鳥居本八幡宮 (京都市右京区)
Toriimoto-hachimangu Shrine
鳥居本八幡宮 鳥居本八幡宮 
 Home  Home




 嵯峨鳥居本の鳥居本八幡宮(とりいもと はちまんぐう)は、仙翁寺山の山麓、森の中に建つ。
 祭神は、第15代・応神天皇(おうじん てんのう)を祀る。 
◆歴史年表 室町時代、1413年、室町幕府3代将軍・足利義満の母・紀良子が亡くなり、その志願により、仙翁寺跡に洪恩院(清凉寺南)の鎮守社として八幡宮を祀ったという。(『鳥居本八幡宮神社由緒略記』)。旧社殿は現在の境内の裏山にあったという。
 江戸時代、1682年、仙翁寺は絶え、畑山の霊社が祀られており、霊社は仙翁寺の鎮守八幡と記されている。(『雍州府志』)
 江戸時代、1712年、愛宕山一の鳥居東の道傍に小堂があると記されている。(『和漢三才図会』)
◆紀良子
 南北朝時代-室町時代の女性・紀良子(きの りょうし/きの よしこ、1336-1413)。石清水八幡宮検校善法寺通清の娘。室町幕府2代将軍足利義詮の側室。3代将軍・義満、満詮らを産む。従一位に叙せられた。鹿王院開祖・普明国師(春屋妙葩)に帰依、出家した。法号を洪恩院殿月海如光禅定尼。
◆洪恩院 洪恩院は室町幕府3代将軍・足利義満の母・紀良子(1336-1413)が、その住居「小河殿」を禅寺に改めたものという。紀良子の法号は洪恩院殿月海如光禅定尼という。
 寺は16世紀(1501-1600)前半に衰退し、金剛院内へ移る。12代将軍・足利義晴(1511-1550)の命により鹿王院内に移されたという。
◆五山送り火 当社では神仏習合期、仏式により法要が執り行われていたという。8月16日には、本社で紀良子生家である石清水八幡宮に送り火をしていた。それが五山送り火(8月16日)の鳥居形の送り火の起源であるともいう。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 案内板、『京都市の地名』『京都の地名検証』


   関連・周辺鳥居本       関連・周辺鹿王院      周辺護法堂弁財天         関連        

拝殿

本殿

本殿

稲荷社?、左に八房大明神

国分大明神

右より玉岡大明神、玉姫大明神、福魔?大明神、不明の石標。ほかに山肌に八嶋大明神、玉光大明神、白玉大明神などの石標が立つ。

水盤

クスのご神木
 鳥居本八幡宮 〒616-8431 京都市右京区嵯峨鳥居本一華表町 
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光