千丈天満宮 (京都市西京区)
Senjo-temmangu Shrine

 Home


 大枝西長町の丘陵地に千丈天満宮(せんじょてんまんぐう)が建てられている。 
 祭神は本社に菅原道真公(すがわらのみちざねこう)、末社・天照大御神社に天照御大神(あまてらすおおみかみ)、末社・北野天満宮に菅原道真(すがわらのみちざね)を祀る。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 江戸時代、元禄年間(1688-1704)、この地、千丈新田の千代野に入った開拓団中の僧により、養雲庵、円澄庵が結ばれた。黄檗宗末寺・養雲庵の鎮守社として天満宮が祀られていた。
 1724年、北野天満宮の分霊を遷し創建されたともいう。
 近代、1868年以降、神仏分離令後の廃仏毀釈により、天満宮は廃社になる。
 1876年、村社に列せられ、千丈天満宮と称した。
◆建築 社殿は南面して建てられている。拝殿、拝所、本殿が棟続きに建つ。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、行い神事(1月7日)、節分祭(2月3日)、砂持ち寄り(2月25日)、例祭(村祭)(5月21日)、天神講(7月25日)、天神講(8月25日)、御火焚祭(12月8日)、除夜祭(12月31日)。
 月次祭(毎月1日、25日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 案内板、『大枝・大原野みどりの停留所をつなぐ』


   関連・周辺      周辺九社神社      周辺重保院      関連         

拝殿

拝所

本殿

本殿
天照大御神社、天照御大神(あまてらすおおみかみ)、
天照大御神社
北野天満宮、菅原道真(すがわらのみちざね)
北野天満宮

手水舎
手水盤
千丈天満宮  〒610-1151 京都市西京区大枝西長町3-79 

千丈天満宮 大きな地図で見る
  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp