長法寺 (長岡京市)
Chobo-ji Temple
長法寺 長法寺 
  Home  Home





本堂






慈母観音
 長法寺(ちょうぼうじ)は西山長法寺山の中腹にあり、境内に続く細い石段が付けられている。山号は清巌山(せいがんざん)という。開基とされる千観上人が境内の湧水より名付けた。泉はいまも涸れていない。 
 天台宗延暦寺派、本尊、札所本尊は十一面観音。
 京都洛西観音霊場(洛西三十三所観音霊場)第9番札所。 
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、延喜年間(901-923)、910年とも、千観上人により創建されたという。上人は諸国巡歴の途中にこの地に立ち寄った。夢告により一堂を建立する。祈雨の霊験により造営を加えたという。(寺伝)。最盛期には七堂伽藍が整い、坊舎も十二院を数えたという。
 962年、創建されたともいう。延暦寺・正覚院末寺になったという。(江戸時代の古文書「佐藤久夫家文書」)
 1344年、村名の「長法寺」が残る。(「寂照院仁王像内文書」)
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼亡したという。
 江戸時代、1705年、この頃、荒廃していたとみられる。(『山城名勝志』)
 現代、1978年、洛西観音霊場めぐりが再興される。
 1990年、現在の本堂、庫裏が再建された。工事の際に本堂下より平安時代の礎石建物遺構が発見された。
◆千観 平安時代の僧・千観(せんかん、918-?)。詳細不明。園城寺開祖智証大師の弟子、園城寺で修行した。箕面山で朝儀により大滝の傍らで祈雨し効験があったという。延喜年間(901-923)、長法寺を創建したという。
◆仏像 本尊の「十一面観音坐像」は室町時代後期作。
 「阿弥陀如来立像」は鎌倉時代作。
◆石造物 境内に「三重石塔」(市指定文化財)が立つ。鎌倉時代初期作で長岡京市内最古になる。千観供養塔ともいう。初重軸部はやや高い。屋根の軒反りも緩やかになっている。相輪は後補、高さ2m、花崗岩製。
 その隣に立つ「宝篋印塔」(市指定文化財)は南北朝時代作、かつて墓地内に立てられていた。相輪は後補、高さ1m、花崗岩製。
◆文化財 絹本著色「釈迦金棺出現図(しゃかきんかんしゅつげんず)」1幅(国宝)は、平安時代(11世紀後半-末)作という。かつて比叡山にあったという。室町時代、1571年の織田信長の比叡山焼討に際して、長法寺に移されたという。江戸時代には「涅槃図」と呼ばれた。その後、1956年まで当寺が所蔵した。数寄者・松永安左エ門(松永記念館)を経て、京都国立博物館に寄贈された。平安時代の仏画の二大傑作(ほかに高野山の涅槃図)の一つという。縦160.0cm、横229.5cm。
 釈迦が亡くなり金棺に横たえた時、天上より参じた母・摩耶夫人(まやぶにん)はその臨終に間に合わなかった。釈迦は神通力により復活し説法したその様を描く。光を放つ釈迦が中央に大きく描かれ、周囲に集った多くの人々が描き込まれている。左下に跪く母の姿がある。金棺の正面に供物を載せた卓、左手に仏衣を載せた机がある。典拠は『摩訶摩耶経』により、単独画面としては唯一の作例という。
 画法として着衣に片ぼかしや段暈(だんぐま、段暈し)、白の照暈(てりぐま、光を反射した白いハイライト)、着衣の輪郭に彩色線、仏衣や仏鉢などの輪郭に肥痩線(ひそうせん、細く、また太く描かれた線)、釈迦や摩耶の着衣は截金文様(きりかねもんよう、規則正しい幾何学文様)などの描法が使われている。
 長法寺には大正期(1912-1926)の模写「釈迦金棺出現図」がある。
◆遺構 1990年の本堂再建時に、3次の発掘調査が行われた。平安時代、9世紀-10世紀の建物礎石遺構が確認されている。平安時代の蓮華文軒丸瓦も見つかっている。最盛期には七堂伽藍が整い、坊舎も十二院を数えたという。遺構は坊舎の一部ともいう。
◆湧水 境内の西北隅に巌窟があり、いまも泉(朧泉)が湧き出している。「溺泉(おぼろのいずみ」「溺水(おぼろすい)」とも呼ばれる。閼伽井として用いられている。
 山号の清巌山(せいがんざん)は、開基の千観がこの湧水に因み名付けた。
◆年間行事 「釈迦金棺出現図」模本公開(3月14日-15日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『昭和京都名所図会 6 洛南』『京都おとくに歴史を歩く』『京都府の地名』『洛西三十三所観音霊場』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』


  関連・周辺観音寺(長岡京市)       関連・周辺光明寺(長岡京市)       周辺       関連                

石仏群

地蔵菩薩立像

湧水

三重塔

宝篋印塔

エノキ
 長法寺 〒617-0812 長岡京市長法寺谷田   075-951-9075
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光