春日神社 (西京区桂巽町) 
Kasuga-jinja Temple

50音索引  Home 50音索引  Home


 桂巽町に春日神社(かすが じんじゃ)が祀られている。古代より氏神として、五穀豊饒、子孫繁栄、無事清明の信仰を集める。 
 祭神は天児屋根命(あめのこやねのみこと)、大山咋神(おおやまくいのかみ)、八幡大明神を祀る
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 古代(奈良時代-平安時代)、山背国葛野郡朝原村(現在の桂)の氏神として祀られた。(社伝)
 平安時代、桓武天皇皇女・朝原内親王が当社を参拝祈願 した可能性があるともいう。(社伝)
 近代、1912年、1906年の神社合併令後、村民40余人全員の寄進により神殿を再建した。村内3か所に鎮座していた轟宮社、三之宮社、春日社を合祀した。
 現代、1997年、社殿修復した。
◆朝原内親王
 奈良時代-平安時代前期の皇女・朝原内親王(あさはら ないしんのう/あしたはら ないしんのう、779-817) 。第50代・桓武天皇の皇女、母は酒人(さかひと)内親王。4歳で斎王に卜定、782年、伊勢斎宮、796年、斎王解任により京都に戻り、二品を叙される。異母兄・安殿親王(後の第51代・平城天皇)に嫁ぐ。806年、平城天皇の即位に伴い妃となる。810年、薬子の変で、平城上皇とは行動をともにしなかった。812年、妃の位を辞した。818年、遺言に従い所領地は東大寺に施入された。
 当社によると、内親王は、この地、朝原で生まれた。伊勢斎王を18歳で退下した後、内親王の御幸に際して、道筋にあたる当社に参拝祈願したともいう。
◆祭礼 祭礼は松尾大社神職司祭により執り行われている。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 当社案内板


  関連・周辺      周辺      関連       

本殿、拝所、玉垣

本殿

モチノキ
春日神社 〒 京都市西京区桂巽町39   
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp