西林寺 (木槿地蔵) (京都市上京区)
Sairin-ji Temple
西林寺 西林寺
  Home   Home







本堂


本堂内陣
 玄蕃町(げんばちょう)に、小堂のみが建つ西林寺(さいりんじ)はある。創建は平安時代ともいわれ、かつて大寺を誇ったという。
 木槿地蔵(もくげじぞう)とも呼ばれる。山号院号は羽休山飛行院(うきゅうさん ひぎょういん)という。 
 天台宗延暦寺派、本尊は地蔵菩薩(木槿地蔵、)を安置する。
 洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第19番札所、札所本尊は地蔵菩薩(木槿地蔵)。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 奈良時代-平安時代、延暦年間(781-806)、慶俊僧都がこの地に咲く木槿の中に勝軍地蔵尊を感得し、本尊として安置したという。第50代・桓武天皇の勅命により、王城火伏せの寺として創建されたともいう。かつては大寺だったという。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失する。
 江戸時代、寛文年間(1661-1673)、第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場のひとつになる。
 1788年、天明の大火により焼失する。
 1845年、現在の本堂が再建された。
◆慶俊 奈良時代-平安時代の僧・慶俊(けいしゅん/きょうしゅん、?-782~806)。河内国の渡来系氏族葛井(藤井)氏。出家後、大安寺に属し、入唐僧・道慈を師とし三輪、法相、華厳などを学ぶ。華厳講師、753年、第45代・聖武天皇の光明皇后の宮を寺院にした法華寺の大鎮になる。756年、聖武天皇没後律師に任じられた。764年、藤原仲麻呂政権崩壊により失脚した。その後、道鏡没落後、律師に復した。
◆木槿地蔵 かつての本尊は勝軍地蔵とされ、木槿地蔵(もくげじぞう)と呼ばれていた。飛鳥時代-奈良時代の伝説的な呪術者・役小角(634?- 701?)の作とされた。慶俊が愛宕山の天狗(太郎坊)の示現により感得し、木槿の草むらに見出したものという。また、寺が荒廃した際に、周囲に槿の垣が築かれたことに因むともいう。勝軍地蔵はその後の火災により焼失した。
 また、奈良時代-平安時代、延暦年間(781-806)、慶俊がこの地で朝露に乱れ咲く木槿の草むらに地蔵尊を感得した。それを安置し本尊にしたという。以後、木槿地蔵と呼ばれたともいう。
 現在の地蔵菩薩像は、蓮華座に坐し、左足を下げた半跏像であり、右手に錫状、左手に宝珠を載せている。
◆羽休山飛行院 山号は羽休山飛行院と称される。かつて、愛宕山の天狗(太郎坊)が都見物の際に、当寺の境内にあった松(天狗の松、魔王の松)で羽根を休ませたという。号はその伝承に因む。
 当寺は、現在でも修験道との関わりが深い。松はその後枯死した。
◆木槿 木槿(むくげ)はアオイ科の落葉低木で、インド、中国が原産国であり、日本には奈良時代に中国より渡来したという。
 中国語では木槿(ムーチン)と呼ばれ、これを音読みし木槿(もくきん)、また、木槿(むくげ)、木槿花(もくきんか)とも呼ばれた。一日花ともいわれ、唐代の詩人・白居易は「槿花一日の栄」と呼んだ。蓮に似ていることから蓮花(はちす)とも呼ばれ、仏花とされた。
 夏から秋にかけて花を付ける。薬用、鑑賞用に使われる。茶花にも用いられる。 
◆玄蕃町 玄蕃町(げんばちょう)の町名は、慶長年間(1596-1615)以降、この付近に徳川家家臣・松平玄蕃頭の邸があったことに因むという。
◆年間行事 節分会(2月3日)、採燈大護摩供(「幸せ善哉」が振舞われる。)(11月23日)、内護摩供(12月31日)。
 真言念誦行(もくげ会)(毎月23日、ただし1月、11月を除く)。
 

*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都市の地名』『旧版 京のお地蔵さん』『京都歴史案内』『昭和京都名所図会 5 洛中』


  関連・周辺      周辺      関連愛宕神社       
 西林寺 〒602-0018 京都市上京区玄蕃町46-1,上御霊前通室町西入る   075-431-1529
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp