霊雲院 〔妙心寺〕 (京都市右京区) 
Reiun-in Temple
 霊雲院  霊雲院 
50音索引   Home 50音索引   Home










「西田幾多郎先生墓」の石標










庫裏
 妙心寺の塔頭・霊雲院(れいうんいん)は、狩野元信の障壁画があり「狩野元信寺」とも呼ばれる。
 臨済宗妙心寺派。妙心寺四派本庵の一つ。
◆歴史年表 室町時代、1526年、妙心寺25世・大休宗休(だいきゅう そうきゅう)は、特芳禅傑(どくほう ぜんけつ)を勧請開祖として創建した。模堂清範尼の帰依を受け、その寄進により一院を創建した。
 1543年、栂尾・閼伽井房(十無尽院)を移して方丈とした。隣接して書院を建てる。以後、第105代・後奈良天皇(1497-1557)の臨幸が相次ぐ。 
 江戸時代、1693年、大休150年遠忌に際して現在の方丈が造替になる。 
◆特芳禅傑 室町時代の臨済宗の僧・特芳禅傑(どくほう ぜんけつ、1419-1506)。大寂常照禅師。尾張の人。幼少で出家、東福寺、龍安寺の義天玄詔、美濃・汾陽寺(ふんようじ)の雲谷玄祥、伊勢・大樹寺の桃隠に師事、1473年、妙心寺・雪江宗深の法をつぐ。龍安寺、丹波・竜興寺、摂津・海晴寺、妙心寺開堂、1478年、大徳寺住持。瑞泉寺、1488年、再興された龍安寺に帰り中興開山になる。1492年、丹波・竜潭寺(旧大梅寺)開山。1504年、龍安寺・西源寺で隠退する。西源寺より出された語録に「西源特芳和尚語録」。詩文に秀でた。弟子に大休など。
◆大休宗休 室町時代の臨済宗の僧・大休宗休(だいきゅう そうきゅう、1468-1549)。諡号は円満本光国師。幼くして東福寺・永明庵で出家、龍安寺・特芳禅傑に師事、印可を受けた。その没後、西源院、龍安寺、妙心寺の住持。晩年は霊雲院を開創し住した。今川義元の招きにより、駿河国・臨済寺を開山、妙心寺・尾張国瑞泉寺などを歴住した。1542年、第105代・後奈良天皇は大休に印記を受ける。天皇より諡号を賜った。特芳禅傑の三哲の一人。
◆模堂清範尼 室町時代の尼僧・模堂清範尼(もどうせいはんに、?-1534)。赤松氏女、薬師寺備後守国長の母。
◆子建西堂 室町時代の臨済宗の僧・子建西堂(1486-1581、しけん せいどう)。寿寅、是庵。慈雲庵・黙堂の法嗣。相国寺・慈雲庵、西芳寺住職。竜安寺石庭を作庭したともいう。師に倣い声明をよくした。
◆狩野元信 室町時代後期の画家・狩野元信(かのう  もとのぶ、1476?-1559)。山城国の人。狩野派始祖・正信の子。大炊助、越前守、法眼に叙せられる。作品に「鞍馬寺縁起」(1513)、同年頃、大徳寺大仙院客殿障壁画を一門と相阿弥とともに制作した。石山本願寺(大坂本願寺)障壁画(1539-1553)、妙心寺霊雲院旧方丈障壁画(1543)がある。
 分業による制作を確立し、中国絵画、室町水墨画、やまと絵の技法も取り入れ、狩野派の基礎を築いた。
◆西田幾多郎 近代の哲学者・西田幾多郎(にしだ きたろう、1870‐1945)。石川県の生まれ。金沢・高等中学(後の第四高等学校)で同級に鈴木大拙がいた。同校中退。1894年、東京大学哲学科選科卒業。1896年、金沢・第四高等学校講師、後に教授。1909年、学習院教授。近衛文麿らが影響を受けた。幾多郎は、参禅し、T.H.グリーン、W.ジェームズの哲学に学ぶ。1910年以後、京都帝国大学で倫理学、宗教学、1914年、哲学科教授。1911年、『善の研究」を刊行し主意主義に立つ。1928年、退官後、「場所的論理と宗教的世界観」を完成させた。1940年、文化勲章受賞。
 若い頃より禅に関心を寄せ、禅師を訪ね、妙心寺で参禅、金沢・臥龍山雲門老師にも参じ続けた。1927年の『働くものから見るもの』で、西洋哲学の「場」と、仏教(禅)、儒教などの東洋思想の「無」とを統合した。「場所」「絶対無」「絶対矛盾的自己同一」など「西田哲学」体系を構築し、田辺元とともに京都学派をなした。
 墓は妙心寺・霊雲院にある。
◆木像 本堂に円満本光国師、特芳禅傑禅師の木像を安置している。
◆四派四本庵 室町時代、塔頭の龍泉庵(1481)、東海庵(1484)に加え、聖澤院(1523)、霊雲院(1526)が創建された。
 雪江宗深の法嗣から四派の、景川宗隆(けいせんそうりゅう、龍泉派)、悟渓宗頓(ごけいそうとん、東海派)、特芳禅傑(とくほうぜんけつ、霊雲派)、東陽英朝(とうようえいちょう、聖澤派)が出る。四本庵はそれぞれ龍泉庵、東海庵、霊雲院、聖澤院を拠点とした。これにより、「四派四本庵(しはしほんあん)」による運営体制が確立した。この四派により、一山の全権が掌握され、住持も決定された。
 師・雪江は4人を評し、「禅は景川、徳(福)は悟渓、寿(頌)は特芳、才は東陽」とした。
◆建築 室町時代、1543年、栂尾・閼伽井房(十無尽院)を移して方丈とした。現在の本堂は、江戸時代、1693年に再建されている。
 「書院(御幸の間)」(重文)は、室町時代、1532年頃の建立ともいう。第105代・後奈良天皇は度々行幸し、御座所として使われ「御幸(ごこう)の間」と呼ばれた。大休退隠後、戸は閉じられ50、60年にも及んだという。銀閣寺・東求堂内同仁斎とともに、東山時代の初期、小書院の遺構になる。狩野元信の障壁画が描かれている。一重、切妻造、柿葺、三畳、五畳半棚附、四畳半床附。
 龍安という匠人が書院を建造したともいう。山崎の茶室「妙喜庵」もこれを写したともいう。茶匠・金森宗和も模したともいう。(「都林泉名勝図会」)
 江戸時代、1693年、現在の方丈が再建されている。1543年、大休は、栂尾・閼伽井房を買い取り移築した。
◆文化財 「後奈良天皇宸翰円満本光国師号勅書」(重文)、特芳禅傑筆「大休宗休への印状」「大休号」「偈頌(げじゅ)」。 
◆障壁画 狩野元信筆の紙本水墨淡彩「山水花鳥図」「琴棋書画図」(重文)などの書院障壁画、49幅がある。68歳頃の元信が大休宗休に参禅し、その余暇に旧方丈に描いたものという。現在は掛幅装になっている。真・行・草の画体で、花鳥、山水、人物が描き分けられている。
 1988年、書院(御幸の間)、奥の間御座所の三方壁に、日本画家・黒光茂樹(1909-1993)が新たに障壁画を描いた。急逝した師・金島桂華(1892-1974)の遺志を継いだ。二羽の鶴、紅白梅、若松による。かつては、鳳凰、竹笹、桐が描かれていた。
◆庭園 書院南の庭園(国の史跡、名勝)は、室町時代、相国寺の子建西堂(しけん さいどう)の作庭といわれる。(「都林泉名勝図会」)。縮小蓬莱枯山水式庭園と呼ばれている。狭い庭面に、枯滝と蓬来山水(鶴の石組)を兼ねた20個ほどの石組による。石は、抽象的に組まれているといわれる。
 「本堂南庭」は、苔地に枝ぶりのよい松が植えられている。
◆IZEFA 「世界の諸宗教との親睦と相互理解」を提唱する「霊雲院国際禅交流友好協会(IZEFA,International Zen Exchange Friendship Association )」の事務局が院内に置かれている。
◆墓 近代の哲学者・西田幾多郎(にしだ きたろう、1870-1945)の墓がある。
◆修行体験 坐禅・法話(毎月月初2日間18:00-20:30、毎月第4水曜日10:30-12:00、毎月第2日曜日14:00-16:00)。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』『京都古社寺辞典』『京の冬の旅 非公開文化財特別公開』『花と土の詩 日本画 黒光茂樹画集』『京都大事典』


  関連・周辺妙心寺(右京区)     関連・周辺龍泉庵〔妙心寺〕     関連・周辺東海庵〔妙心寺〕     関連・周辺聖澤院〔妙心寺〕     周辺     関連          

庫裏

霊雲院 〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町39  075-462-4648
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光