西圓寺 (京都市南区)
Saien-ji Temple

 Home  Home


 久世、桂川の西、西圓寺(さいえんじ)は住宅地に小堂が建つ。山号は朝日山(あさひざん)という。 
 西山浄土宗、本尊は阿弥陀如来。札所本尊は十一面観音。
 京都洛西観音霊場(洛西三十三所観音霊場)第18番札所。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 江戸時代、当寺に寺子屋が開かれていた。
 1808年、焼失している。仏像は焼失を免れる。
 現代、1978年、廃れていた洛西三十三所観音霊場めぐりが再興される。
仏像 本尊は阿弥陀如来。札所本尊は左に十一面観音を安置する。江戸時代の火災の際にも焼失を免れている。
◆西寺 かつて一帯は農村地帯であり南北に川が流れていた。川を境に「ひがしんじょ」と「にしんじょ」に分かれ、互いに水争いが絶えなかったという。当寺は西に位置し西寺と呼ばれた。現在は用水路が流れている。
◆年間行事 観音講(毎月18日)。


*参考文献 『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『洛西三十三所観音霊場』


  関連・周辺万福寺       周辺       関連          
 西圓寺 〒601-8203 京都市南区久世築山町42  075-921-3831
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp