回向院 (京都市上京区)
Eko-in Temple

  Home   Home





「蘆雪の墓 当?寺内あり」の石標


本堂



本堂、「紫雲別房」の扁額
 東堅町の御前通に西面して回向院(えこういん)はある。江戸時代後期の画家・長沢芦雪とその養子・蘆洲の墓がある。山号は光明山という。
 黒谷浄土宗(浄土宗鎮西派)、本尊は阿弥陀如来。 
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 年代不詳、平安時代から鎌倉時代の浄土宗元祖・法然(1133-1212)の、説法教化の場として当初は黒谷(左京区)に創建されたという。紫雲別坊と呼ばれた。(寺伝)
 江戸時代、1612年、勧誉敬音が現在地に移す。この際に、山号を回向院と改める。(「蓮門精舎旧詞」)
 1675年、自失により焼失した。(「坊目誌」)
 1773年、自失により焼失している。(「坊目誌」)
 1782年、本堂が再建された。(「坊目誌」)
◆長沢芦雪 江戸時代の絵師・長沢芦雪(ながさわ ろせつ、1754-1799)。詳細不明。長澤蘆雪。丹波国篠山の人。父は篠山城主青山下野守、淀藩に出仕した上杉彦右衛門という。長沢家の養子。1778年以前、円山応挙の弟子になる。1782年、御幸町御池に住む。「平安人物志」に名が載る。1786年、応挙は紀州串本の無量寺落成に際し、芦雪を大抜擢し遣わした。芦雪は1年の間に当寺、周辺の寺に270点あまりの障壁画などを描く。寛政期(1789-1801)の内裏造営の障壁画を手掛ける。1798年、東山春秋展観では五寸(15.2cm)内に五百羅漢を描いた。応挙に3度にわたり破門されたともいう。串本で亡くなる。毒殺とも自殺ともいう。養子は長沢芦州という。
 芦雪の名は、朝、氷に閉ざされた魚が、夕方、氷が融けて泳いでいる姿を見て名付けたという。印譜も魚印を用いた。剣術、乗馬など多芸だった。無量寺(串本)に芦雪、応挙の作品が収蔵されている。画風は由奔放、奇抜、時にグロテスクで、曽我蕭白、伊藤若冲とともに「奇想派」と呼ばれた。代表作は「虎図」「龍図」(重文、1786)、伏見稲荷大社絵馬「繋馬図」(1796)などがある。
 墓は回向院にある。「南舟院澤誉長山蘆雪居士」と刻む。
◆長沢蘆洲 江戸時代後期の画家・長沢蘆洲(ながさわ ろしゅう、1767-1847)。丹波の人。長沢芦雪の養子。芦雪に学び、人物、花鳥を描く。
 墓は回向院にある。「松林院長誉鶴翁蘆洲居士」と刻む。
◆長沢芦鳳 長沢芦鳳(ながさわ ろほう、1804 -1871)。京都生まれ。長澤廬洲の子。父に絵を学ぶ。人物画、花鳥画などを描く。安政の御所造園で皇后常御殿に描く。晩年に四条派・塩川文麟主宰の如雲社に参加した。
 墓は回向院にある。
◆一宮長常 江戸時代中期の装剣金工・一宮長常(いちのみや ながつね、1721?-1787)。越前の生まれ。京都・保井高長に彫金、絵を石田幽汀に学ぶ。写生彫刻に秀でた。没後1788年位の越前大掾(えちぜんのだいじょう)を受ける。子に一宮長義。
 墓は回向院にある。
◆仏像 善導大師像、法然上人絵像、平安時代-鎌倉時代の運慶(?-1223)作という毘沙門、平安時代の定朝(?-1057)作という地蔵、摩耶夫人、悉達太子像などを安置したという。
 江戸時代、1628年、丹波国の海中より光を放ち現れたという如意輪観音を安置したという。(「浄家寺鑑」)。
◆文化財 本堂内陣天井(8畳)に描かれている龍は長沢芦雪の作ともいう。
◆墓 江戸時代の絵師・長沢芦雪、その養子・長沢芦州、孫・芦鳳の墓がある。
 装剣金工の一宮長常などの墓がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『京都大事典』『京都歴史案内』『京都隠れた史跡100選』『週刊 日本の美をめぐる 9 洗練の極致 光琳と琳派』


   関連・周辺      周辺万松寺      関連          

地蔵堂

地蔵堂、賓頭盧尊者
 回向院 〒602-8377 京都市上京区東竪町132,御前通一条下る東側   075-461-2302
   Home      Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp