長恩寺 (京都市西京区)
Choon-ji Temple

  Home   Home






 上桂の住宅地にある長恩寺(ちょうおんじ)は、山号を霊鷲山(れいじゅざん)という。 
 西山浄土宗、本尊は千手観音立像。
 京都洛西観音霊場(洛西三十三所観音霊場)第26番札所。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 鎌倉時代前期、創建されたという。厄除、雷よけの観世音菩薩として信仰された。
 近代、1882年、近隣の尼寺の千光寺、念仏寺、光照庵の3寺が合併され、長恩寺となる。千光寺の本堂が残される。 
 現代、1978年、廃れていた洛西三十三所観音霊場めぐりが再興された。
◆霊元天皇 江戸時代前期の第112代・霊元天皇(れいげん てんのう、1654-1732)。第108代・後水尾天皇の第19皇子、母は園基音の娘国子(新広義門院)。1658年、親王宣下、1663年、即位。天皇が幼いため新主御用、近習番が補佐した。のちに院派の公家衆と天皇近習衆との対立が生じた。後水尾没後、近習衆による朝廷再編を目指し幕府と対立する。1687年、譲位後、院政をしくが、1690年、近衛基煕の関白就任後は朝幕協調に戻される。有職故実、宮中記録整備、霊元院歌壇を形成した。泉涌寺内の月輪陵 に葬られる。
◆按察使局 江戸時代の女性・按察使局(あぜち の つぼね、生没年不詳)。詳細不明。松尾の生まれという。霊元天皇の乳母になる。千光寺で出家したという。
◆本尊 本尊の「千手観音立像」は、かつて千光寺の本尊だった。厄除け、雷除けの観音として信仰を集める。像高2m。
◆霊元天皇と按察使局 観音堂内に、江戸時代前期の第112代・霊元天皇の位牌「霊元院皇帝尊儀」とその乳母・按察使局(あぜち の つぼね)の尼僧坐像が安置されている。按察使局は千光寺で出家したという。
 霊元天皇は、按察使局と恋に落ちたという。天皇が送ったという恋文が寺に所蔵されている。
◆千光寺 上桂村の千光寺は浄土宗で、皇室との関わりもあった。1882年、近隣の尼寺3寺の合併により廃寺になる。現在、長恩寺境内には、旧千光寺観音堂が残されている。
 かつて観音堂では「おこない」(5月4日)が行われていた。村人は牛王を受け、猪苗代の水口に立てる慣わしがあった。西国札所巡礼の観音講も存在していたという。(『京都古習志』)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『洛西三十三所観音霊場』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』

 
   関連・周辺観世寺       関連・周辺浄住寺      周辺       関連            

「光現院 千光寺」と残る。

本堂

本堂、「光現院」の扁額

千光寺観音堂、千手観音を安置する。

千光寺観音堂
長恩寺 〒615-8228 京都市西京区上桂西居町81   075-381-5417
   Home       Home   
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp