毘沙門天堂 〔建仁寺・両足院〕 (京都市東山区) 
Bishamon-do Temple
毘沙門天堂 毘沙門天堂 
 Home  Home

毘沙門天堂


毘沙門天堂



 両足院の北隣りに、両足院鎮守社の毘沙門天堂(びしゃもんどう)が祀られている。 
 本尊の毘沙門天像は、御前立、脇侍に吉祥天、善膩師童子を配した三尊式になっている。賓頭盧尊者、不動明王も安置される。
 本尊は、勝利、商売繁盛、合格祈願、良縁成就、誓願成就などの信仰を集める。
◆歴史年表 年代不詳、本尊の毘沙門天像は、かつて鞍馬寺の毘沙門天の胎内仏だったという。
 室町時代、1571年、織田信長の比叡山焼き討ちにより、尊像は室町将軍家の茶家・比喜多養清宅(上立売通新町東入)へ疎開した。鞍馬の僧房は、同家に3000両の借財があり、尊像は、同家に引き取られた。
 安土・桃山時代、1600年、武将・黒田長政は関ヶ原の戦いの出陣に際して、尊像を内兜に納めて奮戦したという。戦勝したことから、以後、代々黒田家で信仰された。
 近代、1877年頃、尊像は、等持院・北濱長老を通じ、両足院17世・朴宗東循に寄進される。
 1888年、毘沙門堂を庫裡南に新築する。
 1922年、毘沙門堂を境内西北方の現在地に移転する。
 現代、1951年、毘沙門講が組織される。
 1953年、台風13号により、毘沙門堂西北隅の土塀、石崖が崩壊する。
 1954年、土塀、石垣を修復する。
 近年、尊像は、「祇園の縁結び」として知られ、祇園の芸舞妓も参拝に訪れるという。
◆黒田長政 安土・桃山時代-江戸時代前期の武将・大名・黒田長政(くろだ ながまさ、1568-1623)。福岡藩初代藩主。播磨国姫路城に生まれる。黒田孝高(官兵衛・如水)の長男。1577年より、織田信長の人質として、羽柴秀吉の近江国・長浜城に預けられる。1582年、本能寺の変後、父と共に秀吉に仕え、備中・高松城の戦い、1583年、賤ヶ岳の戦いで功を挙げる。1584年、小牧・長久手の戦いで大坂城の留守居を務め、雑賀衆、根来衆、長宗我部水軍と戦う。1587年、九州征伐、1589年、家督相続、1592年、文禄・慶長の役でも戦功上げる。1598年、徳川家康の養女(保科正直娘)を正室に迎えた。1599年、福島正則、加藤清正らと石田三成を襲撃。1600年、家康の上杉景勝討伐、関ヶ原の戦いで東軍として戦功上げる。1603年、従四位下、筑前守に叙された。1614年、大坂冬の陣で江戸城留守居、1615年、大坂夏の陣では2代将軍・徳川秀忠に属し豊臣方と戦う。知恩寺で亡くなる。一時キリシタン大名となり後に棄教した。
 1600年、関ヶ原の戦いの出陣に際し、現毘沙門堂の尊像を内兜に納めて奮戦したという。家康により戦功が認められ、豊前中津18万石から筑前福岡52万石に封ぜられたという。
◆比喜多養清 室町時代の将軍家・茶家の比喜多養清(生没年不詳)。詳細不明。家は、筑前・黒田家の京都御用達を務めた。
◆狛虎 境内に狛虎がある。
◆年間行事 寅市(手作り市)(8月以外の毎月第2日曜、)が催されている。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考資料 両足院サイト、『京都大事典』


  両足院〔建仁寺〕      建仁寺      関連鞍馬寺         

虎の狛犬


香炉

香炉、虎の彫り物

香炉、百足の紋
 毘沙門天堂 〒605-0811 京都市東山区小松町591,大和大路通四条下ル4丁目  
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp