能化院 (京都府宇治市)
Noge-in Temple

   Home    Home



「不焼地蔵尊 能化院」




収蔵堂


境内南にある茶畑
 宇治の木幡(こはた)に能化院(のうげいん/のうけいん)は建つ。二度の兵火を免れたという不焼地蔵(やけんじぞう)で知られている。
 曹洞宗、宗仙寺(下京区)の末寺、本尊は地蔵菩薩坐像。 
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、802年、武官・坂上田村麻呂(758-811)が第50代・桓武天皇の勅許を得て創建したともいう。蝦夷征討で守護した多聞天の霊示により、多聞天像を安置したともいう。開山は法相宗の僧・延鎮(?-821?)ともいう。当初は他聞山(多聞山とも)観音院本願寺と称した。(寺伝)
 長保年間(999-1004)、998年とも、公卿・藤原道長(966-1027)が菩提寺になる浄妙寺建立のために木幡を訪れ、本願寺に宿泊した。道長は延暦寺横川の僧・恵心僧都(源信、942-1017)に命じて地蔵菩薩像を彫らせ中興したともいう。(寺伝)。恵心が開山ともいう。
 藤原道長の子・公卿の頼通(992-1074)の正室・隆姫女王(たかひめ じょおう、995-1087)が、地蔵尊に安産祈願したともいう。以来、安産・子安地蔵としても知られたという。(寺伝)
 1160年、後白河上皇(第77代)の近臣と源平対立が結びついた平治の乱の際に、前年、1159年、木幡一帯は武将・源義朝(1123-1160)によって全焼する。だが、地蔵菩薩像だけが救い出される。その後、第78代・二条天皇より不焼山能化院地蔵尊の号を贈られたともいう。(寺伝)
 鎌倉時代、1195年、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(1147-1199)により再興される。(寺伝)
 1221年、後鳥羽上皇(第82代)が鎌倉幕府討幕の挙兵をした承久の乱で、都へ攻めた北条軍により寺は火を放たれ全焼した。この際に地蔵尊は焼け残ったという。(寺伝)
 安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)末年、創建されたともいう。
 江戸時代、1629年、本堂、庫裏が再建された。
 1664年、曹洞宗宗仙寺4世・長訓により曹洞宗として再興される。(寺伝)。この時、地蔵尊が遷されたともみられている。
 現代、1956年、地蔵尊修造に際して「焼山能化院地蔵縁起」が発見される。
 1977年、収蔵庫が竣工する。
◆延鎮 奈良時代-平安時代前期の法相宗の僧・延鎮(えんちん、?-821?)。報恩に師事、その没後、大和・高野山真言宗の子島(嶋)寺を継いだ。778年、行叡(ぎょうえい)と出遭い、京都・乙輪(音羽)山に移る。798年、坂上田村麻呂が開いた清水寺の開祖となる。優婆塞(うばそく、仏教の在家信者の男子)の修行者とされる。
◆地蔵 収蔵堂安置の鎌倉時代作の「地蔵菩薩坐像」(重文)(270㎝/135.5㎝)は、「不焼地蔵(やけんじぞう)」と呼ばれている。半丈六の地蔵菩薩坐像は、右手に錫状、左手に宝珠を捧げる。腹部の下衣に結び目があり、腹帯に見えることから腹帯地蔵ともいう。円頭光の光背、木造、寄木造、半漆箔。
 ただ、伝承として平安時代の作ともいう。長保年間(999-1004)、藤原道長が浄妙寺建立のために木幡を訪れ、この地の本願寺に宿泊した。夢枕に多聞天が立ち、寺に地蔵菩薩を安置せよという。道長は延暦寺横川の僧・恵心僧都(源信、942-1017)に命じ、地蔵菩薩像を彫らせ中興したともいう。造立は983年ともいう。
 地蔵尊は、二つの兵火を免れたため不焼地蔵と呼ばれている。平安時代、1159年、平治の乱では木幡一帯は源義朝によって焼き払われた。だが、地蔵菩薩像だけが救い出される。また、地蔵尊は独りで森に向かい、兵火より避難して無事だったという。(「山州名跡志」巻15)。このため、「やけずの地蔵」「やけん地蔵」と呼ばれる。逸話を伝え聞いたという二条天皇より「不焼山能化院地蔵寺」の号を贈られたともいう。その後、鎌倉時代、1221年、承久の乱では、都へ攻めた北条軍により火を放たれ寺は全焼した。だが、この際にも地蔵尊は焼け残ったという。
 平安時代、公卿・藤原頼通の正室・隆姫女王(995-1087)、公卿・近衞基通(1160-1233)の正室・平完子(たいら の さだこ/かんし、生没年未詳)が地蔵尊に安産祈願したともいう。以来、安産・子安の地蔵としても知られる。
◆浄妙寺 木幡には藤原北家一門の墓所があった。ただ、藤原道長の頃には荒廃していたため、道長により一門の権威の象徴として浄妙寺が建立される。1004年に工事が始まり、翌年1005年に法華三昧堂が建立され、本尊・普賢菩薩が安置される。その後も伽藍建立が続く。1027年、道長の遺骨もこの地に葬られる。1192年に寺は藤原家の手を離れ、延慶年間(1308-1311)に焼失、南北朝時代に廃絶したという。
 1967年、能化院の北東、御蔵山西麓の「ジョウメン寺」(木幡小学校付近)より三昧堂跡とみられる遺構が確認された。
◆石 境内に、牛若丸(源義経、1159-1189)と母・常盤御前(1138-?)が腰掛けたという石もある。
 

*普段は非公開。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都府宇治郡誌』『宇治の歴史と文化』『日本地名大辞典 京都府 上』『新版 京のお地蔵さん』『京都府の地名』『仏像めぐりの旅 5 京都 洛北・洛西・洛南』



  関連・周辺浄妙寺跡(宇治市)      周辺      関連          
 能化院 〒611-0002 京都府宇治市木幡中村13  0774-31-5574  
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp