島原住吉神社・弁財天社 (京都市下京区)
Shimabara-sumiyosh-jinja Shrine
島原住吉神社・弁財天社 島原住吉神社・弁財天社 
50音索引  Home 50音索引  Home







拝殿
 島原の一角に島原住吉神社(しまばら すみよし じんじゃ)が南面して建つ。 
 祭神は本社に宇迦之魂命(うかのみたまのみこと)、表筒男命(おもてつつおのみこと)、中筒男命(なかつつおのみこと)、底筒男命(そこつつおのみこと)、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)を祀る。
 末社、幸天満社に菅原道真公(すがわらみちざねこう)を祀る。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 かつて、住吉屋太兵衛(島原中堂寺町)の自宅に住吉大明神として祀られていた。
 江戸時代、1732年、霊験あり、良縁のご利益があるとして参詣者で賑わう。島原の西北に遷座し、島原住吉神社として建立された。境内は広大で、南は道筋(島原中央東西道)、北は島原の北端までを有していた。以後、島原の鎮守神として崇敬され、例祭には島原太夫、芸妓らの練りものが行われた。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により廃社になる。祭神は歌舞練場内に遷された。
 1903年、船井郡本梅村から無格稲荷社の社格株を譲り受け、現在地に再興される。境内は狭まり、稲荷神社とされた。
 現代、1999年、社殿、拝殿が改修され、社務所も新築しされる。
 2001年、社名を念願の島原住吉神社に改めた。
◆弁才天社・大イチョウ 境内の北隣に、旧境内地があり、境内北端に植えられていた大イチョウがいまもある。近代、1868年、島原住吉神社の廃社後もご神木として残された。
 1903年に神社は再興される。1930年に大樹の根元に弁財天社が祀られた際に、大イチョウはご神木になる。樹高20m、幹回り3.5m、樹齢300年。 
◆幸天満宮 境内にある幸天満宮は、かつて揚屋町会所に天神の祠として祀られていた。江戸時代、1734年に現在地に遷された。
 筑紫の大宰府天満宮に倣った鷽替(うそかえ)神(1748)も、明治期(1868-1912)以降に廃れたという。
◆年間行事 元旦祭(1月1日)、幸天満社祭(梅花祭白梅・御茶献供)(1月25日)、初午祭(2月28日)、節分祭・豆撒き神事(2月節分)、夏越大祓式・人形祓い(6月30日)、例大祭(9月28日か前の日曜日)、火焚祭・火焚神事(11月28日)、大祓式・人形祓い(12月31日)。
 月次祭(毎月28日)


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考資料 島原伝統保存会の石碑より


  関連・周辺島原(旧花街)      関連・周辺角屋(島原)      周辺       関連         

拝殿

拝殿

本殿

本殿

本殿

本殿

末社、幸天満社

末社、幸天満社
弁 財 天 社

弁財天社

弁財天社

弁財天社

弁財天女、歳白龍王、美須龍王

不明

ご神木の大イチョウ
島原住吉神社・弁財天社 〒600-8829 京都市下京区西新屋敷下之町1-6 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光