実報寺 (京都市東山区) 
Jippo-ji Temple
実報寺  実報寺
50音索引  Home 50音索引  Home








 鳥辺山の広大な墓地の入り口に実報寺(じっぽうじ)は建つ。山号は多宝山という。日蓮宗の要法寺の墓守寺だった。 
 日蓮宗。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 室町時代、1445年、要法寺の開祖・日尊(1265-1345)の菩提所になった。日尊により創建されたともいう。
◆日尊 鎌倉時代-南北朝時代の日蓮宗の僧・日尊(にちぞん、1265-1345)。奥州に生まれた。幼少で天台僧として出家する。1283年、奥州三迫六町目の地頭所で日目(にちもく)に師事する。1284年、身延の日蓮本弟子6人のひとり日興に師事する。1290年、大石寺塔頭・久成坊を開く。1299年、重須談所(北山本門寺)で日興より破門され、後に赦されたという。
 諸国を遍歴し、36か寺を建立したという。京都に法華堂(後の要法寺)を開く。弟子に日尹、日大がある。
◆生田検校 江戸時代の箏曲家・生田検校(いくたけんぎょう、1656-1715)。詳細不明。生田流箏曲の始祖。1685年以前に勾当、1696年、検校となり生田検校幾一を名乗る。1705年以前に七老。八橋検校門下の北島検校城春に箏曲を学ぶ。生田流を名乗り、角爪の創始、新しい調弦法を生んだともいう。
 墓は2009年、立て替えられ、棹石正面に「妙法 興隆院信入日寶」と刻まれている。
◆川越衡山 江戸時代の医師・川越衡山(1758-1828)。京都の儒医・関海南の5男。中西深斎に古医方を学ぶ。霊鑑公主に仕え、1809年、典薬寮医師に補せられ、従六位上佐渡介に任せらる。1823年、従五位下佐渡守。『傷寒論脈証式』などを著わす。
◆紀東暉 江戸時代の画僧・紀東暉(きの とうき、1777-1839)。紀広成(きの ひろなり)。京都に生まれた。四条派の写生画家。呉春、松村月渓谷に付く。弟子に百々広年、沢渡精斎、中村春亭などがある。
◆幹山伝七 江戸時代末期-近代の陶工・幹山伝七(かんざん でんしち、1821-1890)。尾張・瀬戸に生まれた。加藤孝兵衛の3男。彦根藩の招きにより1857年-1862年、湖東焼で作陶する。慶応年間(1865-1868)、清水に丸窯による磁器製造を始める。1872年、京都府から「職業出精ノ者」として表彰、1875年、京都府勧業場御用掛に任命される。内外の博覧会で受賞した。西洋絵具、石炭窯による磁器焼成なども試みた。
◆お俊・伝兵衛 江戸時代、1738年(1734年とも)、釜座三条(釜座姉小路下ル)の呉服商・井筒屋伝兵衛(23歳)と、先斗町近江屋金七の抱え遊女・お俊(阿俊)(20歳)が、添えないために聖護院の森で心中したという。お俊の家は、東堀川通下立売下ル東にあったという。2人の墓は当初、要法寺にあった。聖護院の森はいまはなく、聖護院の東隣にある準堤堂に2人の墓(恋情塚)というものがある。
 事件は、近松門左衛門の人形浄瑠璃「近頃河原達引(ちかごろかわらのたてびき)」の題材になる。
◆鳥辺野 鳥辺野(とりべの)は、鳥部野、鳥戸野などとも記された。その区域は時代により変化しているが、現在は阿弥陀ヶ峰(鳥辺山)北麓の丘陵地帯を占めている。京都の三大葬送地(ほかに蓮台野、化野)の一つになっている。
 かつて鳥辺野は、愛宕郡鳥部郷阿弥陀ヶ峰麓、北、西、南に広がっていた。平安時代以来、無常所(葬送地)として拓かれた。『日本紀略』には、826年に淳和天皇皇太子恒世親王(805-826)の葬送が記され文献初例という。一条天皇皇后定子(977-1001)の鳥戸野御陵(今熊野泉山)があり、藤原詮子(962-1002)、藤原道長(966-1027)、親鸞(1173-1262)もこの地で荼毘に付されたという。10世紀(901-1000)末-11世紀(1000-1001)初頭、鳥辺野では僧による焚死(焼死)が行われた。安土・桃山時代、豊国廟造営の際に、鳥辺野一帯での火葬が禁じられる。さらに、大谷廟の創立により葬送地は北麓に移され、実報寺など各寺院の墓地が次々に造営されていった。
◆墓地 日尊、2世・日大、江戸時代の箏曲家・生田検校、画家・紀東暉、医者・川越衡山、陶工・乾山伝七の墓がある。(『京都名家墳墓録』)。ほかに医者・三浦宗甫(?-1765)の墓もあるという。
 妙法院門跡侍医・三宅家の墓がある。
 江戸時代、聖護院の森で心中したお俊・伝兵衛の墓と伝えられるものがある。江戸時代、1866年に立てられた。「妙法」「宗釈信士・妙秋信女」と刻まれている。
◆笠塔婆 日尊が生前に建立した逆修供養の石塔・「題目笠塔婆」(4m)が立つ。南北朝時代のもので、「南無妙法蓮華経」と題目六字が刻まれている。上より宝珠、請花、四注屋根、基礎(蓮弁、格狭間)からなり、笠塔婆は板碑の先駆けになった。笠石は後補による。南北朝時代、日蓮宗では法華題目「南無妙法蓮華経」を刻んだものが現れている。
 傍らに2世・日大の笠塔婆がある。南北朝時代作になる。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大知典』『京都市の地名』『増補版 京都の医史跡探訪』 『おんなの史跡を歩く』『京都府の歴史散歩 中』


  関連・周辺      周辺     関連要法寺     関連積善院〔聖護院〕         

山門

山門

山門

山門

本堂

本堂

本堂

開山本廟


題目笠塔婆

境内にある「鳥辺山墓地」

【参照】大谷墓地、奥上に清水寺がある。
 実報寺 〒605-0846 京都市東山区五条橋東6-588  075-561-3369
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp