正伝寺 (京都市北区) 
Shoden-ji Temple
正伝寺 正伝寺
  Home   Home












八幡宮




シャクナゲ


スミレ








鐘楼




シャガ
 洛北上賀茂の地、五山送り火「舟形」のある船山(万燈籠山、妙見山)南麓の高台に正伝寺(しょうでんじ)はある。正式には正伝護国禅寺という。山号は吉祥山という。 
 臨済宗南禅寺派。本尊は釈迦如来。
歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 鎌倉時代、1260年、宋より来日した兀菴普寧(ごったん ふねい)禅師は、当初、一条今出川(上京区)の地に仏殿を創建した。自ら額を書し、山号寺号を「吉祥山正伝護国禅寺」としたという。(『雍州府志』)
 また、1268年、東巌慧安(とうがん えあん)が聖護院役僧・静成の帰依を受け、師・普寧を開山として一条今出川に創建したともいう。また、慧安が開山ともいう。
 1274年、1281年、モンゴルの来襲(元寇、文永の役、、弘安の役)に対し、慧安は「蒙古降伏祈願文」(1270年、1271年)を石清水八幡宮の八幡大菩薩に捧げ、国家安泰を祈願した。亀山上皇(第90代)はこれを賞し、寺号「吉祥山正伝護国禅寺」を贈る。
 また、1273年、普寧を引き継いだ弟子・慧安が、現在地に建立したともいう。寺名は兀菴書「正伝」に由来しているという。
 後に、東巌慧安らの声誉を羨む聖護院執事・寛朝僧正、比叡山衆徒らにより寺は破却された。
 1282年、賀茂の祠官・森経久が天台宗寺門派の寺跡の現在地に荘園を寄付し、諸堂、伽藍を造営し再興したという。
 鎌倉-南北朝時代、第96代・後醍醐天皇(1288-1339)の勅願所になる。
 南北朝時代、1340年、十刹に列し、室町幕府3代将軍・足利義満の祈願所になる。
 室町時代、1477年、足利義尚は、賀茂競馬見物の後、当寺で酒宴を催す。
 応仁・文明の乱(1467-1477)で焼失し、以後、荒廃した。
 安土・桃山時代
、豊臣秀吉(1536/1537-1598)により再建される。
 江戸時代、金地院祟伝(1569-1633)により再興される。正伝寺は大徳寺と寺領で争い、これを祟伝が調停し、以後、南禅寺派に属したという。
 1615年、徳川家康は朱印地を寄進し再興する。一時は塔頭7院があった。
 1653年、伏見城より寄進の方丈を、最岳元良(さいがく げんりょう)は金地院より移した。
 1789年、朱印高107石、末寺2、塔頭5を数えた。(「南禅寺末寺帳」)。その後、衰微した。
 近代、1868年以降、衰微する。
 1908年、正伝寺の塔頭・南陽院の名義を南禅寺に移す。
 1909年、南禅寺山内に南陽院が建立される。
 1935年、1934年とも、作庭家・重森三玲により方丈東庭が復原・修復された。
 現代、1980年、デヴィッド・ボウイのCM撮影が行われる。
◆兀庵普寧 鎌倉時代の臨済宗の僧・兀庵普寧(ごったん ふねい、1197-1276)。無準師範(ぶしゅん しばん)に師事。1260年、蘭渓道隆・円爾の招きにより南宋より来日、博多・聖福寺に入った。鎌倉幕府執権・北条時頼により鎌倉・建長寺2世となる。1265年、帰国、晩年は温州(浙江省)の江心山龍翔寺に住んだ。
◆東巌慧安 鎌倉時代中期の臨済宗の僧・東巌慧安(とうがん えあん/とうげん けいあん、1225-1277)。宏覚(こうかく)。播磨国に生まれた。書写山で出家後、天台教学、泉涌寺、後に臨済宗に改宗した。悟空、兀庵普寧などに師事する。1268年、モンゴルの来襲(元寇)に際して祈祷を行う。正伝寺を創建した。正伝寺の焼き討ち後、関東の大正念の寿福寺に賓客として迎えられた。奥州の大守平泰盛に招ぜられ、鎌倉和賀江の福光山聖海寺を開創した。
 モンゴルの来襲(元寇、1274年「文永の役」、1281年「弘安の役」)に対し、「蒙古降伏祈願文」(1270、1271、重要文化財)を、石清水八幡宮の八幡大菩薩に捧げ、国家安泰を祈願した。「祈願文」末尾には、「すえの世の すえの末まで 我国は よろずの国に すぐれたる国」の一首があり、太平洋戦争時、『愛国百人一首』として喧伝された。
◆最岳元良 江戸時代初期の臨済宗僧・最岳元良(さいがく げんりょう、?-1657)。以心崇伝の法嗣、南禅寺274世、南禅寺塔頭黄金院住持、諡号を正宗大興禅師。僧録職。
◆狩野山楽 安土・桃山時代-江戸時代初期の画家・狩野山楽(かのう さんらく、1559-1635)。近江に生まれた。父・木村永光は浅井長政の家臣。当初は長政に仕え、後に豊臣秀吉の近侍となる。秀吉の推挙で狩野永徳の門人となり、養子になり狩野氏を許された。1588年、秀吉の命により、病に倒れた師・永徳を継ぎ、東福寺法堂「蟠竜図天井画」(1881年焼失)の修復を完成させる。1594年、伏見城、1597年、再建の伏見城、1604年、大坂城の千畳敷大広間の障壁画にも参加した。1615年、豊臣家滅亡で大坂城を脱出し、男山八幡宮の社僧で山楽の弟子・松花堂昭乗のもとに身を隠した。恩赦により京都に帰る。2代将軍・徳川秀忠、3代将軍・家光に重用され、再建された四天王寺、大坂城本丸障壁画、妙心寺・天球院障壁画などにも加わる。代表作に正伝寺方丈、養源院の障壁画がある。
 泉涌寺に葬られた。山楽、山雪の子孫は京都に住み京狩野と呼ばれた。
◆デヴィッド・ボウイ 現代のミュージシャン・俳優・デヴィッド・ボウイ(David Bowie,1947- 2016)。David Robert Haywood Jones, イギリス生まれ。1967年、デビューアルバム『デヴィッド・ボウイ』を発表。1969年、アルバム『スペイス・オディティ』を制作。1972年、代表作アルバム『ジギー・スターダスト』を制作。2000年、イギリスの雑誌「NME」のアンケートで「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれた。2002年、「100人の偉大な英国人」の一人に選ばれる。2016年、死の2日前の誕生日に遺作アルバム『★(ブラックスター)』を発表する。1976年の映画『地球に落ちて来た男』、1983年の映画『戦場のメリークリスマス』などに俳優として出演した。
 知日派で知られ、1980年頃、京都市東山区に住んだという。1980年、正伝寺で広告の撮影も行われる。当寺を愛し度々訪れていたともいう。
◆霊巌寺 正伝寺の背後、船山南麓付近にはかつて、霊巌寺(れいがんじ)という寺があった。北斗星の本地、妙見菩薩を祀った。
 寺の登り口には、大岩が立ちはだかり、参詣者一人が這って抜けるほどの穴が穿たれていた。眼病を患った平安時代の第67代・三条天皇(976-1017)は、平癒祈願の行幸を計画する。だが、輿が通れないとして、寺僧らの反対があった。それでも岩を取り除くと、地の底から嘲笑する声が聴こえたという。行幸は取りやめになり、その後、寺は廃れたという。(『今昔物語』)
 五山送り火の「舟形」のある船山は、別名を妙見山ともいわれ、妙見の名のみが残る。また、中世まで妙見堂があったという。
◆仏像・木像 本堂内陣仏間の詞堂に本尊「釈迦牟尼仏」、「兀庵普寧像」、「東巌慧安の頂相」が安置されている。 
◆建築 「方丈」(重文) は、江戸時代、1653年、寛永年間(1624-1644)とも、伏見城の遺構、御成御殿(おなりごてん)を移築し本堂とした。1626年、大坂城への3代将軍・家光の御成の際に、仮御殿として使われた。その後、崇伝が金地院御成殿として拝領したが亡くなったため、最岳元良(さいがく げんりょう)により正伝寺に移されたという。双折両開の扉には落としがねがある。やや羽を開いた油蝉が止まる。鋳鉄製。6室あり、中央の室中(15畳、中央板間)、室中左右に10畳間、奥に仏間、仏間左右に6畳間(違棚、帖台、障壁画、襖に唐草・菊桐文の鍍金引手金具)。天井は折上小組天井。前面に1間の広縁付、背後に張り出し(南、西、東北一部に落縁を付している)、桁行3間、梁間4間、一重、入母屋造、杮(こけら)葺。
◆方丈・血天井 方丈広縁上の伏見城の遺構「血天井」は、落城の際のものという。
 安土・桃山時代、1600年、関ヶ原本戦の前哨戦だった伏見城の戦いで、攻城軍の総大将・宇喜多秀家、副将・小早川秀秋による4万の大軍に対して、城を守った総大将・鳥居元忠らはわずか1800人の兵だったという。鳥居ら380人は自刃して果てた。
 その際の血の海になった床が、その後、各所の寺の天井板に使われたという。正伝寺の天井板には、現在もなお、血潮でできた手形、足跡とされるものが残る。
◆文化財 方丈襖絵に、安土・桃山時代-江戸時代の狩野派の狩野山楽(1559-1635)筆とされる中国杭州西湖を描いた「淡彩山水図」がある。
 元時代の靖庵筆の絹本著色「兀庵和尚像」1幅(重文)、鎌倉時代の紙本墨書「東巌和尚蒙古降伏祈祷文(祈願書)」(重文)、「東巌和尚賜号勅書」。
 伝・李公麟(イ・ゴンニン)の「虎図」は、16世紀後半の画家になる。虎が座って右脚裏を舌で舐めている。背後に枯れ木がある。伊藤若冲は、1755年にほぼ同じ構図、色使いで絹本着色「虎図」(129.7×71㎝)として写した。ただ、目元、毛並みなどの表現に違いがあり、細い毛一本一本を「くまどり」の手法で描いている。
◆借景庭園 方丈東に枯山水式庭園がある。やや長方形の地割の方丈東庭は、白砂敷平庭であり「獅子の児(子)渡し庭園」ともいわれている。南禅寺本坊、龍安寺の「虎の児渡し」に比しているともいう。
 「虎の児渡し」とは、母虎が虎の子を連れて渓流を渡る姿に喩えて呼ばれる。中国の説話「癸辛雑識」に因る。虎は三匹の子を産むと必ず一匹の豹が混じる。この豹がほか虎の子を食うので、母は豹を避けるために、虎の子を背負って都合3往復半も渡河しなければならない。母虎は、1回目に豹を対岸に送り、母は豹を残し単身で一度戻る。一匹の虎の子を対岸に送り届けて、対岸の豹を背負い再び引き返す。今度は豹を残し、一匹の虎の子を対岸に送り、単身で引き返す。最後に豹の子を背負って対岸に届ける。母は7度河を行き来し、兄弟を食うという豹は3度母に背負われる。
 江戸時代初期、小堀遠州の作庭という。異説もある。1935年(1934年とも)、現代の作庭家・庭園研究家の重森三玲(1896-1974)により復原・修復されている。この時、明治期の石組が白砂部分にあり、後世の改修によるものとされ撤去された。
 現在は、一石も据えられない極めて珍しい禅院式庭園になる。手前の白砂、塀間近に配置された潅木の刈り込みと、東の遠景、比叡山の借景により構成されている。このように借景が庭園に取り入れられたのは、安土・桃山時代後期-江戸時代の作庭によるという。南より「七五三形式」の大刈り込みが配置され、南(右手)が一番高く緩やかな斜線を描く。「七」は、山茶花、姫山梔子、皐月、南天、青木、「五」は山茶花、皐月、「三」は皐月などの植栽による。ほかに姫榊、茶、藪柑子などが混植されている。東の比叡山より昇る月を愛で、「月の庭」との別称もある。
◆塔碑 正伝寺の瑞泉庵にかつて、小倉家塔、儒者・菅玄同(菅玄洞)の碑があったという。
◆花暦 蝋梅・南天(1-2月)、サクラ(4月)、サツキ(5月)、サルスベリ(9-11月)、紅葉(11月)、南天(12-2月)。
◆年間行事 中秋の名月(前後3日間は午後9時まで拝観)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都古社寺辞典』『京都大事典』『京都・山城寺院神社大事典』『旧版 古寺巡礼京都 12 南禅寺』『続・京都史跡事典』『昭和京都名所図会 3 洛北』『古都歩きの愉しみ』『重森三玲 庭園の全貌』 『重森三玲-永遠のモダンを求めつづけたアヴァンギャルド』『重森三玲 モダン枯山水』『京の古都から 30 金地院』『禅僧とめくる京都の名庭』『京都 四季の庭園』『京都の寺社505を歩く 上』『若冲への招待』『京都・美のこころ』『ふんわり京都』『京都歩きの愉しみ』


  円通寺      養源院      龍安寺      金地院〔南禅寺〕      南陽院〔南禅寺〕          

庫裏

方丈

方丈

方丈

土塀の奥に借景としての比叡山、サツキの植栽のみによる「七五三」の配置となっている。造庭当初は、一帯は森林地帯で借景はなかったともいう。


中秋の名月







手形、足跡らしきものが今も残る血天井

孟宗竹の竹林
 正伝寺 〒603-8847 京都市北区西賀茂北鎮守菴町72  075-491-3259  9:00-17:00

より大きな地図で 正伝寺 を表示
  Home     Home  

  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp