金攫八幡宮 (八幡神社) (京都市北区) 
Kinkaku-hachimangu Shrine

  Home   Home


 衣笠の北大路通りに面して金攫八幡宮(きんかく  はちまんぐう)がある。かつて小北山(おぎたやま)八幡宮と呼ばれた。八幡神社、八幡宮とも呼ばれている。 
 祭神は応神天皇(おうじんてんのう)を祀る。延寿大神として信仰されている。
◆歴史年表 江戸時代、1685年、山城国石清水八幡宮より分霊される。以後、山城国葛野(かどの)郡衣笠村字小北山の産土神(うぶすながみ)として崇敬されてきた。
 現代、1967年、本殿が改修され、檜皮葺より銅葺に替えられる。
◆金 社号の金攫八幡宮の金攫とは一攫千金に通じる。駒札によるとかつて、社頭の付近に田圃があり、その間に「金賞の人家」?が散在していたという。
◆樹木 境内東側に「小金モチ/黄金モチの木」のクロガネモチが植えられている。常緑高木、春に淡い黄色の花が咲き、晩秋に赤い果実をつける。
 カゴノキがある。
◆年間行事 歳旦祭(新年祭)(1月1日)、節分祭(2月節分)、除蝗祭(虫送り)(7月23日)、豊穣祭(宝前)(9月15日)、例祭(秋祭、神幸祭)(10月23日直前の日曜日)、新嘗祭(12月23日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考資料 由緒駒札、『京都 神社と寺院の森』


  関連・周辺      周辺      関連石清水八幡宮(八幡市)         

拝所

本殿

本殿

本殿

稲荷社

稲荷社、倉稻魂命(うかのみたまのみこと)

稲荷社

稲荷社

手水舎
 金攫八幡宮 〒603-8364 京都市北区平野桜木町2-1
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp