大興寺 (京都市左京区)
Daiko-ji Temple
大興寺 大興寺 
  Home   Home

山門


「しばのやくし」の石標


「松本愚山先生墓」の石標



モクレン
 大興寺(だいこうじ)は、芝薬師(しばのやくし)、芝薬師堂(しばやくしどう)とも呼ばれている。仏師・運慶作という薬師如来坐像で知られる。応仁・文明の乱ゆかり地のひとつになる。現在は、山門、本堂のみが建つ。山号は霊芝山という。 
 臨済宗東福寺派、本尊は薬師如来。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 鎌倉時代、1196年、後鳥羽上皇(第82代)が女人禁制の比叡山延暦寺に代わり、薬師詣の宮中女人の便のために、四町四方の堂舎を上立売堀川西(上京区芝薬師町)に創建したことに始まるという。仏殿、法塔、僧堂、山門、鐘楼、方丈などが建てられた。天皇は仏師・運慶に命じ、延暦寺根本中堂の薬師仏坐像を模刻させ安置した。(「山城名勝志」「山州名跡志」)。女人中堂とも呼ばれ、宮中、庶民の信仰を集めた。当初は天台宗だった。
 1197年、鎮護国家の祈願寺として、後鳥羽上皇の勅願寺になる。その後、衰微する。
 南北朝時代、貞和年間(1345-1350)、足利尊氏は、元の関羽将軍像を得て、当寺の傍らに安置したという。さらに、荘園も寄せた。東福寺僧の潭月寂澄が中興し、天台宗より臨済宗の禅刹に改めた。
 第101代・称光天皇(在位1412-1428)の行幸がある。
 室町時代、1469年、応仁・文明の乱(1467-1477)で、山名宗全の本陣が敷かれる。東軍細川方の安富又次郎、西岡(にしのおか)の侍が宗全の陣所近くまで攻め込み、堂宇は焼失したという。
 安土・桃山時代、1573年、織田信長の上京焼討に際して焼失した。(『日本史』)
 1581年、天正年間(1573-1592)とも、京極今出川に移転し、東福門院の帰依を得た。また、第107代・後陽成天皇が京極今出川に造営したという。
 安土・桃山時代-江戸時代、豊臣秀吉、徳川代々の朱印を受ける。
 江戸時代、1672年、再興される。
 1675年、焼失する。
 1677年、第108代・後水尾上皇により再興される。
 1692年、京極大火により類焼した。
 1693年、幕命により、寺町今出川より現在地の浄土寺村の神楽岡東北菩提樹院旧跡に移る。(『山州名跡志』)
◆潭月寂澄 南北朝時代の臨済宗の僧・潭月寂澄(たんげつじゃくちょう、生没年不詳)。詳細不明。東福寺の聖一国師の法孫。大興寺の中興の祖。
◆松本愚山 江戸時代の儒者・松本愚山(まつもと ぐざん、1755-1834)。京都に生まれた。儒者・皆川淇園に学ぶ。大坂で講説した。著作に「愚山文稿」「藻語箋」など。大興寺に墓がある。
◆寺号 鎌倉時代、1196年に創建された大興寺寺号は、奈良・東大寺の「大」と興福寺の「興」より「大興寺」にされたともいう。
 1236年、九条道家により創建された東福寺も、東大寺と興福寺より一字ずつ採られ「東福寺」とされた。これは、「大」と「興」が既に大興寺により使われていたためともいう。
◆仏像・木像 本堂に安置の本尊・木造薬師如来坐像は、普段は厨子内に納められている。正式には薬師瑠璃光如来という。顔は柔和であり、衣、袈裟に鳳凰の浮文様が施されている。左手の掌に薬瓶を載せ、右手は施無畏印を結ぶ。光背に火焔の透し彫り、周囲に七仏薬師、神話的な鳥とされる迦陵頻迦(かりょうびんが)を配する。江戸時代には、芝薬師と称され、「名薬師」のひとつになっていた。像高4尺(1.2m)。
 本尊の両脇に四天王像が安置され、普段は御前立仏が立つ。
 十二神将像は鎌倉時代の仏師・運慶(?-1224)の作といわれる。それぞれが岩座に立つ。体中に経文が書かれているという。2010年、12体のうちの2体、巳神将、午神将の解体修理により、少なくともこの2体の仏師は院ようにより、鎌倉時代、1316年に開眼供養が行われていたことが判明した。
 関帝聖君像(関羽像)は、中国・北宋(960- 1127)より貿易船で伝来したものとされ、日本最古という。また、尊氏が元より取り寄せ、戦場での守護神にしていたともいう。玉座に坐し、両手を膝上に載せ構える。服に朱の彩色が残る。尊氏は一宇に像を安置しといい、かつては関帝廟に祀られていたともみられている。中国では商業、財力の神であり、商売の神として華僑に崇拝されている。また、当初は武神として崇敬され、寺院守護の伽藍神としても信仰された。作者、年代ともに不詳。「関帝」の扁額があり、「南宋武幹謹書」と刻まれているという。像高8寸(24.2㎝)。彩色木像、玉眼入。
 脇士は関羽の子の関平と関興(周倉)の立像による。彩色木像、玉眼嵌入。
 端正な顔立ちの十一面観音菩薩立像がある。芝薬師とも呼ばれている。
◆寄進・帰依者 寄進、帰依者に足利尊氏、豊臣秀吉、徳川家代々、尊氏の母・法心比丘尼(上杉清子、1270?-1343)、後鳥羽天皇の第1皇女・春華門院(昇子内親王、1195-1211)、後嵯峨天皇の第2皇女・延政門院(清浄智、1259-1332)、後水尾天皇中宮・東福門院(徳川和子、1607-1678)などがある。
◆墓 江戸時代の儒者・松本愚山の墓がある。


*境内、建物内の撮影禁止
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『拝観の手引』『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』「霊芝山大興禅寺」



  関連・周辺       周辺東北院      周辺真如堂(真正極楽寺)        周辺迎称寺       関連              
 大興寺 〒606-8414  京都市左京区浄土寺真如町15   075-761-8052
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp