蟠桃院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Hanto-in Temple

50音索引   Home 50音索引   Home













 妙心寺境内の北部に塔頭・蟠桃院(はんとういん)がある。
 臨済宗妙心寺派。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1601年、武将・前田玄以は、一宙東黙を開山として蟠桃院を創建した。
. 1602年、前田玄以は亡くなり、当院に葬られる。以後、2世・雲居希膺が引き継ぐ。玄以の女婿で武将・堀尾忠氏、武将・稲葉貞通が外護する。武将・伊達政宗も当院の檀越になる。
◆一宙東黙 安土・桃山時代の僧・一宙東黙(いっちゅう とうもく、生没年不詳)。詳細不明。本源自性禅師。稲葉一鉄(良通)の子。利休七哲の一人・牧村利貞(稲葉重通の子)の弟。東海派下独秀(どくしゅう)門派の柏堂景森(はくどう けいしん)に参じ、その嗣・虚庵慧洪(きあん えこう)を嗣ぐ。妙心寺79世。1583年、妙心寺・雑華院、1601年、蟠桃院を創建。弟子に夬室智文(かいしつ ちもん)。
◆前田玄以 安土・桃山時代の武将・前田玄以(まえだ げんい、1539-1602)。美濃の人。前田基光の子。比叡山で出家、尾張・小松寺の僧。織田信長臣下、1579年、信長の命で嫡子・信忠の家臣になる。1582年、本能寺の変で信忠が自害、その嫡男・三法師(秀信)とともに岐阜に逃れ保護した。1583年、信忠の弟・信雄より京都奉行に任じられる。以後、1600年まで17年間在職した。1584年、豊臣秀吉に仕え、その信厚く、1585年丹波亀山5万石を給される。1588年、第107代・後陽成天皇の聚楽第行幸で奉行、寺社奉行で当初はキリシタンを弾圧した。1598年、豊臣政権下五奉行の1人に任じられた。同年秀吉没後、徳川家康と石田三成の対立では三成方に属したが、1600年、関ヶ原の戦は大坂城におり参戦しなかった。戦後、金剛寺(河内長野)に謹慎、家康に許され丹波亀山の本領安堵、初代藩主になる。
 墓は蟠桃院にある。法名は「徳善院殿天涼以公大居士」。
◆雲居希庸 安土・桃山時代-江戸時代の臨済宗の僧・雲居希膺(うんご きよう、1582-1659)。慈光不昧禅師。大悲円満国師。伊予国上三谷の人。東福寺・永明院を経て、妙心寺・蟠桃院の一宙東黙に学ぶ。蟠桃院で出家中の武将・塙直之に出会い、1614年、大坂冬の陣に加わり捕えられる。赦免後、妙心寺に戻り一宙の法を嗣ぐ。蟠桃院の檀越に伊達家を迎える。若狭小浜、摂津勝尾山に隠棲、後水尾上皇(第108代)の帰依を受ける。1636年、伊達政宗の子・忠宗の外護により、松島・瑞巌寺の中興開山になる。1645年、妙心寺153世。
伊達政宗 室町時代-江戸時代の武将・伊達政宗(だて まさむね、1567-1636)。出羽国の人。伊達家16代当主・輝宗の子。幼くして、疱瘡により右目を失明し、後に「独眼竜政宗」とも呼ばれた。1584年、家督を相続し、17代当主となる。1589年、磐梯山麓・摺上原戦、1593年、朝鮮侵攻の文禄の役で、晋州城を落すなど数々の戦に参戦した。なお、この出陣上洛の際、伊達軍の戦装束は絢爛豪華としたものであり、都人は驚嘆し、以後、派手な装束の者を「伊達者(だてもの)」と呼ぶようになったという。1600年、関ヶ原の戦いに加わる。1613年、支倉常長を遣欧使節としてローマに派遣した。1614年、大坂冬の陣、翌1615年大坂夏の陣にも加わった。豊臣秀吉、秀頼、徳川家康、秀忠、家光と歴代に仕えた。1626年権中納言に任ぜられる。
◆堀尾忠氏 安土・桃山時代-江戸時代の武将・堀尾忠氏(ほりお ただうじ、1577-1604)。後の豊臣家三中老・堀尾吉晴の次男、長男とも。正室は前田玄以の娘。1590年、兄没後世子となる。1599年、父隠居に伴い、遠江浜松12万石を相続する。1600年、関ヶ原の戦いで、家康方の東軍に与し前哨戦の武功により出雲松江24万石に加増転封、2代藩主。病死した。享年27。
 墓は妙心寺・春光院にある。
◆稲葉貞通 室町時代-安土・桃山時代の武将・稲葉貞通(いなば さだみち、1546-1603)。稲葉一鉄(良通)の長男、母は三条西公条の娘。1579年、父より譲られ美濃曾根城主、織田信長に仕え各地を転戦した。1582年、本能寺の変後、父と共に豊臣秀吉に属し、伊勢攻め、九州攻めに従う。1588年、郡上八幡城に移り、羽柴郡上侍従と呼ばれた。1600年、関ヶ原の戦で西軍に属し尾張犬山城に籠った。同年、織田秀信の岐阜城落城後、徳川家康に降服した。伊勢長島攻め、近江水口城攻めの戦功により豊後臼杵5万石に転封、臼杵城主、初代臼杵藩主になった。
 南化玄興に帰依し、美濃・華渓寺、智勝院を開基した。
◆大石無人 江戸時代の武士・大石無人(おおいし むじん、1627-1712)。赤穂藩浅野氏家臣・大石信云の長男。弟に大石信澄。1645年、父より家督を継いだのは弟だった。赤穂藩に仕え、1666年、藩を離れた。1701年、赤穂藩主・浅野長矩の刃傷事件後、吉良邸討ち入り計画に際し浪士への資金援助、吉良邸動向をさぐる。討ち入りの際に子・良穀と共に邸外の見張りをしたともいう。後に浪士遺品を預かったとされる。
 蟠桃院に葬られた。法名は「寂照院三性道句」。
◆指津宗琅 江戸時代の僧・指津宗琅(ししん そうこん、?-1786)。詳細不明。白隠弟子。幡桃院8世。画家・円山応挙が参禅し、応挙に画を習う。61歳。 *宗琅の「琅(こん)」は(王+艮)とも。
◆建築 現在の玄関は、安土・桃山時代の建立による。創建時のものという。また、かつて聚楽第にあり、移されたともいう。(「正法山誌」「都林泉名勝図絵」)。左甚五郎(1594-1651)作といわれる彫刻がある。
◆文化財 堂に「伊達政宗夫妻像」が安置されている。政宗は甲冑を身に付け、傍らで夫人は坐している。
 安土・桃山時代、1602年、南化玄興による賛ある「前田玄以像」。
 一宙東黙の賛がある前田玄以夫人の寿像「永福院殿像」。一宙東黙「遺偈」。
 江戸時代、1638年の雲居希膺自賛「雲居禅師像」、雲居希膺賛「崖上安息図」、雲居希膺筆「臥輪禅師偈」「慧能大師偈」。雲居希膺「遺偈」。快川紹喜筆「柏堂道号」。
 円山応挙(1733-1795)筆ともいう白隠(斯経)(1686-1769)の賛ある当院住持「指津宗こん像」。
◆庭園 江戸時代、1799年の「都林泉名勝図絵」には「当院の林泉は奇石奇岩多し」と記され銘庭とされていた。
◆墓 前田玄以、玄以の娘・長松院殿、玄以の妻・永福院殿の五輪塔が立つ。
 大石無人の墓がある。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』


  関連・周辺妙心寺(右京区)       周辺      関連         
蟠桃院  〒616-8035  京都市右京区花園妙心 寺町51  075-463-3657
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp