永明院 〔東福寺〕 (京都市東山区)
Yomei-in Temple
永明院 永明院
50音索引  Home 50音索引  Home



山門


山門







 東福寺境内の南、山を背にし、長い白壁の内に東福寺塔頭、永明院(ようめいいん)はある。美仏の釈迦如来坐像を安置している。 
 臨済宗東福寺派大本山。本尊は釈迦如来。
◆歴史年表 鎌倉時代、1279年、東福寺6世・蔵山順空(円鑑禅師)の開基による。
 1307年、蔵山順空は永明庵に退居した。
 南北朝時代、1362年、浄如禅尼は藤原俊成の菩提を弔うために、九条家の月見殿(月輪殿?)を寄付し堂宇にした。永代供養のために、山林田畑3町(327m、13町歩とも)四方を施入する。(「坊目誌」)
 室町時代、1414年、足利義持は、永明院の境内を割き、境内南に東福寺塔頭・南明院を建立した。
 1445年、焼失する。
 1451年、再建された。
 近代、1868年以降、荒廃する。
 現代、1983年、現在の本堂が再建される。
◆蔵山順空 鎌倉時代の臨済宗の僧・蔵山順空(ぞうざん じゅんくう、1233-1308)。九州に向かう船中で生まれたという。幼くして肥前・万寿寺の神子栄尊により出家、後に円爾、鎌倉の蘭渓道隆に付く。1262年北条時頼の勧めにより入宋した。帰国後、久池井の地頭職・国分忠俊に請われ、1273年尊光寺院主、肥前に高城寺を開く。1300年東福寺6世、1307年永明庵を興し退居した。宋朝風の純粋禅を勧めた。
 聖一派下の永明院派の祖。門派に大道一以、固山一きょう、画人・吉山明兆(南明院2世)など。当院南に墓がある。諡号は円鑑(えんかん)禅師。
◆浄如禅尼 鎌倉時代の尼僧・浄如禅尼(じょうにょ ぜんに、生没年不詳)。詳細不明。冷泉家の出身という。藤原俊成の娘ともいう。当院南に墓があり、五輪塔が立つ。
◆藤原俊成 平安時代-鎌倉時代の歌人・藤原俊成(ふじわら の としなり、1114-1204)。詳細不明。父は権中納言・藤原俊忠、母は伊予守藤原敦家の娘。子に定家。10歳で父に死別、葉室顕頼の養子、後に本家に戻る。官吏・歌人の藤原為忠の催しに参加、公家・歌人の藤原基俊の門弟になる。1150年崇徳上皇主催の「久安百首」の作者、1166年「中宮亮重家朝臣家歌合」などの歌合判者を務めた。公卿・九条兼実の歌道師範。『千載和歌集』(1188)選者、歌論書『古来風躰抄』(1197)など。
 邸宅が五条通にあったとされ、五条三位とも呼ばれた。当院南に墓とされる五輪塔がある。
◆大道一以 鎌倉時代の臨済宗の僧・大道一以(だいどう いちい、1292-1370)。出雲に生まれた。建長寺の約翁徳倹、南禅寺の規庵祖円、一山一寧、東福寺の南山士雲、乾峰士曇などに付く、蔵山順空の法を嗣ぎ、永明院に住した。淡路の太守細川師に招かれ安国寺を開く。その後、東福寺28世、南禅寺32世。臨済宗聖一派。
◆仏像・木像 祠堂安置の「釈迦如来坐像」(重文)(53.5㎝)は、像底の銘により鎌倉時代、「元亨四年(1324年)」、仏師「西園寺大仏師法院性慶(性慶)」による。美仏であり、宝冠を被り、細く曲線を描いた整った眉、切れ長の目、形よく通った鼻筋、引き締まった唇をする。結跏趺坐、法界定印を結ぶ。木造、彩色、玉眼、截金文様。
 像内納入品には「般若心経」390部1巻、「般若心経」360部1巻、「勧進奉加帳」1巻、「正観音印仏」1巻があり、京都国立博物館寄託。
 祠堂安置の「円鑑禅師坐像」(重文)(70.3㎝)は、像内に鎌倉時代、「延慶二年(1309年)」の奥書ある法華経が納められていた。木造、彩色、金泥、玉眼、截金文様。像内に「法華経」8巻、「法華経(四部)」32巻、「法華経四用品・般若心経」など5巻、「法華経陀羅尼」8巻、「華厳経」10巻、「毘沙門天印仏」1巻などが納められていた。像内納入品は京都国立博物館寄託。
 祠堂に南北朝時代作の大道和尚坐像(重文)(74.8㎝)を安置する。木心塑像。
◆建築 開山堂は江戸時代に建立された。1979年に改築されている。
◆文化財 室町時代、明兆筆の絹本著色「円鑑禅師像」(重文)、京都国立博物館寄託。
 南北朝時代、「大道一以墨蹟」四巻(重文)。
◆墓 開山堂の円鑑禅師(蔵山順空)像の下、地中に80㎝四方の石室が見つかっている。大道一以の碑があった。固山一きょうの墓も見つかっている。
 境内の南西境外の南明院山に「藤原俊成卿墓」といわれる墓所がある。墓地内に塀の囲いがあり、東に業仲明紹が眠る。北に大小2基の五輪石塔が立ち、右手(東)は藤原俊成(五條三位俊成卿)、左は娘・浄如禅尼の墓といわれている。自然石の一つは吉山明兆(明兆、東福寺兆殿司)の墓とされる。
 墓所は「俊成卿・俊成卿女墓」とも呼ばれていた。墓地はかつて法性寺の境内であり、永明院境内を経て、南明院に移ったという。また、浄如禅尼の墓は俊成の母の墓ともいわれていたという。(「都林泉名勝図会」)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『旧版 古寺巡礼 京都 18 東福寺』『京都の禅寺散歩』『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『仏像めぐりの旅 4 京都 洛中・東山』


   関連・周辺東福寺      関連・周辺光明院〔東福寺〕      関連・周辺南明院〔東福寺〕      周辺    関連          
藤原俊成卿墓

墓所入口に立つ「五條三位俊成卿 兆殿司 参道」の石標

「夜泣地蔵尊 参道」の石標

「五條三位俊成卿 兆殿司 墓」の石標

業仲明紹の墓

吉山明兆(明兆、東福寺兆殿司)の墓

藤原俊成(五條三位俊成卿)の墓

東浄如禅尼の墓

不明
夜泣地蔵尊の祠、墓所内の入り口北に安置されている。
夜泣地蔵尊
永明院 〒605-0981 京都市東山区本町15丁目810   075-551-1295

より大きな地図で 永明院・南明院・藤原俊成墓 を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp