金牛院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Kingyu-in Temple
金牛院  金牛院 
50音索引  Home 50音索引  Home








 妙心寺境内の北に塔頭・金牛院(きんぎゅういん)はある。 
 臨済宗妙心寺派。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 江戸時代、元和年間(1615-1624)、妙心寺境内に創建された松濤庵(しょうとうあん)を前身とするともいう。(『正法山誌』)
 1650年、金牛院は環陵(かんりょう)を開祖として創建された。当初は北総門外の谷口(たにぐち)村にあったともいう。
 1685年、金牛院は境内塔頭だったともいう。(『京羽二重』)
 近代、1878年、妙心寺境域内の万猷院(ばんゆういん)に併合され現在地に移る。(「寺院明細帳」)
 1883年、院号の万猷院を金牛院と改める。
◆環陵 江戸時代前期の僧・環陵(かんりょう、生没年不詳)。詳細不明。1650年妙心寺塔頭・金牛院の開祖。
◆鋼峰良 江戸時代前期の僧・鋼峰良(こうほうりょう、生没年不詳)。詳細不明。1627年、塔頭・万猷院を創建。
◆湛月紹円
 江戸時代前期の僧・湛月紹円(たんげつしょうえん、1607-1671/1672)。大虚霊光(たいきょれいこう)禅師。1622年、妙心寺塔頭・松濤庵中興、1636年、大坂・大仙寺住持、1653年、妙心寺塔頭・慈雲院開創、1654年、妙心寺194世、1661年、妙心寺再住。泉州住吉・龍源寺、大坂・天瑞寺の開山。
 文筆、和歌に優れ、道歌百人一首中に選。黄檗隠元と詩文により交流する。
◆山上伊太郎 近代の脚本家・映画監督・山上伊太郎(やまがみ いたろう、1903-1945?)。京都市生まれ。大津市の父のもとに引き取られ、旧制小学校卒業後、県庁に給仕として勤めた。1923年、東亜キネマ設立により脚本部研究生として等持院撮影所に入社。1926年、仁科熊彦監督『帰って来た英雄 前篇・後篇』で初脚本。1926年、マキノプロダクションに移籍し、無声映画の1927年、マキノ雅弘監督、三木稔撮影の『浪人街』、1928年、『首の座』で脚本を書き、『キネマ旬報』誌のベストワンとなる。1929年、マキノプロが倒産し、1932年、片岡千恵蔵プロダクションに移り、1934年、嵐寛寿郎主演の『兵学往来髭大名』で初監督するが失敗。日活京都撮影所で脚本を書く。1942年、戦時下の大映への統合で失職。1943年陸軍軍属報道班としてフィリピンへ赴任、1945年頃、フィリピン・ルソン島で行方不明になった。
 その死を悼み、1945年、金牛院内に「伊太郎地蔵」が安置された。
◆慈雲院 塔頭・慈雲院は、江戸時代、1653年、湛月紹円により建立された。開基は大坂の橘屋新兵衛による。かつて妙心寺北門前にあり、慈雲庵と称していた。1878年、山内の現在地(盛岳院跡)に移転した。その際に、松濤庵、大森・寿仙寺を合併している。
◆松濤庵 塔頭・松濤庵は江戸時代、1622年、大坂の檀越・河崎屋宗興により、湛月紹円を中興の祖とした。
◆万猷院 塔頭・万猷院は鋼峰良(こうほうりょう)を開祖とし、江戸時代、1627年に創建された。
◆地蔵尊 「伊太郎(いたろう)地蔵」が安置されている。近代の脚本家・映画監督・山上伊太郎の死を悼み安置された。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』『京都シネマップ 映画ロマン紀行』


  関連・周辺妙心寺(右京区)      周辺      関連         

庫裡

庫裏、煙り出し

ツバキ

花園霊堂

花園霊堂
金牛院 〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町45     075-463-6564
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp