宝泉寺 (京都市右京区京北町) 
Hosen-ji Temple

50音索引  Home 50音索引  Home







本堂




大慈殿(阿弥陀堂)


大慈殿(阿弥陀堂)
 宝泉寺(ほうせんじ)は桜の名所として知られる。多くの経典、仏像を蔵する。山号は金華山という。
 古義真言宗御室派、本尊は、十一面観世音菩薩。
 北桑西国第27番霊場。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
  平安時代、1069年、開基は第71代・後三条天皇の時ともいう。願主は不詳。神護寺の塔頭・宝泉院を下熊田村に移し、山号は金華山としたという。
 1151年、泰親家の発願により「大般若経」が書写され、大和・真楽寺に納められる。
 南北朝時代、1356年、高雄山・神護寺の心蓮上人は、十一面観音菩薩を本尊とし、この地、下熊田村に宝泉寺を開基したともいう。病気平癒に霊験あり信仰を集めた。阿弥陀如来像は、下熊田村の西方にある天雅(あめわか)神社(祭神は天雅彦命、天津国魂命、下照比咩命)の境内に安置されたという。宝泉寺は、当社の神宮寺(別当寺)だったという。この頃、「五部大乗経」は神護寺宝泉寺の所有になっていた。(「辛櫃蓋裏の銘」)
 南北朝時代、「大般若経」は下熊田(天雅神社?)へ移される。
 室町時代、1533年、「大般若経」12巻が盗難に遭う。
 1560年、「五部大乗経」は、これまで下熊田・成願寺の所有になっていた。(「辛櫃蓋裏の銘」)。この時、宝泉寺に移された。
 江戸時代、1835年、「天雅神社に三間四方の阿弥陀堂あり」と、寺社奉行へ報告する。
 近代、1868年、神仏分離令により「大般若経」、阿弥陀如来坐像が宝泉寺に移る。
 1881年、 旧阿弥陀堂の棟札があり、この年に改修されている。
 1894 年、密厳寺が廃寺になり不動尊、仏具などが宝泉寺へ移された。
 現代、1996年、大慈殿(阿弥陀堂)完成した。
◆仏像 本尊は年代不詳の秘仏「十一面観世音坐像」になる。
 平安時代後期の木造「阿弥陀如来坐像」(京都市指定登録文化財)は、かつて天稚神社境内の阿弥陀堂安置されていた。近代、1868年の神仏分離に伴い当寺に遷された。「定朝」風、小粒の螺髪、やや伏目がちの相好、肩から腹部にかけての衣文はゆったりとし、膝の衣文も整う。
 平安時代の木造「ニ天王立像(多聞天・増長天)」2体。
 江戸時代の木造「不動明王坐像」、江戸時代の木造「弘法大師坐像」。
 「唐銅造誕生佛像」、「脇仏多聞天立像」、木造「地蔵菩薩坐像」など。 
 境内安置仏として、銅造「修行大師立像」、石造「子育水子地蔵尊立像」、「御丈」、「子安地蔵尊」、「無縁石仏群」など。
◆建築 本堂・庫裡、大慈殿(阿弥陀堂)、護摩堂(不動堂)、客殿・廊下、寺務所兼庫裡、宝蔵、子安地蔵堂、極楽橋。山門は木造、瓦葦、朱塗り。
◆文化財 平安時代-室町時代の「古写大般若経」534巻。南北朝時代の「古版五部大乗経」162巻。
 鎌倉時代の絹本著色「三蔵法師像」1幅、鎌倉時代の「弘法大師画像」1幅。
 室町時代中期、絹本著色「釈迦十六善神像」1幅(京都市指定登録文化財)。
◆桜 八重紅しだれ桜が植えられている。
◆年間行事 「年賀」(元旦に檀家戸主がお年玉を持ち、住職と年賀挨拶を交す。寺より蜜柑、のし昆布を渡す。客殿で、三種の肴の高膳に向い、新年を祝う。)(1月1日)、「荒神払」(檀家の竈の神を祀る三宝荒神に、新しい御幣を奉る。)(1月3日)、「七草粥」(春の七草粥を仏壇に供える。)(1月7日)、「正月初祈祷」(護摩堂の不動明王を本尊とした護摩祈祷会を行う。本堂では、大般若経の転読と加持祈祷も行う。)(1月15日)、「節分会」(星供札と節分の豆を参拝者に授与する。)(2月3日)、「涅般会」(涅般図を掲げ、菓子「はなくそ」を供え釈迦の徳を称える。)(3月15日)、「春の彼岸会」(3月彼岸日)、「さくらまつり」(四国八十八ヶ所霊場お砂ふみ巡拝、郷土食や野菜の販売も行う。)(4月17日-4月22日)、「潅仏会」(かんぶつえ、新月5月8日に釈尊の降誕を祝う花祭り。花で飾った御堂「花御堂」に釈迦誕生佛を安置し、新鮮な甘茶を注ぐ。季節の花を束ね、長い竹の先に結び、空高く天道に供え天地の恵みに感謝する。)(5月8日)、「青葉まつり」(弘法大師の誕生会。)(6月15日)、「四国八十八ヶ所お砂踏み」(本堂に特設された四国八十八ヶ所の寺を巡拝し、本四国八十八ヶ所の功徳を受ける。)(6月中旬)、「しょうぶまつり」(6月)、「虫送り」(土用の入の日、村中に侵入する害虫、疫病、災難などを防ぐ。祈祷札を竹笹の先端に結び付け、集落の出入口に立て住職が経を唱える。)(7月22日)、「お経くり」(土用入の日より3日目の朝に、大般若経の虫干しを行う。500年以上の歴史がある。主に禰宜が進行し、宝蔵より辛櫃が運び出され、本堂に並べられた経箱に風を入れる。午後、十六善神を本尊とし大般若経の転読、参詣者に加持祈祷を行う。)(7月26日)、「施餓鬼会」(先祖、一切万霊を供養する法会。組み立てた施餓鬼棚の四隅、正面に笹竹に結ばれた五色の幡を配し、無縁の精霊も供養する。供物を施餓鬼棚に供える。)(8月15日)、「地蔵盆」(水子供養会、子安地蔵盆)(8月23日)、「秋の彼岸会」(9月彼岸日)、「十夜の日待ち」(お供物、版木によるお守りが配られる。)(旧暦10月12日)、「斉米よせ」(収穫した新米を檀家から初穂として先祖にお供えする。)(12月15日頃)。 


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 当寺のウェブサイト、『京都府の地名』『京北町』『京都さくら散歩』


  関連・周辺     周辺     関連       

大慈殿(阿弥陀堂)、阿弥陀如来坐像(京都市文化財)
護摩堂(不動堂)
護摩堂(不動堂)、不動明王坐像

紅枝垂れ桜

紅枝垂れ桜
宝泉寺 〒601-0272 京都市右京区京北町下熊田町東旦15  075-852-0407   
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp