九社神社 (京都市西京区)
Kusha-jinja Shrine

  Home


 山陰道(国道9号線)から南に折れる府道10号線より、さらに西へ山道を登りつめた山腹に九社神社(くしゃ じんじゃ)がある。 
境内付近からは富有柿の畑越しに京都市街地を全望することができる。
 祭神は火彦魂神(ほひこたまのかみ)、天手力男神(あめのたちからおのかみ)を祀る。大山祇神(おおやまづみのかみ)を祀るともいう。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 江戸時代、現在の社殿が建てられた。
◆社号 社号の九社神社とは、伊勢神宮の二社(内宮・天照大御神、外宮・豊受大御神)、松尾大社七社(本社、四大神、衣手、三宮、宗像、檪谷、月読)の九社を合わせ祀ったことに因むという。
建築 現在の社殿は江戸時代に建てられた。山の斜面を利用し東面してあり、石段上の境内に拝殿、その西に拝所と垣内の本殿は棟続きに建つ。
◆年間行事 例祭(5月20日前後)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・大枝の歴史と文化』『大枝・大原野みどりの停留所をつなぐ』


  関連・周辺      周辺千丈天満宮      周辺重保院      関連         

参道

拝殿

拝所

拝所、本殿

本殿


杉の大木

境内下よりの京都市内の眺望
九社神社 〒610-1151 京都市西京区大枝西長町21-26  

九社神社 大きな地図で見る
50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp