児子(兒子)神社 (京都市西京区)
Chigo-jinja Shrine

 Home


 大枝塚原町に児子(兒子)神社(ちご じんじゃ)はある。 
 祭神は兒大國御魂神(ちごおおくにみたまのかみ)を祀る。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 当初は、現在地の西方(大枝沓掛町、大枝神社)にあり、厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子、574-622)の幼児像が祀られていたともいう。そのため、千児(ちご)明神と呼ばれた。
 その後、児子(兒子)神社は現在地(大枝塚原町)に移される。
 江戸時代、1671年、境内地は7反5畝10歩(7471㎡)あり、末社4社が祀られていた。
 近代、1873年、村社になる。
◆茨田神社 この地は、茨田(うわた)神社跡ともいわれている。河川改修に功績があった茨田氏を祀ったともいう。平安時代、927年の『延喜式』神名帳「乙訓郡茨田神社」に比定されるともいうが、詳細は不明。
 この地、大枝(おおえ)がかつて宇波田(うわた)と呼ばれたため、茨田と関連付けられたともいう。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、例祭(5月20日に近い日曜日)。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 案内板


  関連・周辺大枝神社     周辺     関連    


拝殿
本殿の覆屋
本殿

稲荷社

稲荷社、倉稲御魂命(うかのみたまのみこと)

猿田彦神社

聖社
山神社(右)、水神社

クスノキの鎮守の森

近接している竹林
 児子神社 京都市西京区大枝塚原町 

児子神社 大きな地図で見る
  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp