牧護庵・法皇寺 〔南禅寺〕 (京都市左京区) 
Bokugo-an Temple
牧護庵・法皇寺  牧護庵・法皇寺
50音索引  Home 50音索引  Home

「牧護庵」の石標、1992年建立










延段
 南禅寺の境内に塔頭・牧護庵(ぼくごあん)がある。山門脇に地蔵が乗る「南禅寺五世佛灯国師塔所」の石標が立つ。庭園は「わらべ地蔵の庭」と呼ばれている。 
 臨済宗南禅寺派。
◆歴史年表 鎌倉時代、1318年、約翁徳検(仏灯国師)が第91代・後宇多天皇の勅により、南禅寺5世として住した。
 1320年、約翁徳検の没後、庵を創建し、牧護庵と名付けた。以後、南禅寺塔頭の一つになる。
 近代、1888年、廃仏毀釈に伴い法皇寺は牧護庵と合併し、寺号を法皇寺と改めた。 
 現代、1992年、寺号を牧護庵に復した。「わらべ地蔵の庭」が作庭される。
◆約翁徳検 鎌倉時代後期の臨済宗の僧・約翁徳検(やくおう・とくけん、1244-1320)。相模鎌倉の捨て子という。蘭渓道隆が童役として養父より引き受ける。16歳で出家、東大寺で登壇受戒、蘭渓道隆に従い建仁寺、建長寺に移る。中国に渡り五山を歴参した。1296年、建長寺主・葦航道然のもとで首座、長勝寺を開く。鎌倉の東勝寺、浄妙寺、禅興寺に住した。1306年、勅を受け建仁寺に住した。1317年、一山一寧没後、後宇多上皇(第91代)に請われ南禅寺に住した。『仏灯国師語録』を著す。
◆杉村孝 現代の彫刻家・杉村孝(1937-)。藤枝市生まれ。1967年藤枝美術協会設立に参加。1974年二紀会同人、美術家連盟理事。各賞を受賞する。作品として、1989年、麿崖仏(不動明王坐像)開眼供養(藤枝市不動峡)、1995年巨石の森(藤沢市)、2000年、オーストラリア・ペンリスなど多数。日本美術家連盟会員。
◆法皇寺 飛鳥時代、乙訓寺は、第33代・推古天皇(554-628)の勅願で建立される。かつて乙訓郡今里(長岡京市)にあったという。
 平安時代、宇多法皇(第59代、寛平法皇、867-931)が落飾した後、寺を行宮(あんぐう)とした。これは、天皇巡幸の際の駐輦・宿泊のための施設として使った。以来、法皇寺とも呼ばれた。
 室町時代、今熊野日吉町(東山区)付近に移る。第3代将軍・足利義満(1358-1408)が伯英(?-1403)に命じ、禅宗寺院とし南禅寺の付属になる。
 江戸時代、18世紀前半、東門前町(左京区)に再移転する。
 近代、1878年、南禅寺塔頭・金地院に合併になる。
 1888年、この地の牧護庵に合併された。法皇寺の名が残る。
 現在、牧護庵境内に「寛平法皇御旧跡法皇寺」の石標が立てられている。  
◆建築 本堂、庫裏が建ち、ともに昭和初期に建てられたという。
 現在、東面する山門は、かつて南にあった。
◆庭園 江戸時代、1799年の『都林泉名勝図会』にも庭園が掲載されている。池泉、多くの松の植栽が見られる。ただ、現在の庭園とは地割、景色も異なる。
 現在、本堂の東に「わらべ地蔵の庭」と名付けられた庭園がある。南北方向に楕円形状の園池があり、琵琶湖疏水が南禅寺境内を経て流入している。流水は北西に向うが、かつては南西方向に流れていた。近年、園池の護岸を改修し、かつての広さを取り戻した。
 池の南に中島があり、社が祀られている。小島に架かる石橋は、かつて木製の太鼓橋だったという。池底にマツ杭が斜めに打たれ、護岸石を押さえている。
 庭園各所に、彫刻家・杉村孝作のわらべ地蔵が置かれている。かつて、本堂前に青銅製の金燈籠が据えられていた。戦時供出により撤去され、現在は礎石のみが残る。
◆石像 境内には彫刻家・杉村孝作の100体以上のわらべ地蔵がある。門前の石標上には足のある地蔵が坐っている。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『岡崎・南禅寺界隈の庭の調査』


  関連・周辺南禅寺       周辺       関連満足稲荷神社       

本堂

境内の池泉

「わらべ地蔵の庭」と銘が入る。

石標上の足のある地蔵、両足を投げ出して坐る。表情は摩耗している。杉村孝作。

石板の肉彫り地蔵

横たわる地蔵

【参照】境外、南禅寺参道脇にある車止めの雀の造型。
牧護庵 〒606-8437 京都市左京区南禅寺福地町86-13 
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光