文徳天皇と藤原良房の娘明子の子。名は惟仁。水尾帝(水尾天皇)、水尾御門とも呼ばれた。850年、兄の3親王(惟喬、惟条、惟彦)を差し置いて生後8カ月で立皇太子となる。858年、9歳で即位し、後見した外祖父・藤原良房(804-872)が人臣(臣下)最初の摂政(正式には866年以降)となった。876年、27歳で譲位し、879年、出家、素真と称した。円覚寺で落飾し、清和院(平安左京北辺四坊)に移ったという。畿内巡幸の旅へ出て、天台宗の名刹・水尾山寺に入寺した。京都に戻り、良房の養子・藤原基経の粟田山荘(のち円覚寺)で没した。30歳。金戒光明寺裏山に火葬塚があり、経塚とされている。嵯峨水尾山に葬られた。後世、武門の棟梁となる清和源氏の始祖とされた。
仏像 本尊は「地蔵菩薩立像」(重文)(165cm)であり、鎌倉時代作になる。染殿皇后が天皇に造立を勧め、一演が、鞍馬寺・毘沙門天の余材により刻んだという。天皇の身の丈に等しく「玉体地蔵」、また「清和地蔵」とも呼ばれた。眼に仏舎利、胎内に宸筆法華経を納める。江戸時代、1661年、御所炎上に際して清和院も類焼した。後水尾院(第108代)中宮・東福門院により現在地移転にあたり、仏心院より本尊として遷された。右手は上げ中品中生印、左手は上げて宝珠を載せる。胸に截金の装飾がある。二重円光火焔形の珍しい光背を背負う。木造、等身大、玉願嵌入、截金文様、極彩色。
 「木造聖観音立像」(重文)(153.5㎝)は平安時代前期、9世紀後半作。室町時代、1531年、感応寺(上京区)の河崎観音堂が焼失し、当院に遷される。(「山城名勝志」)。本来は十一面観音像だったとみられる。空海作ともいい、一演(壱演)の念持仏だったともいう。頭に宝髻を結い、天冠台を戴く。額中央に後補の縦の第三眼がある。条帛、裙、天衣を懸ける。翻派式衣文。左手は曲げ持物を、右手は臂をわずかに曲げて下げ、掌を前に向けて第一、二指を捻ずる。右脚を小さく踏み出し、蓮華座に立つ。神奈川県の財団法人所有を経て、現在は九州国立博物館蔵になっている。木造、カヤの一木彫像、彩色、内刳はない。
◆感応寺 感応寺(かんのうじ)は、平安時代、貞観年中(859-877)、奈良・薬師寺の僧・一演(壱演)が一条末、鴨川西岸、上京区梶井町付近に建立したという。一条河崎観音寺とも呼ばれた。河崎観音堂として信仰を集めた。室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により延焼した。再興され、1531年にも焼失する。その後、清和院に合併されたという。感応寺は中世(室町時代)末に退転し、本尊・聖観音立像は清和院に遷された。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都歴史案内』『京都大事典』『仏像めぐりの旅 4 京都 洛中・東山』『京都を歩こう 洛陽三十三所観音巡礼』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『旧版 京のお地蔵さん』


  関連・周辺       周辺      関連京都御所(京都御苑)       

賓頭盧(びんづる)尊者

爪形天満宮

「白梅殿古跡 爪形天満宮」の石標、白梅殿は菅原氏累代の邸宅であり、菅原氏との関係があるのかもしれない。

爪形天満宮

爪形天満宮

爪形天満宮
地蔵尊

宝篋印塔
 清和院 〒602-8335 京都市上京区一観音町428-1,七本松通一条上る東側   075-461-4896
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp