花山神社 (京都市山科区) 
Kazan-jinja Shrine
花山神社 花山神社 
  Home   Home









拝殿


拝殿


拝殿


本殿



本殿の扁額「稲荷大明神」


木製鳥居、大石良雄の寄進という。


熊丸大明神社、祭神は熊丸大明神(くままるだいみょうじん)。



熊丸大明神社


末社・達光宮(たつこうのみや)、祭神は市杵島比売大神(いちきしまひめのおおかみ)、金山比古大神(かなやまひこのおおかみ)、金山比売大神(かなやまひめのおおかみ)、天目一筒大神(あめのまひとつのおおかみ)。社殿全体が円墳の上に建てられているという。
 下は社殿背後の石積、当宮は、本殿が祀られる以前よりこの地に祀られていたとみられている。
 山科の西南部、丘陵地にある花山神社(かざん じんじゃ)は、火神稲荷になる。「花山稲荷」、お稲荷さん」、古くは「西山稲荷」などとも呼ばれた。大石内蔵助ゆかりの神社としても知られ「大石稲荷」とも呼ばれた。 
 祭神は、穀物神の宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)、神大市比売大神(かむおおいちひめのおおかみ)、大土之御祖大神(おおつちのみおやのおおかみ)を祀る。神大市比売大神は、宇迦之御魂大神の母神で、「稲荷さん(伏見稲荷大社)のおふくろ神様」ともいわれる。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、903年、第60代・醍醐天皇の勅命により創建されたという。
 第65代・花山天皇(在位984‐986)が篤く崇敬し、花山神社と称されるようになったという。後に、花山院家(清華家)にも勧請され、宮中でも祀られたという。
 988年、第66代・一条天皇により社殿が再建された。
 1000年頃、伝説的な刀工・三条小鍛冶六郎宗近が当社に参籠し、当地の埴土(はにつち)で鞴(ふいご)を造り、名刀「小狐丸」を完成させたという。
 1174年、平清盛の嫡子・重盛が伏見稲荷大社に参詣した際に神託を受け、「朝日さす西の山端」の花山村に稲荷社を捜させた。その頃、当社境内が荒廃していたため、源太夫判官を普請奉行として南北300mの社地を定め社殿を復興したという。
 1183年、盗賊により放火され、社殿、文書などすべてを焼失したという。
 その後、この地は北に東海道、西に醍醐道が通じた要衝地であるため、城砦が築かれたともいう。
 年代不詳、元慶寺(花山寺)の辺に住んだ僧・覚栄という人が、宝殿一宇を建立したという。
 南北朝時代、貞和年中(1345-1349)、1340年頃とも、京都の一色六郎定員という人が勧進し、社殿を復興したという。
 室町時代、天文年間(1532-1555)、1532年頃以後、参詣者で賑わうようになる。
 江戸時代、元禄年間(1688-1704)、1700年頃とも、稲荷講が設立され、参詣で賑う。
 1701年、現在の本殿が大石内蔵助の義兄・進藤源四郎の寄進により建立された。
 1703年以前、赤穂藩家老・大石内蔵助が、討入前に当社近くに隠棲し、参詣した折に討入の大願成就を祈願したという。
 1787年、花山稲荷社(大石稲荷)として当社のことが記されている。(「拾遺都名所図会」)
 近代、1870年頃、勅命により村社になる。
 現代、1945年、戦後に一時寂れる。宗教法人花山稲荷神社として、京都府神社会(現在の神社本教)に属し再興する。
 2003年、鎮座1100年の式年大祭が執り行われる。鞘宮改修工事中に本殿内陣より江戸時代の棟札が見つかる。施主として浅野長矩家臣進藤源四郎俊弐(大石内蔵助義兄・進藤源四郎)の名が記されていた。
◆創建伝承 平安時代、903年、第60代・醍醐天皇は、山階の外祖父・宮道氏の館に行幸した。その時、この地に宿泊した。夜、天皇に霊夢があり、白髪、白鬚の老人が現れた。翁は、自らを宇迦之御魂と名乗り、この地に自らを祀ると末永く民と国土を護ると告げた。翁は、「跡たれて光やわらぐ西の山 人の願いを三つの社に」と神詠を繰り返して消えたという。天皇は神託に従い、勅命を下し、上中下の社殿を造営し、三祭神を勧請したという。
◆祭神 祭神の宇迦之御魂大神は稲荷大神、屋船大神ともされる。母神に神大市比売大神があり、かつて当社は、伏見稲荷大社の「元宮」「母宮」「奥宮」と呼ばれたともいう。伏見稲荷に見られる御塚(おつか)の始原も当社にあるともいう。
◆花山 当社は、古くは西山稲荷と呼ばれた。社号が「花山(かざん)」に改められたのは御神詠によるものとも、当社の崇敬篤かった花山(かざん)天皇に因むものとも、この付近の旧地名「南花山(みなみかさん)」によるものともいう。
◆花山天皇 平安時代中期の第65代天皇・花山天皇(かざん てんのう、968-1008)。第63代・冷泉天皇第1皇子、母は藤原懐子。969年、立太子。比叡山、熊野などで修行する。正暦年間(990‐995)帰京、東院(花山院)に住んだ。984年、円融天皇譲位後に17歳で即位。986年、寛和の変により右大臣・藤原兼家・道兼父子が退位を画策した。寵愛した身重の女御・忯子(よし子)が亡くなり、元慶寺で出家し入覚と称した。996年、花山法皇襲撃事件では、法皇が忯子の妹のもとに通う中、誤解が元で中関白家の内大臣・藤原伊周・隆家に矢で射られる。
 和歌に優れ「拾遺和歌集」を編した。建築、絵画、工芸、造園に造詣深かった。書写山、比叡山、熊野などの霊場を巡歴した。天皇の観音巡礼により西国三十三箇所巡礼が中興されたとの伝承が生まれる。墓所は紙屋上陵(北区)にある。花山院とも称された。
◆三条宗近 平安時代の伝説的な刀工・三条宗近(生さんじょう むねちか、没年不詳)。永延(987‐989)、京都三条に住していたという。三条小鍛冶と呼称された。能の「小鍛冶」中で白狐を相槌に太刀を鍛える。御物の宗近銘の太刀、三条銘の「三日月宗近」太刀が知られている。
◆大石良雄 江戸時代の播磨国赤穂藩の筆頭家老・大石良雄(おおいし よしお/よしたか、1659-1703)。通称を内蔵助。播磨国赤穂藩の重臣・権内良昭の子。父死後、祖父内蔵助良欽の家督を嗣ぐ。若くして家老職になる。山鹿素行に軍学、伊藤仁斎に漢学を学んだという。1701年、主君・浅野長矩(浅野内匠頭)が、江戸城松之大廊下において、高家(こうけ)・吉良上野介に対して刃傷事件を起こした。このため、浅野は即日切腹、浅野家はお家断絶、領地没収になる。吉良に咎めはなかった。
 城代家老大石は、1701年4月、赤穂城明渡し後、6月よりこの地、山科で隠棲し、翌1702年の10月まで旧赤穂藩士と連絡をとる。山科には、大石家の親族・進藤長之(近衛家家臣)の土地があり、その支援があった。
 旧赤穂藩内には、吉良へのあだ討ちを主張する急進派と、御家再興の穏健派の対立が起こる。その後、再興が絶望的になったため、1702年12月14日未明、大石を初めとして総勢47人の赤穂浪士は、本所吉良屋敷に討入る。1703年2月、大石以下46人は切腹を命じられ自刃した。
 当社には、大石のゆかりとされる遺物がある。本殿背後にある木製鳥居は大石が寄進したものという。本殿東の「断食石」といわれる大岩は、大石が上に座って断食し、仇討ちの策を練ったという。「血判石」は、同士の心底を試すために、石上で血判させたものという。 
◆建築 東面した拝殿の背後、鞘宮(覆屋)内に本殿が建てられている。2003年に本殿天井裏より棟札が発見された。「元禄十四年(1701年)二月十一日、施主浅野長矩家臣進藤源四郎俊弐」などと記されていた。これにより、現在の本殿は、大石内蔵助の義兄・進藤源四郎の寄進により建立されたものと判明した。なお、大石の討入はその後、1703年になる。
◆鳥居 左右の柱、貫の出のみが残された鳥居がある。笠木の部分はない。
◆小鍛冶伝承 平安時代、1000年頃、三条白川の辺りに住した鍛冶師の三条小鍛治宗近は、当社を篤く崇敬していたという。宗近は、花山大神に銘刀完成の祈願をした。まず、当社の粘土質を50%以上含む埴土(はにつち)で鞴(ふいご)を造った。
 その時、3人の童子が現れ、鍛造の相槌を打ち宗近を助けた。刀剣には炭素量の少ない軟質の心鉄(しんがね)を、炭素量の多い硬質の皮鉄(かわがね)で覆う必要がある。皮鉄には玉鋼(たまはがね)を用い、複数回、鉄を折り返すことで鍛錬する。童子たちの相槌の技は優れていた。剣が完成すると、三人の童子は姿を消す。
 宗近はこれも花山稲荷大神のご加護として、剣を「小狐丸」と名付けた。その後、作業場跡は稲荷塚と呼ばれ、諸国の刀鍛冶、金物師らが参詣したという。三条小鍛治宗近の伝承は各所に残る。 
◆稲荷塚 拝殿の北にある稲荷塚は、弥生時代後期の円墳遺跡といわれる。現在は、この古墳跡上に末社・達光宮(たつこうのみや)が祀られる形になっている。
 付近は中臣遺跡の北端部にあたるという。遺跡には、飛鳥時代の政治家・中臣鎌足(614-669)の陶原館(すえはらやかた)があったともいわれ、山科盆地の南部、栗栖野丘陵一帯に広がっている。
 当社の境内には環濠の跡も残されている。ただ、その後、遺跡は盗掘され、遺物はないという。当社の説明によると、塚には、製鉄(たたら)に関与した一族の長が葬られていた可能性もあるという。古くより、山科川沿いには、鉄の原料になる良質の砂鉄が産出していた。出雲系の技術が伝承されていた可能性があるという。鍛冶師・三条小鍛治宗近の伝承に象徴されるように、塚は稲作に必要不可欠な鉄製農機具の鍛治(製鉄)の神、ひいては五穀豊穣の神として崇敬されたともみられている。現在も続いている当社のお火焚き(11月)は、別名を「ふいご祭」といい、火焚串(護摩木)を鞴(ふいご)の形に似せ、筒状に井桁を組み上げ、焚口を開ける独特の様式になっている。
 達光宮に祀られている金山比古大神、金山比売大神は、金属・鍛冶精錬、また、鉱工業の守護神であり、さらに、天目一筒大神は「ふいご」の神として祀られ製鉄、鍛冶との関わりが深い。
◆末社 熊丸大明神社の祭神は熊丸大明神(くままるだいみょうじん)。
 四社の祭神は宇迦之御魂神幸魂(うかのみたまのかみさきのみたま)、久久之智大神(くくぬちのおおかみ)、草野比売大神(かやのひめのおおかみ)、埴山比売大神(はにやまひめのおおかみ)。
 達光宮(たつこうのみや)は市杵島比売大神、金山比古大神(かなやまひこのおおかみ)、金山比売大神(かなやまひめのおおかみ)、天目一箇大神(あめのまひとつのおおかみ)。
 水分社(みくまりのやしろ)に天之水分大神(あめのみくまりのおおかみ)、国之水分大神(くにのみくまりのおおかみ)を祀る。
◆花暦 境内、参道にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラ、シダレザクラ、ヤエベニシダレザクラなどが数多く植えられている。シダレザクラ(彼岸系)は、御所の種を、西野山のおゆきという人が実生させ、寄進した。このため、「おゆき桜」と呼ばれている。
 一本杉といわれる杉の大木がある。
お火焚き祭 当社は、古くより金物の神として知られた。お火焚き祭(ふいご祭)(11月)は、鍛冶師・三条小鍛冶宗近の故事に因む。火焚串(護摩木)を「ふいご」の形に積んで、神前灯明より移した火で焚かれる。
 最後に、火に投げ入れ焼けた蜜柑(橘)は、風邪封じ、中風除けの効験があるといわれている。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、小正月祭(どんど焼き)(伊勢太神楽佐々木金太夫社中御による獅子舞奉納、ぜんざいの振舞)(1月15日)、初午祭(五穀豊穣の祭り、名物の「竹ういろう」授与)(2月第1日曜か第2日曜日)、例祭(崇敬会大祭)(4月第2日曜日)、摂社・達光宮例祭(6月第3日曜日)、夏越大祓式(6月30日)、七夕祭(乞巧奠<きこうでん>)(8月)、火焚祭(ふいご祭、火焚串<護摩木>を鞴<ふいご>の形に積み上げ焚き上げる。)(11月第2日曜日)、年越大祓式(「道しるべのともし火」に点火、除夜祭)(12月31日)。
 月首祭(毎月1日)。


*年間行事・は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 当社サイト、『京都大事典』『京都大知典』『鳥居』『お稲荷さんの起源と信仰のすべて 稲荷大神』『稲荷信仰と宗教民俗』


   関連・周辺大石神社        関連・周辺宮道神社       関連・周辺岩屋寺(大石寺)       周辺       関連伏見稲荷大社       関連合槌稲荷明神      

達光宮

薬丸社

薬丸社

薬丸社

四社

四社

四社、祭神は宇迦之御魂神幸魂(うかのみたまのかみさきのみたま)、久久之智大神(くくぬちのおおかみ)、草野比売大神(かやのひめのおおかみ)、埴山比売大神(はにやまひめのおおかみ)の4柱。

御塚(おつか)、80柱あまりの塚が本殿の西、北など境内各所に祀られている。

御嶽山御塚(おんたけさんおつか)、御塚の一つで、祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)、少彦名大神(すくなびこなのおおかみ)。

大石良雄の遺物という大岩、この岩の上で断食したといい、断食石と呼ばれている。ただ、かつて背後の薮中にあり、さらに巨岩だったという。当社によると、もとは磐座だったともいう。近代、1887年の琵琶湖疏水工事の際に、田圃にあったものが爆破され、その一部を移したものともいう。
map 花山稲荷神社 〒607-8302 京都市山科区西野山欠の上町65   075-581-0329
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp