南明院 〔東福寺〕 (京都市東山区) 
Namme-in Temple
南明院 南明院
50音索引  Home 50音索引  Home



「凌雲山 南明禅院」


「徳川家康公正室 旭姫 墓 在院」




 東福寺の最南端に位置する塔頭の南明院(なんめいいん)は、境内から西の方向に京都市街を望むことができる。南明禅院とも呼ばれる。山号は凌雲山という。 
 臨済宗東福寺派大本山。本尊は釈迦如来。
◆歴史年表 室町時代、1414年、室町幕府 4代将軍・足利義持が、東福寺111世・業仲明紹(ぎょうちゅう めいしょう)を開基として創建した。塔頭・永明院境内を割って境内とし、以後、菩提寺になる。足利義持の創建による五条・保寧寺(ほねいじ)を移したものともいう。
 年代不詳、2世に画僧・吉山明兆(1352-1431)が任じられる。
 安土・桃山時代、1590年、聚楽第で没した徳川家康正室・旭姫(駿河御前)が葬られる。以後、香華院(菩提寺)として、寺領50石を寄進される。住持の登城に際して、時服(給与)が贈られた。
 1598年まで、時服が贈られる。
 江戸時代、1697年、幕府は、当院を修造し、仏具領として黄金200両を寄進した。本堂、庫裏、客殿、書院、方丈が建てられる。
 近代、1917年、全焼する。その後、本堂が再建された。
 現代、1977年、庫裏が再建された。
◆足利義持 室町幕府第4代将軍・足利義持(あしかが よしもち、1386-1428)。3代将軍・義満の嫡子。1394年9歳で将軍になり、1406年、権大納言兼右大将に上るが、父・義満の傀儡であり、その後、反目する。1408年、父没後、親政を始めた。1412年、北朝の称光天皇を擁立する。1423年、将軍職を嫡子義量に譲り、実権は握り続け「室町殿」と称された。嫡子がなく、前代未聞のくじ(神判)による跡目決定になり、6代には同母弟の義教(1394-1441)が選ばれた。
◆業仲明紹 室町時代の臨済宗の僧・業仲明紹(ぎょうちゅう めいしょう/みょうしょう、生没年不詳)。詳細不明。東福寺111世。1414年、南明院を開く。
◆吉山明兆 南北朝時代-室町時代の画僧・吉山明兆(きちざん みんちょう、1352-1431)。明兆。淡路に生まれる。大道一以に師事し、東福寺に入る。北宋の李竜眠から画法を学び、初の寺院専属の画家になる。第4代将軍・足利義持からも愛される。仏殿管理をする殿司(でんす)職を務め、兆殿司と呼ばれた。東福寺に仏画、頂相などを多数を残す。作品に「五百羅漢図」「大涅槃図」など。
 明兆以後、東福寺は他寺の禅宗系仏画も請負い、その中心的存在になる。
◆朝日姫 室町時代-安土・桃山時代の女性・朝日姫(あさひひめ、1543-1590)。旭、駿河御前。父は竹阿弥、母は大政所。名は旭、末津ともいう。豊臣秀吉の異父妹、同父妹ともいう。当初は尾張国の農夫(後の佐治日向守、副田甚兵衛吉成とも)に嫁ぐ。夫は後に秀吉により武士に取り立てられたという。1586年、秀吉により強制的に夫と離縁させられ、家康の継室として嫁がされた。1584年、秀吉は家康と小牧・長久手で戦うが、家康が従わなかったために政略結婚により打開しようとした。1588年、母・大政所の病見舞いを理由に駿府より上洛し、以後、聚楽第に住んだともいう。晩年、精神を病み母に看取られ病没した。法名は南明院殿光室宗王大禅尼。
 墓所は東福寺・南明院、瑞龍寺(静岡市)に供養塔がある。
◆墓 境内に旭姫の墓がある。徳川家康、秀忠、家光の歴代将軍家が上洛する度に墓参をしたという。
 方丈(本堂)に、徳川家歴代の位牌が安置されている。
 境内の南、南明院山にも墓地があり、「藤原俊成卿墓」といわれている。塀の囲いがありその中に、東に業仲明紹、北に大小2基の五輪石塔が立ち、右手(東)が藤原俊成(五條三位俊成卿)、左に娘・浄如禅尼、南の自然石は吉山明兆(明兆、東福寺兆殿司)の墓とされている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『旧版 古寺巡礼 京都 18 東福寺』『京都の禅寺散歩』『京都・山城寺院神社大事典』『京都府の歴史散歩 上』『京都大事典』『秀吉の京をゆく』


  関連・周辺東福寺     関連・周辺永明院〔東福寺〕      周辺      関連        

参道

業仲明紹の墓

吉山明兆(明兆、東福寺兆殿司)の墓。

藤原俊成(五條三位俊成卿)の墓

東浄如禅尼の墓
南明院 〒605-0981 京都市東山区本町15-811 075-541-1776  

より大きな地図で 永明院・南明院・藤原俊成墓 を表示
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp