雲祥院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Unsho-in Temple

50音索引  Home 50音索引  Home






 妙心寺境内北に塔頭・雲祥院(うんしょういん)がある。 
 臨済宗妙心寺派。東海派。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 安土・桃山時代、1598年、武将・上杉景勝の家臣・千坂対馬守宗策(ちさか むねもり)が亀仙庵(きせんあん)を創建した。(「妙心寺史」)
 1598年、細川氏家臣・長岡是庸(ながおか これつね)が、105世・海山元珠を開祖として創建したという(寺伝、「寺院明細帳」)。
 後、衰微する。(「妙心寺史」)
 江戸時代、1615年、徳川家康により智積院に払い下げになった祥雲院に憤り、住持・海山は妙心寺の自坊に戻り、庵を雲祥院に改める。武将・小幡昌忠が前田家の援助により再興したともいう。(「妙心寺史」)
 1878年、瓊林院(けいりんいん)に合併され、雲祥院の院号が残された。
 近代、1909年、全焼した。
 その後、再建されている。
◆海山元珠 安土・桃山時代-江戸時代の僧・海山元珠(かいざん げんじゅ、生没年未詳)。詳細不明。南化玄興の弟子。祥雲禅寺の2世住持。弟子に鉄牛(1567-1615)。1614年、方広寺梵鐘銘事件の際に、五山僧の中でただ一人、徳川家康の言い掛りに対し、「愚にもつかない誤り」と発言した。1615年、豊臣家滅亡後、家康による豊国社、祥雲寺の破却が行われる。海山は、師・南化玄興とともに棄丸の木像を背負い、妙心寺に戻った。自坊「亀仙庵」に祥雲寺の祥雲を逆さにして雲祥院と変え、家康に無言の抵抗を続けたという。
◆瓊林院 瓊林院は、江戸時代、1617年、武将・熊谷半次(直盛、なかつぐ)が鼇山(ごうざん)を開祖に請じて創建した。当初は桂林院(けいりんいん)と称した。後に荒廃する。1757年、筑紫久留米城主・有馬頼ゆきが再建した。
 東海派下独派、南化下所属の塔頭、院禄を有する24塔頭の一つという。(「正法山誌」)
◆祥雲禅寺
 安土・桃山時代、1589年、豊臣秀吉の側室・淀殿は鶴松(捨丸)を産む。だが、鶴松は3歳で夭逝した。
 秀吉は愛児の菩提のために、1591年に寺院建立に着工し、1592年(1593年とも)、現在の智積院境内に臨済宗の祥雲禅寺(祥雲寺、東山天童山祥雲寺)を創建した。 京都所司代・前田玄以が普請奉行になり、大仏殿坊舎の一部も流用された。「京都第一の大寺」と謳われる。開山は妙心寺の高僧・南化(下)玄興による。寺名は鶴松の法名「祥雲院殿玉巌公神童」にちなんだ。1593年に三回忌が営まれる。建物内部は、玄以により長谷川等伯親子の障壁画で飾られた。1596年、寺領300石が寄進される。鶴松遺品の玩具船、倶利伽羅龍守刀なども寄進された。秀吉没後、無住になり、伽藍は焼失した。
 江戸時代、1615年の豊臣家滅亡後、祥雲禅寺は、徳川家康により智積院日誉に下げ渡され、寺号は禅の字を取り祥雲寺になる。祥雲寺住職の海山は、師・南化玄興とともに棄丸の木像(遺骨とも)を背負い、妙心寺に戻ったという。
 現在、妙心寺塔頭・玉鳳院境内に祥雲院殿霊屋(おたまや)が祀られ、棄丸の木像が安置されている。遺愛の鎧、守り刀も遺されている。
 妙心寺塔頭・隣華院に祥雲寺より移された棄丸の木像がある。


*参考文献 『妙心寺』『秀吉の京をゆく』


  関連・周辺妙心寺(右京区)     周辺     関連智積院         

玄関

庫裏
雲祥院 〒616-8036 京都市右京区花園寺ノ中町6  075-463-6565
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp