正定院 (京都市右京区) 
Shojo-in Temple
 正定院  正定院 
  Home   Home



山門



山門
 嵯峨朝日町、三条通北の住宅地に正定院(しょうじょういん)はある。江戸時代後期の勤皇の材木商・福田理兵衛ゆかりの寺になっている。
 浄土宗。本尊は歯仏阿弥陀如来。
◆歴史年表 室町時代、天文年間(1532-1555)、称念を開基とし、下嵯峨川端村の材木商、大八木、福田家両家が建立した。 
 1853年、材木商・福田理兵衛は、下嵯峨材木町(現朝日町)の当院開山、称念300回忌遠忌法要施行に当り、開基「大八木、福田両氏夫妻」の木造と位牌を再調し寄進した。
◆称念 室町時代の浄土宗の僧・称念(1513-1554)。江戸に生まれた。号は三蓮社縁誉。江戸・増上寺で親誉、下総国飯沼・弘経寺の祖洞に師事した。江戸・天智庵を開創した。1548年知恩院祖廟の南隣に草庵を結び六時念仏を行う。信徒により堂舎が建てられ、念仏三昧の道場、一心院になる。47ほどの寺院を創立した。浄土宗捨世派の祖。  
◆福田理兵衛 江戸時代後期の勤皇の材木商・福田理兵衛(1863-1872)。嵯峨の材木商・福田三郎左衛門薫家(ただいえ)の長男。1863年天竜寺の用達になり、長州の依頼により、寺、民家の借用を交渉した。以後、長州藩の御用達になる。1864年蛤御門の変(禁門の変)で、父子ともに長州軍に加わる。戦に敗北すると妻子を残し長州に避難した。薩摩軍により家財道具は没収され、家は焼き払われたという。その後、萩・長州藩の士分になる。1868年王政復古後、京都に戻る矢先に亡くなる。理兵衛は、車折神社に葵忠社(きちゅうしゃ)として祀られている。正定院にも墓がある。
◆墓仏像 旧西福寺本堂の「阿弥陀像」は、正定院に遷されたともいう。
◆墓 幕末の勤皇家、福田理兵衛の墓がある。


*参考文献 『京都大事典』『京都大知典』


   関連・周辺      周辺     関連谷ヶ堂・延朗堂(最福寺・法華山寺旧跡)        

山門

本堂

地蔵堂

地蔵堂

天道大日如来、地蔵尊を安置する祠

より大きな地図で 京都幕末史跡 を表示
 正定院  〒616-8343 京都市右京区嵯峨朝日町7  075-861-2526 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光