大枝神社 (京都市西京区)
Oe-jinja Shrine

 Home  Home




 山城と丹波を結ぶ旧山陰道に面した山裾に大枝神社(おおえ じんじゃ)がある。境内地は2反4畝16歩(736坪、2433㎡)の広さがある。沓掛町(くつかけちょう)の産土神として崇敬されてきた。
 祭神は高美計神(たかみけのかみ)、この地の先住民・大枝氏の祭祀神という。兒大國御魂神(ちごおおくにみたまのかみ)も祀るともいう。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、967年、乙訓郡大井(おとぐにごおり おおい)神社と記されている。(『延喜式』)。当初は、厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子、574-622)の幼児像が祀られていたという。そのため、千児(ちご)明神と呼ばれたといいう。
 その後、児子(兒子)神社は境内の東方(大枝塚原町)に移る。
 近代、1873年、村社になる。
◆大枝氏 かつて土師宿禰(はじのすくね)で江家(ごうけ)と呼ばれた。平安時代より文章道で仕える。790年に本主が地名の大枝に因み、大枝朝家臣の姓を贈られる。866年音人(おとんど)が大江に改めた。
 子孫に室町時代の北小路家、ほかに長井、那波、毛利などがある。
◆文化財 境内に、「享保八年(1723年)」の銘のある石灯籠が立つ。
◆古墳 境内に古墳時代後期の円墳が残されている。石室の天井石が露出している。直径11m。
◆安正寺 大枝神社の西隣に、かつて安正寺はあった。江戸時代、1615年に建立され、曹洞宗の寺院だった。小畑川の南にあり、大寺院だったという。
 大火により被災し、その後、荒廃した。現在、周辺に堂宇などは見当たらない。石碑、墓石がわずかにある。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、大礼祭(5月21日、21日の直前の日曜日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 大枝神社奉賛会の説明板、『京都・大枝の歴史と文化』『文化財と遺跡を歩く 京都歴史散策ガイドブック』


  関連・周辺児子(兒子)神社(西京区)     周辺     関連          

拝殿

本殿の覆屋

本殿

本殿

稲荷社

稲荷社

稲荷社、倉稲御魂神(うかのみたまのかみ)

八幡宮

天満宮

不動明王

不動明王

山の神社

神宮遥拝所、天照大神(あまてらすおおかみ)


神宮遥拝所

神宮遥拝所、古墳

【参照】境内西にあった安正寺跡

【参照】境内西にあった安正寺跡
 大枝神社 〒610-1106 京都市西京区大枝沓掛町7-52 

大枝神社 大きな地図で見る
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp