三宮神社 (京都市西京区川島) 
Sannomiya-jinja Shrine

  Home   Home




 西京区周辺に複数存在する三宮神社(さんのみやじんじゃ)のひとつで、境内には巨大なムクノキが植えられている。
  祭神は本社に鵜鵜草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)、末社・白山神社に白山姫大神(しらやまひめのおおかみ)、岩神大明神社に岩神大明神(いわかみだいみょうじん)を祀る。
 縁結び、安産、母乳の出、子育て、入学、就職、厄除け、延命、開運などの信仰を集める。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、800年頃(約1200年前)、現在の地を神域として祭神・鵜草葺不合尊を祀ったものという。以後、末社とともに地域の産土神になる。
 現代、1968年、社殿造営、境内の整備が始まる。
 1969年、整備が完了し、社殿が再建される。
◆力持石 境内に力持石が置かれている。団子石は五斗持75㎏の重さがあり、ほかに八斗持120㎏の石ある。
◆樹木 境内にムクノキの巨木が植えられている。ニレ科ムクノキ属の落葉高木で、高さ24m、幹周りが5m、樹齢は300年(数百年とも)以上という。
 トウオガタマ、クスノキがある。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、例祭・御当(1月16日)、例祭・御行(1月23日)、節分祭(2月節分の2日間)、春季例祭・神幸祭(5月第二日曜日)、八朔祭(9月1日)、御火焚祭(11月3日)、除夜祭(12月31日)。
 月次祭(毎月1日)。 


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 説明板、『京都 神社と寺院の森』


  関連・周辺      周辺      関連         

拝殿

拝所

拝所

本殿

本殿

白山神社、白山姫大神(しらやまひめのおおかみ)

岩神大明神社、岩神大明神(いわかみだいみょうじん)

手水舎

力持石、団子石

ムクノキの大木
 三宮神社 〒615-8193 京都市西京区川島玉頭町61 
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp