西雲寺 (京都市上京区)
Saiun-ji Temple
西雲寺 西雲寺 
  Home   Home





「日本三体 安産地蔵尊」という木札が掛かる。
 北野天満宮の南、馬喰町(ばくろうちょう)に西雲寺(さいうんじ)はある。奈良時代-平安時代の空海(774-835)ゆかりという安産地蔵尊(星見地蔵)が安置されている。山号は万松山という。 
 天台宗真盛派、本尊は阿弥陀如来三尊。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 江戸時代、1665年、僧・海中が中興したという。
 寛永年間(1661-1673)、地蔵菩薩立像(星見地蔵)は、空海の生まれた阿波国より当寺に遷されたという。真言宗の僧・玄恵律師の手によるともいう。
◆空海の母 奈良時代-平安時代の空海の母(生没年不詳)。詳細不明。阿刀大足(あとのおおたり)の娘、また妹ともいう。名は玉依御前、阿古屋御前などともいう。
◆地蔵 本堂安置の地蔵菩薩立像は、星見地蔵、安産地蔵、歯痛止めの歯塚地蔵さんとも呼ばれた。逸話が残されている。
 空海の母・阿刀(あと)氏は、子が産まれず憂えていた。そのため、夜空に輝く明星に祈願し、17日間拝した。だが、満願の夜に、天は曇り星が見えなかった。やむなく一心に地蔵尊に念じた。どこからともなく一人の異僧が現れる。僧は天の方を指差して再び消えた。母は不審に思い天を仰ぐと、黒雲の中に明星が輝くのが見えた。
 その後、間もなくして懐妊した。774年に一人の男児を無事に出産した。その子の名こそ、後の空海だったという。後に空海は、母とともに地蔵尊を造立し安置したという。それが本像という。
 ただ、現在の地蔵尊は江戸時代作という。立像は顔を向かって右上に見上げている。あどけない表情で、あたかも星を仰ぎ見ているようであり、星見地蔵といわれた。左手に錫状を斜めに持っている。宝珠はなく、右手は下げ自らの袈裟の端を手繰っている。一木彫、像高60cm。
◆年間行事 妊娠5カ月に岩田帯授与、9カ月9日に御茶湯が授与される。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『新版 京のお地蔵さん』



  関連・周辺      周辺お別れ地蔵      周辺北野天満宮      関連        

本堂

本堂

賓頭盧(びんづる)尊者

鎮守社、稲荷社?

夫婦松
 西雲寺 〒602-8386 京都市上京区馬喰町920-1,御前通今小路下る  075-461-4856
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp